借金の相談におすすめな公的機関!24時間無料相談が可能なの?口コミをご紹介!

借金の返済に困ったときに、誰に相談すればいいのでしょうか。
借金の問題は借金をした原因によっては非常に人に言いづらいものです。

とはいえ、専門家に相談をすると費用がかかる、いろんな相談先があるけども本当にそこに相談をして良いかわからない…、悩みは尽きません。

そこでこのページでは借金の相談について公的な相談機関についてお伝えしますので、確認をしてみましょう

 

\\契約の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

借金をする理由・借金問題について

まず、人はどんな原因で借金をして、どんな悩みを抱えているか…気になりませんか?

借金の主な原因

まず、他人はどんな原因で借金をするのか、どんな悩みを抱えているのかを確認しましょう。
借金の理由は様々ありますが、以下ではよくある借金の原因についてご紹介いたします。

生活費を工面するため

まずは、生活費を工面するためです。

生活費を工面するため、と一口に言っても、失職した・残業代がなくなって収入が減った・借金の返済を最優先にしていると生活費が足りなくなる…など様々な理由があります。

収入がない・低くなっているような場合には、借金の返済とともに、仕事をどうやって見つけるかという心配もすることになります。

事業資金

個人事業主や、会社の代表者の方の場合、事業を継続するために借金をすることはよくあります。

返済ができなくなってくると、取引先に迷惑をかけるのではないか、倒産するのではないか、という心配がつきなくなります。

ギャンブル・浪費

競馬・競輪・パチンコなどのギャンブルや、ブランド品の買い物・風俗・キャバクラなどの浪費にハマってしまって借金をするパターンがあります。

このような借金は、夫婦である場合には離婚問題に発展しかねないものであり、家族でも疎遠となってしまうおそれのあるもので、身近な人にも話せないことがあります。

借金の問題を早めに相談すべき理由

借金の問題は早めに相談すべきなのには理由があります。

精神的な安定

借金の返済が実際滞りはじめると、携帯電話には毎日貸金業者からの督促の電話がなるようになり、自宅に督促のための通知が送られてくることになります。

これによって精神的に追い詰められることは間違いありません。

借金の相談を早い段階からできていれば、精神的な安定が得られます。

解決までの筋道を早期につけられる

毎月の支払いに追われつづけると、気持ちが焦るばかりで、借金問題をどう解決するかという大きな観点に立った行動ができなくなります。

借金の相談をすることで、問題点を整理することができ、その結果どのような行動をとるべきかの筋道を立てることが可能となります。

知らない制度を教えてもらえる

後述しますが、生活に困窮したり、精神的に不安であるような場合には、各種の公的な支援の制度があります。

このような制度は実はしっかり調べてみないと、存在自体から知らないということも珍しくありません。

借金の相談がきっかけで、自分のことを助けてくれる制度の存在を知ることができます

もしかしたら過払い金で借金が無くなるかも

長期間借り入れをしているような場合には、借金をしていた貸金業者に過払い金が発生していることがあります。

これによって借金が無くなり、場合によってはお金を返してもらえる可能性もあります。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

借金相談におすすめの公的機関・特徴もご紹介!

借金相談におすすめの公的機関・特徴もご紹介!

