催告書とはどんなもの?催促状との違いや届いた際の対応方法についてご紹介!

催告書と催促状についてご存知でしょうか?
借金の返済が滞ってしまうと、債権者から支払いを促す書類が届きます。

返済が困難な場合は、弁護士や司法書士に相談してみましょう。
書類ごとの違いや、対処方法について詳しく解説します。

 

\\契約の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

催告書とは?

催告書とは?

催告書とは、キャッシングの返済や、クレジットカードの支払いが滞った際に、その状況を債務者に知らせるために届く書類です。

債権者から債務者に届く書類はいくつかありますが、催告書はそれらの中で、最終勧告として送られてくるものです。
催告書が無視された場合、債権者が法的措置を取る可能性があります。

催告書は最終勧告なので、届いた際には早急な対応が必要!

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

催促状とは?

催促状とは?

催促状とは、ローンやキャッシングの支払い期限が過ぎていることを、債務者に知らせる書類です。

返済が滞った際に債権者から届く最初の書類で、すぐに法的措置を取られる心配はありません。
うっかり返済期限を過ぎ、催促状が届いた場合は、速やかに支払いを済ませましょう。

最初の勧告だからといって無視して良いものでは無いので届いた際には、直ちに支払いをしましょう。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

催告書と催促状の違いは?

催告書と催促状の違いは?

催告書と催促状は、支払いが滞っているという内容を、債務者に知らせるという目的は一致しています。

しかし、送られてくる段階が違うため、それぞれの書類が持つ意味合いは若干異なっているといえるでしょう。
催促状が単に未納代金を知らせる内容である一方、それらを無視した末に送られてくる催告書は、「債権者が法的な措置を取ることを視野に入れている」という意味を持っています。

どちらも重要な書類であることは間違いないですが、催告書の方がより緊急性があるといえます。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

催告書・催促状が届いても無視していい?無視したらどうなる?

催告書、催促状が届いても無視していい?

催告書や催促状が届いた場合、突然のことでどうしたらいいのかわからず、パニックになってしまう方もいるでしょう。
しかし、これらの書類を決して無視してはいけません。催告書や催促状が届いたら、すぐに対応しましょう。

どのような対応をするべきか、詳しく解説します。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

催告書、催促状が届くのはどういう状態?

催告書、催促状が届くのは、それぞれ次のような状態です。状況を把握し、適切な措置をとりましょう。

届く書類どういう状態か
催告書返済が滞っている。支払いを促す最終勧告。

債権者が法的措置を検討している。

催促状返済が滞っている。

支払いを促す第一報。

内容証明の通知が届いたら深刻

内容証明で通知が届いた場合にはすでに事が深刻になっていると考えましょう。
貸金業者に延滞をしている状態ですと、様々な通知が届くことになりますが、それらはおおむね通常の郵便物です。
しかし、内容証明をつかって通知をするような場合、たとえば弁護士やサービサーと呼ばれる債権回収を専門とする会社が回収に乗り出したことを意味します。
こうなると訴訟まで時間がない可能性が高いです

借金残額の一括請求が行われる

延滞をして督促を放置していると借金残額や未払いの利息・遅延損害金を含めた金額を一括で支払うことになります
例えば借金を30万円していて毎月2万円の返済をしている場合、毎月の2万円の支払いをしていればよく、残り28万円の返済を求められてもこれを断ることができます。
このような債務者側が主張を「期限の利益」と呼んでいます。
延滞をすると期限の利益を失うことになり、残った額も含めて一括して請求されることになります。

裁判所からの特別送達が届いたら訴訟が始まっている

もう一つ知っておきたいのが、差出人が裁判所からの特別送達という書留が届いた場合です。
債権者が裁判を起こすと裁判所が訴状を被告に送達します。
この送達に利用されるのが特別送達で、郵便局の書留の方式で送られてきます。
つまり特別送達が届いている場合にはすでに訴訟が始まったということを意味します
直ちに債務整理などの対応をする必要があります。

