あなたの借金は減額可能?元本・利息それぞれの減額方法についてご紹介!

お金が足りないときに借金をしてしまう人もいると思います。その反面、借金が膨らんできたから、「借金を減額したい」と思う人もいるでしょう。借金を減額する方法はありますが、どのように行えるのかポイントを掴んでおくことが大事です。
本記事では借金の減額が可能なのか、その具体的な方法についても紹介していきます。

\いくら減額できるか確認しよう!/

借金の減額は可能?

借金の減額は可能?
「借金の減額なんて無理だ」と思っている方も多いのではないのでしょうか?
しかし、合法的に借金を減額することができれば、自分の返済負担を減らすことが可能です。どのように行えるのか3つの方法をご紹介いたします。

合法的に借金を減らす方法についてご紹介!

過払い金返還請求

過払金返還請求とは、債権者に利息制限法の上限を超えて払い過ぎた利息を返してもらうことです。

債権者がお金を貸すときは利息制限法や賃貸業法、出資方など、いろいろな規制があります。
例えば、利息制限法には元金が10万円未満の場合は年率20%10万円以上100万円未満で有れば年率18%100万円以上は15%までが上限とされています。もし、上限以上の利息を得ているなら、それは無効になるのでその分の金額は支払う必要がありません。

もし、行き過ぎた利息を支払っているなら、その分は返金を請求することが可能です。過払い返金請求権は最後の取引から10年経過してしまうと請求権が消滅してしまいますが、その期間までに過払いしていたことが分かれば、すでに完済している場合も返金を要求できます。

また、借金の返済が残っているときも、過払金があることが発覚すれば、払い過ぎたお金を残りの借金額に充てることが可能です。借金返済負担を減らすために、まずは債権者の利息が法律に沿っているのか確認するようにしましょう。

かつてグレーゾーン金利と呼ばれる、設定しても刑事罰は受けない利率が存在していました。
そのためグレーゾーン金利での返済を行っていた分は返還請求を行うことが可能です。

 

金利を下げる

借金を減額する方法としては金利を下げることも可能です。借金をすると金額分に合わせた金利を設定され、返済期間が長くなるほど金利負担が大きくなります。特に、最初の金利負担が高い設定だと、より返済が苦しくなってしまいます。

金利を下げる方法にはいろいろありますが、1つ目は借り換えすることです。借り換えは現在利用しているカードローン会社より金利が低いカードローンに乗り換えることです。カードローンによって金利に違いがあるので、自分に合ったカードローンに借り換えてみることが検討できるでしょう。

2つ目は増額審査で限度額を上げることです。カードローン会社に増額審査を申請して、限度額が上がればその分、金利は下がります。金利は限度額に応じて設定されており、限度額が大きくなるほど、金利は下がるからです。

増額審査はできれば申込み時よりも自分の状況が良くなったときがおすすめです。例えば、収入が上がる、アルバイトから正規社員に昇進するなど、自分の状況が良くなれば、カードローンからの信頼を得られるので、増額審査の際に限度額が大きくなる可能性があります。

金利による借金の膨らみを抑えたいなら、この2つの方法も念頭に置いておきましょう。

金額が大きいとその分利息も大きくなります。
借り換えや、限度額の増枠を行うことで金利を下げることができ、負担の軽減が望めるでしょう。

【債務整理】4種類の方法がある!

債務整理とは借金を減額したり借金の返済を猶予したりするなど、借金を正当に解決するための手続きのことです。
以下4つの方法があります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 特定調停

任意整理とは裁判所などの公的機関を通さずに、債権者と直接交渉することによって借金の減額を図る解決方法です。借金が大きくなり、これ以上利息によって支払いが厳しくなるようなら、将来支払うはずの利息や一定期間の利息の支払いを減額してもらうように交渉します。

個人再生は債権者に返済不能の可能性があることを裁判所に申し立て再生計画の認可決定を受けることで借金を減額してもらう方法です。個人再生では最大で10分の1まで減額することが可能となります。

自己破産は裁判所を通して税金などを除き、全ての借金を免除してもらうことができる方法です。
他の債務整理とは異なり、全ての借金の支払い義務を無くすことができます。

特定調停は裁判所が債権者との仲介に入り返済計画を立て直す方法のことです。任意整理と同様、利息や遅延損害金などを減額できる可能性があります。

 減額可能な借金が分かる!借金減額診断・シミュレーターとは?