借金問題についてどんな相談をすることができるのか把握しましょう。

では、そんな借金の悩みに対して、公的機関としてどのような相談先を設けているかを確認しましょう。

金融庁

金融庁では、地方事務を委任している財務局で、多重債務相談を行なっています。

ただし、制度としては設けているものの、ホームページでリーフリットを告知して、まれに相談会を開いている程度なので、その知名度は極めて低いといえます。

市区町村役場

市区町村役場では様々な種類の相談を受け付けています。

まず、市民相談などとして、一般的な相談を市区町村の職員が受け付けており、必要に応じてより問題解決ができる機関を紹介してくれます。

また、週に1度程度、市区町村で弁護士に無料で相談できるようになっており、弁護士に借金問題・債務整理を相談することができるようになっています。

ただし、担当をしてくれた弁護士の中には、相談にはのるものの、実際に債務整理をするとなると、依頼は受けていないと消極的になる人もいるので注意が必要です。

また、借金の原因が生活苦である場合には、社会福祉協議会などでも生活相談を受け付けています。

生活保護などが必要となった際には、社会福祉協議会が窓口になるので、病気や怪我で仕事ができなくなっているときには早めに相談をしましょう。

法テラス

収入・資産が一定額以上である場合には、国が設立した法テラスという機関で、無料の法律相談を受ける事が可能です。

法テラスは国が作った機関で、どのような人でも法律的な援助を受けられるようにするための機関です。

法テラスでは弁護士に無料で相談をすることができ、民事扶助という安い価格で依頼をして、その費用を一度国にたてかえてもらうことが可能です。

こちらでも、借金問題に積極的ではない弁護士が相談員としてあたった場合には、債務整理をそのまま依頼することができない可能性があります。

都道府県の弁護士会の無料相談

弁護士は必ず都道府県の弁護士会(東京には3つある)に所属しています。

この都道府県の弁護士会が定期的に法律相談を無料で行なっています

債務整理を相談することも可能ですが、債務整理を積極的に受けている弁護士にあたらないと、相談はできても依頼は断られる可能性はあります。

都道府県の司法書士会

司法書士も同じく都道府県にある司法書士会に所属をしています。

都道府県の司法書士会も司法書士の業務に関する無料相談会を受けています。

この場合も債務整理をしていない司法書士が相談にあたると、相談はできても依頼はできません。

全国銀行協会

銀行を会員として組織する一般社団法人全国銀行協会では、返済に困っている人を対象としたカウンセリングサービスを実施しています。

あくまでカウンセリングを中心とした相談のみであり、債務整理を直接依頼することはできません。

また、銀行とのトラブルになった場合に、紛争解決手段としてのあっせんを行なっています。

日本クレジットカウンセリング協会

公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会は、多重債務に陥った方々について、公正・中立なカウンセリングを行っている機関です。

こちらでも借金問題や家計の再建のカウンセリングも行なっています。

こちらも相談・カウンセリングを行うことは可能ですが、債務整理を依頼することはできません。

日本貸金業協会・貸金業相談・紛争解決センター

貸金業が加盟している日本貸金業協会には、貸金業相談・紛争解決センターとうものがあります。

こちらの債務相談において、多重債務・借金問題の相談をすることが可能です。

こちらも債務整理を依頼することはできません。

また、貸金業者に対する苦情を受け付けてくれます。

警察

借金の中でも闇金融などの被害にあった場合には警察に相談することも検討します。

警察は犯罪に対して対応をしてくれますが、借金そのものについては民事不介入として相談には載ってくれません。

闇金融は、出資法違反・貸金業法違反の犯罪ですので、警察に相談をすることも可能です。

国民生活センター

独立行政法人国民生活センターは、商品やサービスなど消費生活に関する苦情・問い合わせなどを受け付ける機関で、専門の相談員が相談にのってくれます。

借金の問題も相談には乗ってくれるのですが、こちらでも債務整理を受けられるわけではないので、最終的に借金問題を解決することができるわけではありません。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

借金の原因についての相談先

借金の原因についての相談先

借金をどうにかすることはできても、借金をしてしまう原因について相談もきちんとしておきましょう。

すでにしてしまった借金についてのケアは債務整理をすることで可能です。

しかし、債務整理は借金返済をどうするか、という問題であり、借金をしてしまった原因にまで踏み込むものではありません。

そこで、借金をしてしまう原因ごとに相談する相手を検討しましょう。

社会福祉協議会

借金の原因が、仕事がない・介護や怪我・病気で仕事ができないなどの困窮が原因である場合には、社会福祉協議会に相談してみましょう。

困窮の原因の解消を一緒に考えてくれるほか、生活保護・生活福祉貸付制度の窓口となるのが社会福祉協議会です。

地域によっては食料確保のためのフードバンクの斡旋をしてくれたりもします。

いざ行政の支援を受けるとなった際に、本当に支援が必要な人なのか一から調べると、支援を受けるために時間がかかることが考えられます。

生活をしていくのが困難であると感じるような場合には、社会福祉協議会と早いうちから相談をしておきましょう。

保健所・精神福祉センター

お金を使いすぎる原因が精神疾患や依存症に原因がある場合には、精神疾患や依存症に向き合う必要もあります。

特に債務整理後はブラックリストになり、通常の貸金業者からの借り入れができません。

精神疾患や依存症に対するケアを適切に行なわなければ、次に借り入れをするときは闇金から借りたり、なんとかお金を借りようとした結果特殊詐欺にあったりするなどで、身を滅ぼしかねません。

治療としては精神科・心療内科に通うとして、これらが原因で金銭管理ができなくなってしまっているような場合には、公的な機関として保健所・精神福祉センターに相談をしてみましょう。

必要に応じて、本人・これを支える周りの家族が参加する自助グループや回復のための共同生活をする施設などを紹介してくれます。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

公的機関に相談した方の実際の口コミをご紹介!