給料や財産などが差し押さえられる可能性

裁判をされた場合、お金を借りていたことは事実なので、たとえ弁護士に依頼しても勝訴して支払い義務がなくなるというものではありません。
貸金業者が勝訴をしたあとは、判決に基づいて財産に対して強制執行をすることになります。
といっても、家は賃貸、お金になるようなものは持っていない、というような場合、身の回りにある財産を差し押さえられる可能性は低いでしょう。
しかし、給与の一部も資産として差し押さえが可能となっています。
給与が差し押さえられると、差し押さえに対応する部分について会社が裁判所が指定する口座に振り込むように指示されます。
当然ですが会社に給与が差し押さえされたことが明らかになるので、できる限り避けるべきです。
給与を差し押さえられると、自己破産・個人再生を行うまでは解除することができなくなるので、早めの対応が必要となります。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

催告書・催促状が届いたときにやるべきこと

催告書・催促状が届いたときにやるべきこと

催告書・督促状が届いたときにはすぐに対応が必要です

催告書・督促状が届いたときにやるべきことは次のようなことです。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

借金の消滅時効を確認する

催告書・督促状が届いたときに最後の請求から5年ないし10年以上経っているときには、借金の消滅時効を主張して、支払い義務から免れることができる場合があります。
最後の返済から5年ないし10年以上経っているか、途中で時効の中断・更新などの措置をとられていないかの確認をしましょう。
もし時効期間が満了している場合には、債権者に対して時効の利益を受けることを相手に通知する「時効の援用」という行為が必要になります。
時効の援用をする場合、相手に時効の援用をしたことを証明するために、内容証明郵便を用います。
調べ方としては、貸金業者に取引履歴を取り寄せてもらって最終の取引日を確認します。
旧住所から移転していても、住民票上の住所を移していない場合には、旧住所で公示送達によって訴訟を起こされて、時効が中断・更新している可能性がありますので、あわせて調べましょう。
借金の消滅時効についても、債務整理の一環として弁護士・司法書士が対応していますので相談してみましょう。

架空請求ではないかの確認をおこなう

中にはその内容が本当なのか疑わしいものもあります。
よくあるのが、法務省の名前を使って、あたかも裁判やそれに準じるような事件番号のようなものを使ってはがきで請求をしてくるものです。
内容が正しいものか、架空請求ではないかの確認をするようにしましょう。
調べ方としては、通知のはがきやDMの内容をインターネットで検索してみるのが良いでしょう。
電話番号を検索すれば、違法行為に利用されている電話なのかわかることが多いです。

期限内に支払いをする 

催告書や催促状が届いたら、速やかに支払いを済ませましょう。

返済方法は多くの場合、送られてきた書類に記載されています。
催告書や催促状は、滞っている返済を促す内容であるため、指示に従い支払いを済ませれば、それ以降特に問題がないケースがほとんどです。
資金に余裕があり、単に返済期限を忘れてしまっていたのであれば、期限内に支払いをすることで解決するでしょう。

届いた書類の内容に従って、支払いをすぐに行いましょう。

支払いができない場合は送付元に相談

どうしても支払いができない場合は、書類を無視するのではなく、送付元に連絡しましょう。

債権者によっては、相談することで減額してくれたり、支払い期限を延ばしてくれたりする場合があります。
現在、資金がなく、返済することが不可能だと正直に伝え、指示を待ちましょう。

契約内容によっては、遅延損害金などのペナルティが科せられる場合があります。

年金が払えないときには年金事務所に連絡

年金が払えないときには年金事務所に連絡をとって対応を協議しましょう。

国民年金保険料の支払いができない場合には免除・納付猶予の制度があり、これらを上手に利用して単なる未納を防ぐことで、未納となって将来年金がもらえなくなる事態を避けることが可能となります。

