【リボ払いのリスク】リボ払いは本当にやばい?

リボ払いは多くのサービスで導入されています。しかし、リボ払いを多用すると支払いが困難となり、返済が困難になってしまう可能性が高い方法となっております。

ここでは、具体的にリボ払いがどのようなサービスなのか説明します。また、リボ払いの支払いができない時の対処法についても紹介しますのでぜひご参考にしてみて下さい。

\いくら減額できるか確認しよう!/

リボ払いとは?わかりやすく解説!

リボ払いとは?わかりやすく解説!

リボ払いとは、毎月の返済額を固定して支払う方法です

一般的に支払い方法としては、一括払いと分割払い、リボ払いの3つが用意されています。一括払いは利用した金額を翌月などに一括で返済していく方法ですが、一括返済が難しい人のために分割払いやリボ払いが設けられています。

分割払いが回数を設定するのに対し、リボ払いは返済金額を固定して支払います。毎月の返済額を固定することで、自分の収入に合わせて返済できる状態を作り出せるのです。ただ、利用するサービスが求めている最低返済額以上は支払う必要があります。

このようにリボ払いは便利なサービスですが、毎月の返済額を固定するため、返済効率が悪いデメリットを持っています。少ない金額で返済を繰り返していると、借りている金額がほとんど返せていない問題に直面する場合があります。リボ払いは多用すると返済に多大な影響を与えるため注意してください。

リボ払いは毎月の支払額を固定し、自分の収入に合わせて返済する方法です。

\いくら減額できるか確認しよう!/

リボ払いの仕組み

リボ払いは事前に返済額を決める必要があります。返済額は業者側が勝手に決めてしまう場合もありますが、大半は利用者側が自由に返済額を決めて返済できますので、収入等を考慮して、余裕を持った返済ができるようにしましょう。

月々の支払いは、決定した返済額に加えて利息を支払うこととなります。支払うことになる利息は業者側が決定した金利によって決められます。金利が高ければ高いほど、リボ払いで支払うことになる利息は多くなってしまいます。

リボ払いは毎月の返済額に利息を加えた金額を支払い続け、最終的に元本を0円にできれば返済が完了します。
そのため、毎月の返済額が足りないと、元本の返済が進んでいかないため、延々とリボ払いによって返済が続けられてしまうのです。

しっかり返済するためにも、リボ払いの返済額はできる限り多くするといいでしょう。ただ、収入の状況を踏まえて最適な返済額を設定しなければ返済の負担も大きくなります。自分の理想的な返済環境を作り上げることがリボ払いにとって重要です。

便利なリボ払いですが、なかなか返済が終わらない問題も起こりやすくなります。

主なリボ払いの方式

リボ払いと呼ばれるもの中には主に次の2つの方式があります。

定額方式

定額方式とは、毎月支払う金額が一定のものを言います。

毎月必ず返済する金額が一緒で、その中から利息と元金に契約内容に応じて割り振るものを元利定額方式といい、返済する元金の金額が一定のものを元金定額方式と呼びます。

残高スライド方式

これは、支払い額が残高の額に応じて変化(スライド)する方式のことをいいます。

たとえば、残高が10万円未満なら毎月の支払い額が1万円、残高が10万円以上20万円未満なら毎月の支払い額が2万円…というような内容となっています。

リボ払いをつづけていて、10万円を超えると毎月の支払い額が上がり、返済しているうちに10万円を下回ると毎月の返済額が元に戻ることを「スライド」と呼んでいます。

\いくら減額できるか確認しよう!/

リボ払いの金利を他の方法と比較!

リボ払いの金利を他の方法と比較!

リボ払いの金利は、他の金利と違って1つに固定されている傾向が多くなっています。また、比較的高い金利が適用されますので、毎月の利息は多くなります。返済時には利息を考慮して返済額を決める必要があるでしょう。

ここからは、リボ払いの金利とキャッシングなどの金利を比較していきます。

クレジットカードのリボ払いとキャッシングやカードローンの金利は異なります。

リボ払いの金利

リボ払いの金利は15%~18%の間で決められます。

理由としては、クレジットカードのリボ払いは利用可能枠の範囲で利用するものです。利用可能枠は100万円を超える人もいますが、あまり大きな利用可能枠が設けられている人はいません。利用可能枠が少ない以上、リボ払いの金利は一番高い数字を採用する傾向があります。