 減額可能な借金が分かる!借金減額診断・シミュレーターとは?

よくインターネットを見ていると見つけられる「借金減額診断」の利用はどの程度参考になるのでしょうか。

借金はどれくらい減るんだろう?といろんな情報を探していると「借金減額診断」「借金減額シミュレーター」のようなものを見ませんか?

これはどの程度役にたつのでしょうか。

借金減額診断・シミュレーターの仕組み

借金減額診断・借金減額シミュレーターは、借り入れをしていた時期や額からグレーゾーン金利での借り入れがあったかどうかを推定して、どのくらい借金が減るかを計算するものです。

2010年6月17日以前には、出資法の利息のほうが利息制限法の利息よりも高かったため、刑罰となる出資法の利息を超えないようにしておけばよく、利息制限法の上限利息を超えた利息の受け取りが横行していました。

このような金利のことをグレーゾーン金利と呼び、最高裁ではこのような利息を無効として、受け取った利息と元金を相殺することを認めています。

謝金減額診断・借金減額シミュレーターでは、このような金利を借り入れした時期などをもとに計算して減額の可能性を判断します。

借金減額診断・シミュレーターを過信しない

借金減額診断・シミュレーターは過信しないようにしましょう。

減額は、利息制限法を超える利息の受け取りがあった場合にのみ発生しますので、銀行や銀行系の信販会社などでは利息制限法の範囲内でしか貸付をしていません。

また、利息はその時の元金に応じて発生するもので、今の元金がいくらかによって計算するものではないので、借金減額診断・借金減額シミュレーターに打ち込んだ情報だけでは判断できません。

借金減額診断・シミュレーターは参考にするのみとして、過信しないようにしましょう。

\専門家に相談しよう!/

借金減額診断・シミュレーターを使用した方の口コミをご紹介!

お名前のイニシャルを教えて下さい。

K.Sです。

年代・性別・居住地について教えて下さい。

40代 男性 東京都在住

借金を作ったエピソード・原因について教えてください。

飲食店を経営していたのですが、店舗の赤字が続きその穴埋めを消費者金融で借金し始めたのが最初のキッカケでした。

減額診断・シミュレーターについてはご存知でしたか?

最近は広告などで目につく機会が多く、少し前から知っていました。

減額診断・シミュレーターを利用した経緯を教えて下さい。


赤字ですので当然消費者金融に返済する資金もなく別の消費者金融でお金を借りて返済する。
お金が足りなくなったら限度額を増額する。
それでも足りなくなったら別の消費者金融から借金をする。その繰り返しであっという間に借金は膨らんでいき、気がついたら借金総額は1000万円を超えていました。その際、少しでも借金が減額できるなら、、と利用しました。

減額診断・シミュレーターを利用したことをきっかけに債務整理を検討しましたか?

はい

減額診断・シミュレーターのメリット・デメリット、また利用してよかったかどうか教えてください。

メリットは、入力項目が四箇所と簡単な点です。
サービスの案内に沿って、クリックし、連絡先や住所を入力しただけでしたので、1~2分程で完了できました。
あえて、デメリットを上げるなら後日かかってきた電話が少し長引いてしまったことでしょうか。
しかし、これは必要な情報を聞いていただくための電話でしたので、事前に自分の金銭状況をしっかりと把握しておけば
もっとスムーズに終わったかと思います。
また、シミュレーターを利用したことで債務整理という選択肢がぐっと近づき結果として借金を減額することができたのでとてもよかったです。