税金が払えない時は役所に相談

税金(国民健康保険も含む)の支払いができない場合には市区町村の役所に相談をしましょう。

税金は貸金のように裁判をしなくても直ちに強制執行をすることができるようになっています。

そのため、突然生活に使っている口座が凍結されるようなこともありえます。

また税金を延滞すると、延滞税が課せられます。

支払い方法についてきちんと相談をすれば、凍結をせずに延滞税がかからないようにしてくれるなどの配慮はしてくれます。

市区町村の税金相談では、生活状況と今後の納税に関する計画を話し合います。

現状支払えない部分を、どのように改善していくかを考え、支払えない場合でも定期的に連絡する旨を職員と確認します。

支払えないと、正直に相談することで、適切な処置を行ってもらえる場合もあります。
最悪の自体を避けるためにも、無視はしないようにしましょう。

弁護士・司法書士に相談し債務整理を検討

催告書、催促状が届いた際に、借金の支払いが期限の延期などでは解決できない場合には、債務整理を検討しましょう。
自分ひとりの力ではもうどうにもならない、という状況になってしまった場合に債務整理を利用することで、利息のカットや、原本の減額などを行うことができます。

まずは、自分の債務状況をもとに専門家に相談をしましょう。

債務整理とは

債務整理とは

債務整理とは国が認めた借金の減額方法です。
特に複数の業者から借入をおこない、利息が多く支払いが滞ってしまっている方は、検討する価値があります。

債務整理には4つの種類があります。
それぞれメリット・デメリットが存在するため、自分にあった方法を選択するのが重要です。
弁護士や司法書士などの専門家に相談し、自分に適した手段を検討しましょう。

それぞれ詳しく解説します。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

任意整理

任意整理とは、弁護士が債務者の代わりに債権者と話し合い、借金を軽減する方法です。
利息カットや支払期限の延長などをおこない、無理なく返済できるプランを組み立てます。

任意整理の特徴は、裁判所を通さない点です。
弁護士と債権者で直接交渉がおこなわれるため、面倒な手続きがなく、柔軟な対応が期待できます。
債務に関して同居している家族などに秘密にしている場合、任意整理なら債務整理をおこなっていると知られずに進められます。

債務整理の中では、最もハードルの低い方法といえるでしょう。

減額できるものは基本的に利息や、遅延損害金となり、
整理する債権者を選択することができるので柔軟な対応が可能です。

自己破産

自己破産は、返済がどうしても困難な場合、書類を裁判所に提出することで借金をゼロにしてもらえる制度です。
裁判所は提出された書類をもとに、債務者の資産や返済状況を確認し、免責許可するかを判断します。

自己破産が認められれば、支払いが不可能であることの証明になり、税金以外のすべての債務から解放されます。
自己破産したとしても生活は保障されますが、一部財産の処分などが義務付けられるため、慎重に検討しましょう。

また、すべての財産が差し押さえられるわけではなく、生活に必要な財産は所有を認められたり、職業を解雇されたりといった不利益は起こりません。

もちろんデメリットはあるものの、一般的なイメージとは異なり、
全ての財産を失うということはありません。

個人再生

個人再生は、裁判所に認めてもらうことで、最大で借金の90%が減額される制度です。
認められれば借金が大幅に減額されるものの、返済完了までの具体的な計画をまとめた、「再生計画案」を作成し、裁判所に提出しなければなりません。

任意整理などと比べて手間はかかりますが、大幅な減額を行った上で、自己破産と異なり財産を残すことが可能です。
借金の総額によっては、個人再生を検討してみましょう。
また、個人再生には、「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」があり、対象者が異なります。

債務額は大きいが、財産を残したいという時に最適な債務整理の方法となります。

特定調停

特定調停は、債権者との話し合いにより、借金を減額してもらう方法です。
任意整理と異なり、弁護士ではなく簡易裁判所が仲介役をつとめます。

特定調停の申し立ては、債権者の所在地を受け持っている簡易裁判所におこないます。
イメージとしては、任意整理を裁判所を通して行うという形です。
減額できるものも、任意整理と同じく利息や遅延損害金になりますが、債権者が応じてくれないケースも多く
現在ではあまり利用されていない方法です。

\専門家に相談しよう!/

実際に催告書が届いた方の口コミをご紹介!

お名前のイニシャル・年代・性別・居住地を教えてください。

YHと申します。30代男性愛知県在住です。            

借金を作ったエピソード・原因について教えて下さい。

時計を集めることが趣味で、資金もないのにローンを組んだりして購入していました。身の丈に合わない高級時計を6本ほど購入しクレジットカードのショッピング枠も全て使ってしまい、カードローンを契約してまで時計を購入していました。一種の時計依存症のような感じです。

どのようなタイミングで催告書が届きましたか?