クレジットカードの利用可能枠が100万円を超えていた場合、適用されるリボ払いの金利は15%でほぼ固定されます。一方で100万円未満の場合は18%が主体となります。こちらは利息制限法という法律により、金利の上限が定められているためです。

どちらにしてもクレジットカードのリボ払いは金利が高く、使い続けると利息が多くなってしまうので注意してください。

キャッシングの金利

キャッシングは消費者金融が提供しているサービスです。また、クレジットカードでも利用可能な場合があります。

キャッシングは借りる金額によって金利が変更されますが、大手のキャッシング業者では3.0%~18.0%という金利が主体となっています。金利の幅がかなり広くなっている背景には、借りられる金額が多いことがあります。

大手のキャッシングでは最大800万円まで借りられるため、より小さい金利を設定して融資しやすい状況を作っています。多くの借入枠が設けられている人は、それだけ金利面では優遇されるものと判断してください。

ただ、キャッシングの借入枠が100万円未満であれば、ほぼ18.0%の最大金利が適用されるため注意してください。また、中小の消費者金融では、10万円未満で20.0%の金利が採用される場合もあるなど、クレジットカード以上の金利も適用されますので、金利の数字には気をつけておきましょう。

なお、クレジットカードのキャッシングは18.0%で提供しているケースが多くなっています。

カードローンの金利

カードローンは銀行が提供するサービスですが、こちらの金利は銀行によって大きな違いがあります。金利が低い業者では一番高い金利でも10%を下回る場合がありますが、高い業者ではキャッシングと同レベルの17.0%程度が適用されます

銀行の場合、カードローンの利息だけで経営しているわけではないため、カードローンの金利を高くする必要がありません。また、カードローンの金利を高くすると、キャッシングとの差別化ができないことから、できる限り金利は下げている傾向があります。

低金利で借りられるメリットのあるカードローンですが、金利を下げることで審査基準がかなり厳しくなっているなど、利用するのはかなり難しい場合があります。収入を持っていない場合は低金利のカードローンの審査を通過できない場合があります。

\いくら減額できるか確認しよう!/

リボ払いはどうして「やばい」のか

リボ払いはどうして「やばい」のか

リボ払いは本当に「やばい」という噂を耳にしませんか?