お名前のイニシャル・年代・性別・居住地について教えて下さい。

MMと申します。40代男性 大阪府在住です。

 ありがとうございます。
では、借金を作ったエピソード・原因についてお聞かせいただけますでしょうか?

新規ビジネスを開始し、当初は一つだけの店舗でしたが、滑り出し好調ということもあって、第二店舗を設けました。しかし、第二店舗を設けたのと同時にその店舗を運営する専門家も雇用する必要があり、その結果、より一層の支出が重なりました。

次に、借金について相談しようと思ったきっかけを教えて下さい。

友人の行政書士に相談をしたら、こういう金融機構があるから、相談してみたら良いとのアドバイスを受けました。銀行から借金するという形を取りたくなかったので、公的機関からの借り入れを考えました。

なるほど。最初に公的機関へ相談した理由・相談した公的機関名を教えてください。

銀行などの金融機構からお金を借り入れると、自分は借金している負い目を心理的に感じたので、公的機関による起業支援という名目なら許せると思い、日本政策金融金庫へ相談に行きました。

相談をした結果いいアドバイスをもらうことはできましたか?

アドバイスを頂戴することはできましたが、事業内容などからして、実際に審査が通るかどうかが不明です、との回答でした。

ありがとうございます。色々な制度がありますが、実際に相談を行ってみないとわからないといったところでしょうか。相談後、借金についてどのような対応を行いましたか?

最終的には、借金には違いないので、第二店舗を撤収して、余計な出費をカットすることに決めました。

公的機関へ相談した感想を教えてください。

ある程度の相談には乗ってくれますが、少々カテゴライズされた見方をしており、その業界に対する一般論を前提に話す傾向があるとお思いました。もう少しケースバイケース的に相談に乗ってくれればいいと思いました。

最後に、現在借金を抱えている方にメッセージをお願いいたします。

借金をすることはとても勇気のいることです。返済というプレッシャーを抱えて、事業を奮闘しなかればならないのは精神的に厳しいです。でもそんな時こそ友人や親戚が助けてくだます。また、拡大してしまった業務があるとすれば辞めればそれに関する出費はカットできます。やめることも大事です。
まずは、誰かに相談するところから始めると良いと思います。

借金相談をするべきタイミング

借金相談をするべきタイミング

借金相談は債務が膨れ上がって何もできなくなる前に相談しましょう

借金返済に悩んでいるからといって、いつ公的機関などに相談をすればいいのでしょうか。

借金の額によって、返済ができるかどうかが異なってきます。

借金の額が大きくなれば大きくなるほど、自己破産以外に選択肢はなくなるなど、採れる方法も狭まります。

借金返済が厳しいな…そう思ったときには、できるだけ早くから相談するのが望ましいといえます。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

弁護士・司法書士にも無料相談ができる?

弁護士・司法書士にも無料相談ができる?

弁護士・司法書士に無料で相談をすることができるのでしょうか。

弁護士・司法書士に何か問題を相談する際には、どうしても費用がかかります。

通常は30分5,000円~の相談料となっており、債務整理の相談には通常は1時間以上はかかるので、10,000円~の相談料が必要となります。

しかし、借金の返済が厳しくなっている中で、このような費用の負担は大変厳しいと言わざるをえません。

債務整理に力を入れている弁護士・司法書士はこのような事情をきちんと熟知しているので、相談は無料ですることができるようになっています

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

弁護士・司法書士に相談するメリット

弁護士・司法書士に相談するメリット

弁護士・司法書士に相談するメリットはこんなにあります

弁護士・司法書士に相談するメリットには次のようなものがあります。

客観的にどの手続が良いかアドバイスをもらえる

自分で情報を手に入れて、債務整理のどの手続きが良いのか調べることも可能です。

しかし、債務整理は、現在の借金の額や、毎月返済できる額などを総合的に判断して決めるべきです。

自己破産はしたくないと考えていて任意整理を希望する場合でも、任意整理で返済しなければならない額の用意ができない状況だと、任意整理をしても支払えずにあらためて自己破産をしなければならなくなります。