クレジットカードの支払いを滞りそのまま2ヶ月ぐらいあとにハガキがきました。そのままきた催告書を無視していたら、自分の携帯電話に電話がかかって来るようになりました。カードローンも同じようなタイミングでした。

催告書が届いた際のお気持ち、生活の変化などについてお聞かせ下さい

とても苦しかったです。払うあてを色々考えたり、どうにかならないか頭の中はその事でいっぱいでした。時計を売る事も考えました。毎日かかってくる電話が日が経つに連れて回数が多くなりすごくストレスになりました。

催告書が届いた際、どのような対応をしましたか?

最初は無視していましたが、電話が頻繁にかかってくるようになりその苦しみとストレスで、催告書を集めては金額を計算し何とか返せないか、頭の中でいろいろ考えましt。また催告書は全て家族にバレないよう隠していました。   

その後、滞納していた借金についてどのように返済を行いましたか?

まず時計を一本だけ残しあとは全て売却しました。それでも返済に充てる金額には足りないので、恥ずかしいですが親に正直に言って残りの金額を出して貰いました。その際すごく怒られてもう二度としようと思いませんでした。

最後に、借金地獄に陥ってしまっている方へメッセージをお願いいたします。

私みたいな事にならないようにお金の管理はしっかりした方が良いです。借金は必ず返しましょう。長引くと悪くなる一方です

催告書、催促状が届いてもすぐに対応してはいけない場合

催告書、催促状が届いてもすぐに対応しては行けない場合

催告書や催促状が届いた場合、原則速やかに支払いをしなければなりません。
しかし、中にはすぐに対応してはいけないケースが存在します。

次のような時は、すぐに対応してはいけないため、注意しましょう。 

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

返済から5~10年経っている場合

借金には、最後の返済から一定期間が経過した場合、返済義務がなくなる「消滅時効」というシステムが存在します。
長い年月が経ってから催告書や催促状が届いたら、すぐに反応せず、時効が成立しているかどうか確認しましょう。

時効になっている債務に対し、返済を再開したり、こちらから債権者に連絡をしたりすることで、借金があると承認してしまうことになり、時効が中断、再び返済義務が発生する可能性があります。

5年以上の時間が経ってから届いた催告書、催促状は要注意です。

心当たりのない場合

心当たりのない借金について催告書や催促状が届いた場合は、慎重に対応しましょう。
安易に連絡を取ってしまうと、トラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

よくあるケースとしては、架空請求による詐欺です。
自分が借金をしているかよく考え、覚えがなければスルーしましょう。

念のため、しばらくの間は届いた書類を保管しておくと安心です。
何度も連絡がくるようであれば、弁護士などに相談してみましょう。 

違法な取り立ての場合

債権者からの取り立てであっても、対応してはいけない場合があります。
お金を貸す事業をおこなっている貸金業者などは、法律により、取り立て方法が厳密に定められています。

たとえ債権者であっても、どのような取り立て手段をとってもいいわけではありません。
明らかに通常とは異なる取り立てをされた場合は、違法の可能性があります。
疑わしい場合は、専門家に相談してみましょう。

催告書や催促状が届いた際に焦りすぎて、対応をしてしまうと思わぬ自体に発展する恐れがありますので上記に当てはまる場合には冷静に対応し、場合によっては専門家に相談しましょう!