債務整理を行った感想・生活がどのように変化したか教えてください。

債務整理がすべて終わった時には、とても清々しい気持ちになりました。
借金が無い生活・毎月返済のためにビクビクしなくて良い生活がこんなにも平穏な気持ちになれるのだと実感しました。
私はそれ以来1円も借金をしようと考えた事はありません。

現在借金の返済が難しい方へメッセージをお願いいたします。

自分の身の丈に合った生活をしましょう。
借金をしての生活は身の丈に合った生活ではありません。
すでに借金で苦しんでいらっしゃる方は一刻も早く専門家に相談する事をお勧めします。

借金の利息を減額する方法

借金の利息を減額する方法

借金を減額するときに利息を減らしたい人もいるでしょう。借金の利息を減額するためには4つの方法があります。それぞれの方法を詳しく解説していきましょう。

カードローン借り換え

カードローンの借り換えにより、利息を軽減することができます。カードローン会社はそれぞれ利息の設定が違うので、もし、安いカードローンを見つけたなら借り換えをした方がお得です。

例えば、Aのカードローン会社で金利18%の借金をしていて、Bのカードローン金利14%に借り換えしたなら、4%分の金利の差額が出ます。もし、100万円を借りているなら、利息は4万円も差が出てきます。

そのため、利息を軽減するなら、今の利息よりも安いカードローン会社を探して借り換えを検討しましょう。
ただ、借り換えの際も審査があり、通過できなければ借り換えを行うことができません。また、借り換えができたとしても返済回数が増えるなら、期間も伸びてしまい、返済金額が増えてしまう可能性もあります。そのため、借り換えを行うときは返済シミュレーションなどを行い、返済金額が大きくならないか確認することが大事です。

カードローン借り換えで借金減額できるのはなぜ?

借り換えで借金減額ができるのは利率が下がるからです。

借り換えをする際には、新たに借り入れをする先の利率は安くなります。

たとえば消費者金融に15%で借り入れをしているとして、5%のところに借り換えができれば10%の利息の節約になり、返済額が減ることになります。

カードローン借り換えのメリット

カードローンの借り換えのメリットは、債務整理のようにブラックリストになることがないことです。

債務整理をすると、信用情報にその旨が登録されて、あらたな借り入れやクレジットカードの作成できなくなる、いわゆるブラックリストという状態になります。

借り換えではこのような状態になりません。

カードローン借り換えのデメリット

カーロローンの借り換えのデメリットは、必ず返済総額が減るわけではないということです。

利率が下がって毎月の返済額は減るものの、手数料や返済期間が伸びることによって、返済する額が増えることもあります。

せっかく金利を下げることができても返済期間が伸びてしまうことで、
返済額が増えてしまう可能性もあるので注意が必要!

おまとめローンを利用

借金を減らすためにはおまとめローンを利用することも可能です。おまとめローンは、多数の賃金業者から借金をしている人を金融機関が総額を立て替え、借入先を一本化にしてくれることです。複数の賃金業者に借金を返済するより、返済金額を一本化にした方が負担を減らすことが可能です。

また、おまとめローンで借金を一本化すれば、金利の負担軽減も期待できます。利息は借入れしている場所が多いなら、各金融機関における借入総額が低いところも出てくるので、金利設定が高くなり、利息による返済も負担が増します。

しかし、おまとめローンで一本化できれば、借入残高は高額になりその分金利設定が低くなるので、利息を抑えやすくなります。また、複数の業者の借入れは返済期日がバラバラなので、覚えておくのが難しい場合がありますが、一本化だと返済日は決まっているので、慌てる必要もありません。

おまとめローンも審査を通過する必要がありますが、複数の業者から借金をしているなら検討してみましょう。

おまとめローンで借金減額できるのはなぜ?

おまとめローンは、従来の消費者金融や信販会社の高い利息をまとめて安い利率のところから借りるので、借り換えと同じように利率が下がるため、返済する額が少なくなります。

おまとめローンするメリット

おまとめローンも債務整理をするわけではないので、ブラックリストにならないというメリットは同様です。

おまとめローンするデメリット

おまとめローンも、手数料がかかったりや返済期間が伸びることによって、返済する額が増えることもあるのがデメリットです。

借金を一本化することで、金利の低下、支払い日の統一を行うことができる!