その理由は次の通りです。

手数料が高い

上述した通り、リボ払いは手数料が非常に高くなります。

利用した額が多くなれば多くなるほど手数料が高いのです。

しっかり返済しているつもりになりがち

リボ払いは毎月一定の額の支払いを毎月行います。

そのため、その返済によっていくらが利息にまわされ、いくらが元金に充当されているかを確認しないことが多いです。

特に、毎月銀行から引き落としになっているような場合には、積極的に確認しなければ、「銀行から引き落とされている」くらいにしか思いません。

そのため、しっかり返済しているつもりになりがちですが、実際には返済している金額のほとんどが利息ということも珍しくありません。

元金を把握しておらず、すぐに限度額まで利用してしまう

返済内容を確認しないことが多い、にもかかわらずしっかり返済しているつもりになりがちということが合わさります。

その結果、「返済を頑張っているのだからもっと使っても問題ない」と勘違いしてしまい、どんどんリボ払いを利用します。

本人の気持ちとしては、返済をつづけており、返済した分をまた使っているつもりですが、実際には借り入れをどんどん増やしているだけということも珍しくありません。

その結果、すぐに限度額いっぱいになっていることが多いです。

リボ払いは利用しやすい!その結果どんどん利用して気がつくと返済が大きな負担となっていることが珍しくありません。

\いくら減額できるか確認しよう!/

リボ払いをつかうと「やばい」ことになる人の特徴

リボ払いをつかうと「やばい」ことになる人の特徴

リボ払いという制度があっても、すべての人が多重債務に陥ってしまうというわけではありません。

どのような人がリボ払いを利用すると「やばい」という状況になってしまうのでしょうか。

計画性の無い人

計画性なく借金や立て替えを使う人は、リボ払いを使うと「やばい」状況になってしまいます。

計画性の無い人は、ついつい目先の買い物などを優先してしまいます。

その際に、すぐに買えないからといって、安易にリボ払いに手を出しがちで、利用額を大きくふくらませることも珍しくありません。

返済状況を確認しない

返済状況を確認しない人も、リボ払いを使うと「やばい」状況に陥りがちです。

元金がいくらになっているか確認しなければ、あとどれくらい返さないといけないか、いつまで使ってはいけないか、という計画が立てられません。

衝動的にリボ払いを使ってしまうと、それが積み重なってしまいます。

一括で払える見込みのない人

ボーナスがあるなどで一括で払える見込みのない人もリボ払いを利用すると「やばい」という状況に陥りがちです。

リボ払いは現実に頑張って返済をするか、債務整理をするしか解決方法がありません。

現状リボ払いをしなければならない買い物をしている段階で、頑張って返済することは相当難しいといえます。

ボーナスのような一括返済ができる見込みがない人でなければリボ払いを安易に利用すると「やばい」状況に陥るでしょう。

\いくら減額できるか確認しよう!/

クレジットカードの請求が払えない場合

クレジットカードの支払いができない場合、色々な方法でお金を調達して支払う手法があります。ただ、事実上の借り換えという形になるため、返済が困難となる場合もありますので気をつけておきましょう。

場合によっては、お金を借りて返済するのではなく、返済額を減らしてもらう方法でクレジットカードの支払いを簡単にしていく方法が望ましいでしょう。利息を発生させない任意整理であれば、比較的簡単に実施できます。

ここからは、クレジットカードの支払いができない場合の対処法について説明します。

お金を借りる方法も有効ですが、返済しやすい環境を整える方法も検討しましょう。

支払えないとどうなるのか

前提として支払えないとどうなるのかを確認しましょう。

当然ですが、貸金業者から督促を受けて、電話や郵便での通知などを受け取ることになります。

それでも支払わない場合には、信用情報に延滞の記録が残り(ブラックリスト)、以後借金やクレジットカードを作れなくなります。

さらに貸金業者から訴訟をされて、最終的には給与を差し押さえられることになります。

関連記事!
クレジットカード払えない時はどうする?」にてより詳しく解説しておりますので是非ご覧ください!

一括返済・繰り上げ返済

たとえばボーナスが入った、親族から借りることができるなどで返済できる状況である場合には、一括返済や繰り上げ返済をきちんと行いましょう。

リボ払いは元金が多ければ多いほど負担が大きいです。

そのため、元金を減らせば負担は減ります。

一括で返せる場合には一括返済を、一括で返せない場合でも繰り上げ返済をすれば、利息の負担を減らすことができます

カードローン

まずはカードローンでお金を借りて、クレジットカードの支払いを行う方法です。

カードローンはクレジットカードより金利が小さいメリットを持っているため、借り換えたことによって返済時に発生させる利息を抑えられます。クレジットカードのリボ払いは金利が15.0%程度ですので、この数字を下回るようなカードローンと契約すれば借り換えによる返済は問題なく実施できるでしょう。

低金利のカードローンは審査に落とされる場合あり

低金利のカードローンと契約する場合は、現在の収入や借入状況などが審査に影響します。

場合によっては収入不足と判断され、低金利のカードローンと契約できない場合があります。
できる限り低金利のカードローンと契約するため、収入などの情報はいい状態にしておきましょう。

キャッシング

次にキャッシングでお金を借りて返済する方法です。

キャッシングは即日融資ができるメリットを持っているため、どうしてもお金が足りないと思った時はキャッシングで借りてその場しのぎを検討してもいいでしょう。ただ、適用される金利が高くなっているため、場合によってはクレジットカードの返済以上に苦しむ場合もあります。

キャッシングは余裕がない時以外は避けること

キャッシングは適用される金利が高く、クレジットカードのリボ払い以上に利息が増える場合もあります。

余裕がない時は利用してもいいですが、返済の余裕がある時にキャッシングを利用してクレジットカードの支払いを行う方法は絶対避けてください。

おまとめローン

消費者金融への借り換え・リボ払いのクレジットなどが複数あるような場合にはおまとめローンを検討しましょう。

おまとめローンは複数の借り入れ・リボ払いをしているものを、返済して低金利の銀行から借り入れて返済してしまい、以後はその銀行にのみ返済するものです。

たとえば、借り入れやクレジットなどが、A社B社C社とそれぞれ30万円合計で90万円あるとします。

それぞれ13%~15%程度の利率で利息がかかっていて、各々に2万円づつ返済をしているとしましょう。

このときにおまとめローンとして90万円を8%で銀行から借り入れ、A社B社C社に返済してしまい、以後はおまとめローンに月5万円を払うとしましょう。

そうすると、利率が8%に下がり、毎月の返済も6万から5万に下がります。

任意整理

任意整理はお金を借りる方法ではなく、クレジットカード業者と交渉して利息を支払わずに返済させて貰う方法です。

この方法は個人で交渉するのが難しいため、弁護士などに依頼しなければなりません。ただ、返済計画を立ててそのとおりに実行していけば、ほぼ確実に返済が完了します。必要な費用もそこまで高くないため、収入が不足している人も利用しやすいでしょう。