\専門家に相談しよう!/

まずは弁護士・司法書士に相談しよう

まずは弁護士・司法書士に相談しよう

催告書、催促状が届いた際、返済が難しい場合や身に覚えがない場合、弁護士や司法書士に相談してみましょう。
弁護士や司法書士はこのようなトラブルの専門家です。

個人で判断が難しい問題に、適切な解決方法を示してくれます。
専門家に相談するメリットはたくさんあるため、迷ったらアドバイスを求めることをおすすめします。 

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

自分にあった適切な方法を選択できる

そもそもどのような方法を自分が選択するのがいいのか、その答えを専門的な立場から判断してくれます。
自分にあった適切な手段は、ケースによって異なるため、弁護士や司法書士に債務の状況を伝えて、指示をもらいましょう。
弁護士や司法書士の助言は、信頼のおける情報です。 

自分に変わって手続き、対応を行ってもらえる

お金の貸し借りに関する法律上の決まりには、個人が把握し理解するのが難しい内容も含まれています。
専門家に相談することで、自分に変わって手続きや対応をおこなってもらえます。
特に、債務整理をおこなうことになった場合は、弁護士や司法書士の助けなしでは厳しいといえるでしょう。 

手続き中の取り立てを停止できる

 専門家に相談することで、手続き中の取り立てを停止できます。
債権者との間に仲介役として入ってくれ、円滑に話をまとめてくれることに加え、
書類の作成や必要な手続きを請け負ってくれるため、心強い味方になるでしょう。

上述の通りお金に関する法律には、複雑なものも多く素人では間違ってしまう可能性も多分にありますので、専門家に相談することで安心して対応できるでしょう。

関連記事

専門家に依頼する前に自分でも、債務整理の方法について知っておきましょう。
債務整理とは?メリットやデメリット、おすすめの方法についてご紹介!では債務整理の方法毎に解説しておりますのでぜひ参考にしてみて下さい。

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所をご紹介!

債務整理におすすめの司法書士事務所をご紹介いたします。

弁護士法人 ライズ綜合法律事務所

ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件を超える債務整理の解決実績!
  • 契約前であれば何度でも相談無料!来所・電話・メール3つの方法で相談可能!
  • 弁護士費用の分割払いに柔軟な対応!安心して債務整理の依頼ができます。

\口コミ高評価!/

ライズ綜合法律事務所はこんなところ!

債務整理を始め様々な問題の相談において顧客満足度が高く、口コミが高評価の事務所です。
代表の田中泰雄弁護士は20年以上債務整理を行ってきており、実績、経験共に豊富で安心して依頼が可能です。
また、横浜・大阪にも事務所を構えており、アクセスの良さもライズ綜合法律事務所の強みとなっています。

主な費用

相談料金 契約前の相談は無料
全国対応 出張相談会有り(感染症のため現在は休止)
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の22%~
任意整理着手金:1社あたり0円~ ※借入金額による

ライズ綜合法律事務所について

本所所在地〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-1 ミナトビル 5階
対応業務債務整理、債権回収、離婚問題、交通事故...etc

\口コミ高評価!/

出典:https://risesogo.jp/

弁護士法人 大地総合法律事務所

大地総合法律事務所

大地総合法律事務所の特徴
  • ビデオ面談、電子契約を導入しており、コロナ禍に完全対応!
  • 迅速な対応・情熱的な交渉・チームワークを最重視!
  • 債務整理をはじめ、法務全般の業務に対応しており、安心して依頼が可能

\コロナ対策も万全!/

大地総合法律事務所はこんなところ!

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった借金問題の債務整理を得意としている弁護士事務所です。今まで数多くの多重債務者を救ってきており、主な取扱いは【任意整理】が多数。
迅速且つ、依頼者様を第一に考えた情熱的な交渉がポイントです。

大地総合法律事務所について

〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
対応業務債務整理、詐欺被害、誹謗中傷、交通事故...etc

\コロナ対策も万全!/

出典:https://daichi-lawoffice.com/

司法書士法人 はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 満足度95.2%! 債務整理、過払い金請求において40年。20万件の相談実績!
  • 相談・着手金は完全無料! 全国どこでも出張料金無料!
  • 手持ちがなくても催促停止! 費用の分割払いもOK!
\全国出張対応!/

はたの法務事務所はこんなところ!