任意整理

任意整理をして利息の軽減をすることも可能です。任意整理は専門家に依頼することで債権者との交渉を代行してくれるので、安心して行うことができます。

任意整理の利息軽減は返済期間中に発生する利息の免除について交渉が行われます。借金の金額が大きく返済が難しい場合や利息が高額で元金が減らない場合、返済負担を減らすことができるように債権者に返済計画を立案して利息の軽減を提案します。
また、返済を滞納したことで発生する遅延損害金の免除に関する交渉も行われるので、返済金額を軽減してくれる期待を持てます。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理は、手続きをする債権者を選んで手続きを行うことができます。

そのため、住宅ローンや自動車ローン・連帯保証人がいる奨学金などは従来どおり支払い続けることができるので、柔軟な債務整理手続きを行うことが可能なのがメリットです

一方で、分割になるとはいえ少なくとも元金を支払う必要があり、元金も減額してもらえる任意整理や、元金含めて免責される自己破産よりも支払う額が多いというのはデメリットでしょう。

特定調停

 特定調停は専門家の仲介ではなく、裁判所が指定して選定した調停委員を仲裁として債権者と交渉を行う方法です。

特定調停は任意整理と行うことは変わりません。過払金発生により利息を大きく支払っているなら、その分を借金返済に回して減額してもらうこと、また利息の免除や遅延損害金が発生しているなら、それも免除してもらうように交渉します。

任意整理の場合は専門家が交渉しますが、特定調停の場合は自分で交渉を行う必要があります。ただ、特定調停の場合は1社あたり500円の手数料と郵便切手にかかる費用のみなので、弁護士に依頼するよりも安い価格で債務整理を行うことができます。

もちろん、特定調停に必要な書類は債務者自身で作成しなくてはならないので手間がかかり、さらに裁判所から返済能力が無いと判断されれば個人再生か自己破産へ移行しなくてはいけません。特定調停のリスクも考慮して利用を計画しましょう。

特定調停のメリット・デメリット

特定調停は自分で手続をすることができるので、弁護士・司法書士に対する費用の支払いが必要ないというメリットがあります。

一方で手続きを自分で行う必要があるので、債務整理についての知識を得る必要があり、かつ特定調停の調停委員が借金問題に詳しいとも限らず、有利な調停案を常に得られるとは限りません。

また、調停調書を債権者が取得することになって、支払いがない場合にはすぐに強制執行にうつることができるというデメリットもあります。

借金の元本を減額する方法

借金の元本を減額する方法

元金を減らすことができれば、大きく借金の返済負担を軽減することが可能です。以下では元金を減らす方法について
ご紹介いたします。

過払い金請求

過払い返金請求をすることで借金の元本を減らせる可能性があります。
もし過払い金が発生していたら、その分の金額を借金に当てることで元金を減らすことが可能です。

ただ、借金返済中に過払金返金請求を行うと、信用情報に事故情報が登録される可能性があります。信用情報に事故情報が登録されるとカードローンの利用やクレジットカードの使用ができなくなり、ローンなども組めなくなってしまいます。

過払い金請求のメリット・デメリット

過払い金請求のメリットは、過去に支払いすぎていた過払い金によって債務がなくなり、また返してもらったお金で他の借金などの返済をすることができることです。

また過払い金がある場合にはブラックリストにのらないというメリットもあります。

一方で、過払い金は貸金業者と交渉したり裁判をして取り戻す必要があるので、面倒な交渉・手続きを自分で行うか、弁護士・司法書士にお金を支払って依頼する必要があります。

なお、完済しているような場合には、取り戻した過払い金から費用を差し引くという形で、当初のお金を必要とせずに依頼することが可能なことがあるので、弁護士・司法書士に相談してみてください。