弁護士・司法書士に相談をすれば、客観的にどの手続が向いているかのアドバイスをもらうことができます。

すぐに必要な行動に移せる

公的な機関に相談しても、実際にはほとんどのケースで弁護士・司法書士に債務整理を依頼するという結論になります。

あらためて弁護士・司法書士に相談している間に電話・書面での督促を受けることになって、精神的にも辛い状況になることが否定できません。

最初から弁護士・司法書士に相談をしていれば、そのまますぐに依頼をすることができます。

なお、弁護士・司法書士に対する費用は分割でも受け付けてくれるため、すぐに手元で用意できる資金がなくても依頼することが可能です。

実際に実務に携わっている人からのアドバイスは信頼ができる

公的な機関では、相談に対応するために、債務整理についての一般論はきちんと把握しているはずです。

しかし、実際に実務ではどのような手続進行になっているか、細かいところまで把握しているわけではありません。

債務整理の実務について詳しくない人に相談しても、一般論でのやりとりに終始してしまうため、適切な回答が得られるとは限りません。

弁護士・司法書士は日々債務整理の実務に携わっているので、手続き進行にあたって問題となることはないかなど、細かく把握をしています

最初から詳しく相談をしたいのであれば弁護士・司法書士に相談をすべきです。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

債務整理におすすめの弁護士・司法書士をご紹介!

弁護士法人 ライズ綜合法律事務所

ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件を超える債務整理の解決実績!
  • 契約前であれば何度でも相談無料!来所・電話・メール3つの方法で相談可能!
  • 弁護士費用の分割払いに柔軟な対応!安心して債務整理の依頼ができます。

\口コミ高評価!/

ライズ綜合法律事務所はこんなところ!

債務整理を始め様々な問題の相談において顧客満足度が高く、口コミが高評価の事務所です。
代表の田中泰雄弁護士は20年以上債務整理を行ってきており、実績、経験共に豊富で安心して依頼が可能です。
また、横浜・大阪にも事務所を構えており、アクセスの良さもライズ綜合法律事務所の強みとなっています。

主な費用

相談料金 契約前の相談は無料
全国対応 出張相談会有り(感染症のため現在は休止)
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の22%~
任意整理着手金:1社あたり0円~ ※借入金額による

ライズ綜合法律事務所について

本所所在地〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-1 ミナトビル 5階
対応業務債務整理、債権回収、離婚問題、交通事故...etc

\口コミ高評価!/

出典:https://risesogo.jp/

弁護士法人 大地総合法律事務所

大地総合法律事務所

大地総合法律事務所の特徴
  • ビデオ面談、電子契約を導入しており、コロナ禍に完全対応!
  • 迅速な対応・情熱的な交渉・チームワークを最重視!
  • 債務整理をはじめ、法務全般の業務に対応しており、安心して依頼が可能

\コロナ対策も万全!/

大地総合法律事務所はこんなところ!

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった借金問題の債務整理を得意としている弁護士事務所です。今まで数多くの多重債務者を救ってきており、主な取扱いは【任意整理】が多数。
迅速且つ、依頼者様を第一に考えた情熱的な交渉がポイントです。

大地総合法律事務所について

〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
対応業務債務整理、詐欺被害、誹謗中傷、交通事故...etc

\コロナ対策も万全!/

出典:https://daichi-lawoffice.com/

司法書士法人 はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 満足度95.2%! 債務整理、過払い金請求において40年。20万件の相談実績!
  • 相談・着手金は完全無料! 全国どこでも出張料金無料!
  • 手持ちがなくても催促停止! 費用の分割払いもOK!
\全国出張対応!/

はたの法務事務所はこんなところ!

はたの法務事務所は40年間、借金問題についての悩みを解決している人気の司法書士事務所です。
長年に渡る経験からご相談者様が抱える悩みを熟知しており、安心して相談をすることができます。
更に、相談料は何度でも無料で、借金についての悩みを気軽に相談することが可能です。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国出張料金 無料
過払い金報酬取り戻した過払い金額の20%   10万円以下の場合は12.8%
任意整理1社2万~+減額できた債務の金額の10%

はたの法律事務所について

所在地〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
\全国出張対応!/

出典:https://hikari-hatano.com/

弁護士法人 ひばり法律事務所(旧名村法律事務所)

弁護士法人 ひばり法律事務所
ひばり法律事務所の特徴
  • 東京大学法学部卒であり、25年以上のキャリアを積んでいる弁護士が在籍!
  • ご相談は全国に対応!全ての相談において相談料が無料!
  • 借金問題を最適な方法で解決! 過払い金にも対応しており、着手金は無料!

\相談受付・24時間年中無休!

ひばり法律事務所はこんなところ!