\専門家に相談しよう!/

任意整理とは?

任意整理は、業者と交渉して今後の返済に利息を適用させないようにする債務整理の手法です。利息があると返済が遅れてしまうなどの問題がありますが、利息を適用させないことで返済効率を大幅に上昇させる狙いがあります。

交渉は個人でも可能ですが、任意整理に応じない業者がいるため弁護士等を利用して交渉にあたってもらうほうがいいでしょう。上手に利用すれば今後の返済が楽になります。

任意整理の流れを覚え、スムーズな手続きを心がけましょう。

弁護士・司法書士に依頼する

まずは任意整理を依頼する専門家を決めましょう。弁護士に相談すると債務整理の方法をどうするか聞かれますので、任意整理でお願いしたいと告げてください。後は弁護士が必要な手続きを進めてくれます。

なお、司法書士事務所でも任意整理は依頼できます。

返済額の決定

次に返済額を決めます。これは事務所で勝手に行ってくれるため、個人で行う必要はありません。

提示された金額が今の返済額よりも減っていることを確認し、問題がなければ専門家に交渉してもらいましょう。

和解交渉

弁護士などが和解交渉を行います。業者側とこの条件で返済を進めてもいいか交渉してもらい、成立した場合は利用者に和解したことが告げられます。

この時に合意書が作成されますので、合意書に同意するなどの手続きが必要です。

返済開始

和解が成立した場合、条件に従って返済を進めていきます。

毎月の返済額などが決められていますので、指定されたとおりに返済を進めていきましょう。返済遅れだけは絶対に作らないように心がけてください。

\いくら減額できるか確認しよう!/

リボ払いをする前に弁護士に相談しよう

リボ払いをする前に弁護士に相談し、本当にその返済を進めていいか確認してもらいましょう。

このままリボ払いで返済を続けたとしても、返済できない可能性があります。返済できないようなリボ払いを作ってしまった場合は、専門家に相談して任意整理などを検討してもいいでしょう。確実に返済できる状況を作っておくことが重要です。

弁護士や司法書士へ相談し、任意整理を確実に成立させましょう。

\いくら減額できるか確認しよう!/

任意整理におすすめの弁護士・司法書士事務所

弁護士法人 ライズ綜合法律事務所

ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件を超える債務整理の解決実績!
  • 契約前であれば何度でも相談無料!来所・電話・メール3つの方法で相談可能!
  • 弁護士費用の分割払いに柔軟な対応!安心して債務整理の依頼ができます。

\口コミ高評価!/

ライズ綜合法律事務所はこんなところ!

債務整理を始め様々な問題の相談において顧客満足度が高く、口コミが高評価の事務所です。
代表の田中泰雄弁護士は20年以上債務整理を行ってきており、実績、経験共に豊富で安心して依頼が可能です。
また、横浜・大阪にも事務所を構えており、アクセスの良さもライズ綜合法律事務所の強みとなっています。

主な費用

相談料金 契約前の相談は無料
全国対応 出張相談会有り(感染症のため現在は休止)
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の22%~
任意整理解決報酬金:1社あたり22,000

ライズ綜合法律事務所について

本所所在地〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-1 ミナトビル 5階
対応業務債務整理、債権回収、離婚問題、交通事故...etc

\口コミ高評価!/

出典:https://risesogo.jp/

弁護士法人 大地総合法律事務所

大地総合法律事務所

大地総合法律事務所の特徴
  • ビデオ面談、電子契約を導入しており、コロナ禍に完全対応!
  • 迅速な対応・情熱的な交渉・チームワークを最重視!
  • 債務整理をはじめ、法務全般の業務に対応しており、安心して依頼が可能

\コロナ対策も万全!/

大地総合法律事務所はこんなところ!