過払い金の返還により借入残高との相殺が行われた場合は事故情報として扱われることはありません。

個人再生

個人再生は任意整理や特定調停を利用しても、借金の返済が難しい場合に検討します。個人再生は裁判所を介して手続きを行い、裁判所の判断により許可が下りれば借金の元金を減額することが可能です。

減額可能な借金は金額に対して比例するようになっており、最大で90%の借金を減額することが可能です。90%の減額となると100万円の借金が10万円になるので、かなり元金が減ります。

ただ、個人再生は100万円未満の場合は減額申請を行うことができず、債務額が5,000万円を超えるなら個人再生は利用できません。借金の金額を考慮して、利用できるのか検討しましょう。

個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリットは、任意整理で支払うことができないときに、住宅ローンがある場合に自宅を失わずに債務整理ができたり、職業制限がかからずに債務整理ができることです。

一方でデメリットは、裁判所に申し立てる手続きなので非常に面倒であることと、弁護士・司法書士に対する費用が高額になることです。

住宅ローン特則という制度を利用することで、家を手放さずに借金を大きく減額することが可能です。

自己破産

自己破産は裁判所を通して借金を免除する制度であり、裁判所の許可が下りると借金が全額免除されます。どれだけ借金があっても裁判所の許可が下りれば全て借金が帳消しになり、元金を返済する義務が無くなります。

自己破産をすると全財産が没収されるイメージがあるかもしれませんが、現金99万以下、貯金20万円以下を残すことができるので、ある程度の資産も手元に残せます。ただ、他の債務整理と同様、自己破産すると事故登録されるため、カードローンを組むことやクレジットカードの作成は行えません。

また、債権者が抵当にかけているものは全て競売され、ほとんどの財産は没収されます。さらに、自己破産は借金に自分の落ち度があると認めてもらえず、ギャンブルなどの借金は自己破産を利用できませんので、メリット・デメリットを考慮して検討しましょう。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産には、他の債務整理方法にない、借金をすぐに免責してもらえるという大きなメリットがあります。
一方で、住居の制限や、郵送物の中身を確認される、職業制限など手続き期間中は様々な制限があることがデメリットでしょう。

借金減額は弁護士・司法書士に相談しよう!

借金減額は弁護士・司法書士に相談しよう!

借金を減額できる方法をいくつかご紹介させて頂きました。ただ、債務状況によって最適な選択肢は変わってきますので、まずは専門家に相談することが大切です。専門家に相談すると以下のようなメリットがあります。

自分にあった適切な方法を選択できる

弁護士や司法書士などの専門家は、自分に合った適切な方法を提示してくれることでしょう。借金の減額方法はいろいろあり、任意整理や個人再生、自己破産などがありますが、それぞれメリット・デメリットが異なります。

もし、任意整理で借金の返済計画を立てられるのに自己破産を選択してしまうと、クレジットカードやカードローンの利用停止、また自分の財産が全て没収されることになるため、かなり損を被ります。

そのため、専門家に相談して自分の今の状況を伝えて適切な方法を教えてもらうことがおすすめです。専門的知識を持っているので、自分よりもベストな選択をしてくれるでしょう。

自分では考えていなかった選択肢を提示してもらえる可能性があります

自分に変わって手続き、対応を行ってもらえる

専門家は自分に代わって借金の減額交渉や手続きを行なってくれます。任意整理で賃金業者と交渉する際に自分だとうまく利息や元金の減額が行えない可能性が高いですが、専門知識のある弁護士であれば、利息の見直しや過払い金請求などを的確に行ってくれます。

また、債務整理では用意しなければいけない書類なども多くその内容も複雑です。しかし専門家に依頼することで、全て指示をもらうことができるので安心して債務整理を行うことができるでしょう。

書類に不備があると、債務整理自体を行うことができないので専門家の力を借りると安心!