ひばり法律事務所は、以前名村法律事務所として活動しておられましたが、業務充実のために法人化をしています。
債務整理を主に扱っており、代表弁護士である名村泰三さんは25年以上のキャリアをお持ちの弁護士です。
「ひばり」には依頼者に早く春をお届けしたいという意味が込められており、迅速に問題解決へと導いてくれるでしょう。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国対応 可能
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の20%~
任意整理着手金、報酬金共:1社あたり22,000

ひばり法律事務所について

所在地東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応業務借金問題・サイト被害・離婚・相続など

\相談受付・24時間年中無休!/

出典:https://www.hibari-law.net/

まとめ

まとめ

このページでは、借金問題の相談先についてお伝えしてきました。

公的な機関でも借金問題の相談を行なっていますが、借金問題の解決は基本的には債務整理によって行われます。

債務整理は弁護士・司法書士が行なっており、相談も無料で行なっていることがほとんどなので、いち早く借金問題の解決を目指すのであれば、弁護士・司法書士に相談をしてみてください。

口コミ高評価!

当サイト債務アレンジおすすめ「ライズ綜合法律事務所」はGoogleの口コミにて★4つと高評価で満足度が高い事務所様となっております。レビューの数も61と多く、「とても親切だった」という声が多数です。
借金でお悩みの方は是非、「ライズ綜合法律事務所」にご相談下さい!

QA

債務整理にはどのような方法がありますか?
主に「任意整理」「自己破産」「個人再生」という3つの方法があります。
「任意整理」とは、借入先の貸金業者と和解をして、借金の金利を利息制限法の上限まで引き下げて再計算し払い過ぎていた利息があればその分を借金の元本に当て、減額した借金を3年~5年間で分割して返済していく方法です。
「自己破産」とは、「支払不能」の状態を裁判所に認めてもらい、法律上、借金の返済義務を無くす方法です。自己破産をすると原則として税金など以外のほぼ全ての借金の返済義務がなくなります。
「個人再生」とは、住宅等の資産を維持したまま,大幅に減額された借金を(最大1/10)、3年~5年間で分割して返済していく方法です。任意整理の減額幅では解決できないことに加え、住宅など何か残したい財産がある場合に利用する方法です。
債務整理のメリット・デメリットが知りたいです。
方法によってメリット・デメリットが異なりますが、共通するデメリットとしては信用情報機関に金融事故情報が登録されてしますことです。これは5~10年間ほど削除されることはなく、その間は信用取引全般が利用できなくなります。
しかし、借金が減額、免除されることを鑑みればそこまで大きなデメリットではないと感じる方も多いです。
共通するメリットとしては、やはり借金が減額、免除されることでしょう。
お金に余裕がなく節約生活を強いられること、返済が終わるまでかかってくる催促の電話などは、思っている以上に
ストレスとなってくるでしょう。そんな状況から抜け出し、新しい未来を踏み出すことができる状態が作れるということが最大のメリットでしょう。
債務整理の方法はどうやって決めるのか知りたいです。
債務整理の方法を決定する際には、借金の総額や収入、支出をもとに返済能力を判断するところから始めます。
あまりにも返済能力がない場合には自己破産を検討することが多いです。その上で、財産や依頼者の現在の情報をもとに自己破産が適切なのかどうか判断します。
自己破産には、財産がほぼ全て失われてしまうことや、職業制限などがデメリットとしてありますので、財産を残したい人や、特定の職業についている方にはおすすめできない方法となります。
例えば、家族がおり住宅を手放したくない人などは個人再生のを選択するなどです。
逆に、金利をなくし、分割払いにすることで月々の支払いを軽くすれば返済していくことができる方は任意整理を
行うことがほとんどです。
まとめますと、基準となるのは大きく、返済能力・依頼者の状況ということになります。
金融事故情報が登録されてしまうと、借金やクレジットカードの利用はできなくなりますか?

信用情報は審査をする際の与信判断の材料となりますので、登録されている間は借金の申込みや新規クレジットカード発行の申込みをしても審査に通らないことがほとんどです。
しかし、例外もあります。金融機関によっては事故情報の登録が削除される前であっても借金の審査に通ることもあるそうです。

債務整理の手続きにかかる期間が知りたいです。
結論:依頼する債務整理の内容によって異なります。
「任意整理」であれば、裁判所を介さず、貸金業者と直接やり取りをする方法になりますので、1番期間が短く4ヶ月~半年で完了できる場合がほとんどです。
「自己破産」「個人再生」手続きの場合には、裁判所を介する必要がありますので、半年~1年程度はかかってしまうでしょう。減額できる幅が大きい分、手続きも煩雑となります。
おすすめの記事