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった借金問題の債務整理を得意としている弁護士事務所です。今まで数多くの多重債務者を救ってきており、主な取扱いは【任意整理】が多数。
迅速且つ、依頼者様を第一に考えた情熱的な交渉がポイントです。

大地総合法律事務所について

〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
対応業務債務整理、詐欺被害、誹謗中傷、交通事故...etc

\コロナ対策も万全!/

出典:https://daichi-lawoffice.com/

司法書士法人 はたの法律事務所

はたの法律事務所の特徴
  • 満足度95.2%! 債務整理、過払い金請求において40年。20万件の相談実績!
  • 相談・着手金は完全無料! 全国どこでも出張料金無料!
  • 手持ちがなくても催促停止! 費用の分割払いもOK!
\相談受付・24時間年中無休!/

はたの法律事務所はこんなところ!

はたの法律事務所は40年間、借金問題についての悩みを解決している人気の司法書士事務所です。
長年に渡る経験からご相談者様が抱える悩みを熟知しており、安心して相談をすることができます。
更に、相談料は何度でも無料で、借金についての悩みを気軽に相談することが可能です。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国出張料金 無料
過払い金報酬取り戻した過払い金額の20%   10万円以下の場合は12.8%
任意整理1社2万~+減額できた債務の金額の10%

はたの法律事務所について

所在地〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
\相談受付・24時間年中無休!/

出典:https://hikari-hatano.com/

司法書士法人 穂(旧:司法書士法人かなめ総合法務事務所)

司法書士法人 穂の特徴
  • 借金問題に特化した専門チームが、金融会社との交渉や書類の作成など、解決まで一貫してサポート!
  • 女性専用の借金相談窓口をご用意!24時間365日相談が可能!
  • ご契約までは何度でも無料相談が可能!メールでも電話でも相談ができる!
\任意整理が得意な事務所!/

司法書士法人 穂はこんなところ!

司法書士法人穂は債務整理の中でも、特に任意整理を得意とされている事務所で、家族にバレること無く借金問題を解決したい
という方におすすめの事務所となっております。
全国・24時間対応しており、メールやお電話でも相談することが可能です。また、匿名での相談も受け付けています。

主な費用

相談料金 ご相談は無料
完済過払請求相談料・着手金無料
1業者あたりの成功報酬 22,000円(税込)
任意整理1業者あたり 22,000円~(税込)
業者の主張する債務を減額した額の11%相当額(税込)

司法書士法人 穂について

所在地〒170-0013
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル6階
対応業務債務整理、不動産登記、商業登記・企業法務、相続
\任意整理が得意な事務所/

出典:https://honoka.or.jp/

赤瀬司法書士事務所

赤瀬司法書士事務所の特徴
  • 大阪府を中心に、全国を対象として業務を展開!
  • 法律のスペシャリストが豊富な専門知識で債務整理をサポート!
  • 事前予約で夜間や休日の対応も実施!

\丁寧な相談対応!

赤瀬司法書士事務所はこんなところ!

赤瀬司法書士事務所は、大阪府大阪市にある司法書士事務所で、大阪司法書士会所属の赤瀬丈晴氏が代表を務めている事務所です。赤瀬司法書士事務所では、無料且つ匿名で利用することが可能な借金減額診断を用意しており、気軽に自分の借金についてのシミュレーションが可能です!

主な費用

相談料金 無料
全国対応 可能
着手金債権者1社あたり27,500円~(税込)
過払い金返還報酬返還された過払い金額の22%~(税込)

赤瀬司法書士事務所について

所在地〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング416号室
対応業務借金問題・相続・成年後見など

\丁寧な相談対応!/

出典:https://akase-legal.com/

まとめ

クレジットカードのリボ払いは簡単に利用できますが、返済できない問題が発生する可能性があります。

リボ払いの返済ができない場合は速やかに専門家などに相談して、返済できる状況を作り上げたほうがいいでしょう。

場合によっては任意整理で減額するのもいい方法です。

リボ払いで苦労している時は任意整理が最もおすすめです。
関連記事!
借金減額シミュレーターとは?」
リボ払いでも過払い金が発生する可能性があることをご存知でしょうか?
この記事では、過払い金が発生している可能性を知ることができる借金減額シミュレーターについて詳しく解説しております。気になる方は是非一度ご覧ください!
おすすめの記事