手続き中の取り立てを停止できる

弁護士や司法書士に依頼と取り立てを停止させることができます。弁護士に依頼すると、受任通知というものを債権者に発送します。これにより債権者は債務者に対しての催促を行うことが法律上制限されます。

取り立てが無くなることで、精神的にも余裕が生まれ、債務整理に集中することができるでしょう。

\専門家に相談しよう!/

借金の減額におすすめの弁護士・司法書士をご紹介!

弁護士法人 ライズ綜合法律事務所

ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件を超える債務整理の解決実績!
  • 契約前であれば何度でも相談無料!来所・電話・メール3つの方法で相談可能!
  • 弁護士費用の分割払いに柔軟な対応!安心して債務整理の依頼ができます。

\口コミ高評価!/

ライズ綜合法律事務所はこんなところ!

債務整理を始め様々な問題の相談において顧客満足度が高く、口コミが高評価の事務所です。
代表の田中泰雄弁護士は20年以上債務整理を行ってきており、実績、経験共に豊富で安心して依頼が可能です。
また、横浜・大阪にも事務所を構えており、アクセスの良さもライズ綜合法律事務所の強みとなっています。

主な費用

相談料金 契約前の相談は無料
全国対応 出張相談会有り(感染症のため現在は休止)
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の22%~
任意整理解決報酬金:1社あたり22,000

ライズ綜合法律事務所について

本所所在地〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-1 ミナトビル 5階
対応業務債務整理、債権回収、離婚問題、交通事故...etc

\口コミ高評価!/

出典:https://risesogo.jp/

弁護士法人 大地総合法律事務所

大地総合法律事務所

大地総合法律事務所の特徴
  • ビデオ面談、電子契約を導入しており、コロナ禍に完全対応!
  • 迅速な対応・情熱的な交渉・チームワークを最重視!
  • 債務整理をはじめ、法務全般の業務に対応しており、安心して依頼が可能

\コロナ対策も万全!/

大地総合法律事務所はこんなところ!

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった借金問題の債務整理を得意としている弁護士事務所です。今まで数多くの多重債務者を救ってきており、主な取扱いは【任意整理】が多数。
迅速且つ、依頼者様を第一に考えた情熱的な交渉がポイントです。

大地総合法律事務所について

〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
対応業務債務整理、詐欺被害、誹謗中傷、交通事故...etc

\コロナ対策も万全!/

出典:https://daichi-lawoffice.com/

司法書士法人 はたの法律事務所

はたの法律事務所の特徴
  • 満足度95.2%! 債務整理、過払い金請求において40年。20万件の相談実績!
  • 相談・着手金は完全無料! 全国どこでも出張料金無料!
  • 手持ちがなくても催促停止! 費用の分割払いもOK!
\相談受付・24時間年中無休!/

はたの法律事務所はこんなところ!

はたの法律事務所は40年間、借金問題についての悩みを解決している人気の司法書士事務所です。
長年に渡る経験からご相談者様が抱える悩みを熟知しており、安心して相談をすることができます。
更に、相談料は何度でも無料で、借金についての悩みを気軽に相談することが可能です。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国出張料金 無料
過払い金報酬取り戻した過払い金額の20%   10万円以下の場合は12.8%
任意整理1社2万~+減額できた債務の金額の10%

はたの法律事務所について

所在地〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
\相談受付・24時間年中無休!/

出典:https://hikari-hatano.com/

司法書士法人 穂(旧:司法書士法人かなめ総合法務事務所)

司法書士法人 穂の特徴
  • 借金問題に特化した専門チームが、金融会社との交渉や書類の作成など、解決まで一貫してサポート!
  • 女性専用の借金相談窓口をご用意!24時間365日相談が可能!
  • ご契約までは何度でも無料相談が可能!メールでも電話でも相談ができる!
\任意整理が得意な事務所!/

司法書士法人 穂はこんなところ!

司法書士法人穂は債務整理の中でも、特に任意整理を得意とされている事務所で、家族にバレること無く借金問題を解決したい
という方におすすめの事務所となっております。
全国・24時間対応しており、メールやお電話でも相談することが可能です。また、匿名での相談も受け付けています。

主な費用

相談料金 ご相談は無料
完済過払請求相談料・着手金無料
1業者あたりの成功報酬 22,000円(税込)
任意整理1業者あたり 22,000円~(税込)
業者の主張する債務を減額した額の11%相当額(税込)

司法書士法人 穂について

所在地〒170-0013
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル6階
対応業務債務整理、不動産登記、商業登記・企業法務、相続
\任意整理が得意な事務所/

出典:https://honoka.or.jp/

赤瀬司法書士事務所

赤瀬司法書士事務所の特徴
  • 大阪府を中心に、全国を対象として業務を展開!
  • 法律のスペシャリストが豊富な専門知識で債務整理をサポート!
  • 事前予約で夜間や休日の対応も実施!

\丁寧な相談対応!

赤瀬司法書士事務所はこんなところ!

赤瀬司法書士事務所は、大阪府大阪市にある司法書士事務所で、大阪司法書士会所属の赤瀬丈晴氏が代表を務めている事務所です。赤瀬司法書士事務所では、無料且つ匿名で利用することが可能な借金減額診断を用意しており、気軽に自分の借金についてのシミュレーションが可能です!

主な費用

相談料金 無料
全国対応 可能
着手金債権者1社あたり27,500円~(税込)
過払い金返還報酬返還された過払い金額の22%~(税込)

赤瀬司法書士事務所について

所在地〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング416号室
対応業務借金問題・相続・成年後見など

\丁寧な相談対応!/

出典:https://akase-legal.com/

まとめ 

まとめ

もし借金に困っているなら、弁護士や司法書士に依頼すること検討しましょう。
事務所の中には、相談を無料で受けてくれるところも数多くありますので、まずは一人で悩まないで相談することが大切です。
債務整理を通して、あなたの状況が少しでも好転することを願っています。

口コミ高評価!

当サイト債務アレンジおすすめ「ライズ綜合法律事務所」はGoogleの口コミにて★4つと高評価で満足度が高い事務所様となっております。レビューの数も61と多く、「とても親切だった」という声が多数です。
借金でお悩みの方は是非、「ライズ綜合法律事務所」にご相談下さい!

Q&A

借金減額シミュレーターを使うことで、個人情報が抜かれたりしませんか?
借金の減額診断やシミュレーターは主に、弁護士や司法書士などの専門家が行っているサービスになります。
そのため、個人情報が抜かれたり、無理矢理債務整理させられるなどの基本的にはありません。
しかし、中には小さな事務所が行っているものなどもあり、しつこく営業の電話がかかってくるなどの声もあがっておりますので、行う際には大手の事務所が行っているものを使用すると安心です。

最近、借金減額シミュレーターをよく見かけますが、どのような借金が減額の対象となりますか?
端的に申し上げますと過払い金があるものが対象となります。
具体的に言えば、2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法および出資法改正前に借りた消費者金融やクレジットカードのキャッシングが該当します。
法改正以前は、グレーゾーン金利と呼ばれる、利息制限法に定める上限金利は超えるものの出資法に定める上限金利には満たない金利が存在していました。
減額のシミュレーターでは上記該当の借金がないか、サービス提供元の事務所が診断してくれます。

借金減額シミュレーターを利用したことで、信用情報に傷がついてしまいますか?
借金減額シミュレーターを使用するのみでは、信用情報に傷がつく(事故情報が登録されてしまう)ことはございません。
減額シミュレーターの利用後、債務整理を行うことになると事故情報として登録されてしまいますので、知識として覚えておくといいでしょう。
借金減額シミュレーターを利用したら、必ず債務整理を行わないといけませんか?
必ず行う必要はございません。
シミュレーター利用後、事務所の方から借金について電話やメールで連絡がきます。
その内容が納得でき、債務整理をすると決めた場合にのみ依頼をするという対応で問題ございませんので
気軽にシミュレーターをご利用いただければと思います。
おすすめの記事