はたの法務事務所は40年間、借金問題についての悩みを解決している人気の司法書士事務所です。
長年に渡る経験からご相談者様が抱える悩みを熟知しており、安心して相談をすることができます。
更に、相談料は何度でも無料で、借金についての悩みを気軽に相談することが可能です。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国出張料金 無料
過払い金報酬取り戻した過払い金額の20%   10万円以下の場合は12.8%
任意整理1社2万~+減額できた債務の金額の10%

はたの法律事務所について

所在地〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
\全国出張対応!/

出典:https://hikari-hatano.com/

弁護士法人 ひばり法律事務所(旧名村法律事務所)

弁護士法人 ひばり法律事務所
ひばり法律事務所の特徴
  • 東京大学法学部卒であり、25年以上のキャリアを積んでいる弁護士が在籍!
  • ご相談は全国に対応!全ての相談において相談料が無料!
  • 借金問題を最適な方法で解決! 過払い金にも対応しており、着手金は無料!

\相談受付・24時間年中無休!

ひばり法律事務所はこんなところ!

ひばり法律事務所は、以前名村法律事務所として活動しておられましたが、業務充実のために法人化をしています。
債務整理を主に扱っており、代表弁護士である名村泰三さんは25年以上のキャリアをお持ちの弁護士です。
「ひばり」には依頼者に早く春をお届けしたいという意味が込められており、迅速に問題解決へと導いてくれるでしょう。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国対応 可能
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の20%~
任意整理着手金、報酬金共:1社あたり22,000

ひばり法律事務所について

所在地東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応業務借金問題・サイト被害・離婚・相続など

\相談受付・24時間年中無休!/

出典:https://www.hibari-law.net/

まとめ

まとめ

催告書や催促状といった書類は、支払い期限が過ぎている状況を債務者に知らせる役割を持ちます。
催促状が返済の滞りを通達する第一報であることに対し、催告書は債権者が法的な措置を取る可能性を示唆しています。

催告書や催促状が届いた際は、速やかに支払いを済ませなければなりません。
事情があり支払いが困難な場合は、弁護士や司法書士に相談してみましょう。

専門家の力を借り、どのような手段を取るのがベストなのか考え、場合によっては債務整理を検討しましょう。

口コミ高評価!

当サイト債務アレンジおすすめ「ライズ綜合法律事務所」はGoogleの口コミにて★4つと高評価で満足度が高い事務所様となっております。レビューの数も61と多く、「とても親切だった」という声が多数です。
借金でお悩みの方は是非、「ライズ綜合法律事務所」にご相談下さい!

Q&A

債務整理にはどのような方法がありますか?
主に「任意整理」「自己破産」「個人再生」という3つの方法があります。
「任意整理」とは、借入先の貸金業者と和解をして、借金の金利を利息制限法の上限まで引き下げて再計算し払い過ぎていた利息があればその分を借金の元本に当て、減額した借金を3年~5年間で分割して返済していく方法です。
「自己破産」とは、「支払不能」の状態を裁判所に認めてもらい、法律上、借金の返済義務を無くす方法です。自己破産をすると原則として税金など以外のほぼ全ての借金の返済義務がなくなります。
「個人再生」とは、住宅等の資産を維持したまま,大幅に減額された借金を(最大1/10)、3年~5年間で分割して返済していく方法です。任意整理の減額幅では解決できないことに加え、住宅など何か残したい財産がある場合に利用する方法です。
債務整理のメリット・デメリットが知りたいです。
方法によってメリット・デメリットが異なりますが、共通するデメリットとしては信用情報機関に金融事故情報が登録されてしますことです。これは5~10年間ほど削除されることはなく、その間は信用取引全般が利用できなくなります。
しかし、借金が減額、免除されることを鑑みればそこまで大きなデメリットではないと感じる方も多いです。
共通するメリットとしては、やはり借金が減額、免除されることでしょう。
お金に余裕がなく節約生活を強いられること、返済が終わるまでかかってくる催促の電話などは、思っている以上に
ストレスとなってくるでしょう。そんな状況から抜け出し、新しい未来を踏み出すことができる状態が作れるということが最大のメリットでしょう。
債務整理の方法はどうやって決めるのか知りたいです。
債務整理の方法を決定する際には、借金の総額や収入、支出をもとに返済能力を判断するところから始めます。
あまりにも返済能力がない場合には自己破産を検討することが多いです。その上で、財産や依頼者の現在の情報をもとに自己破産が適切なのかどうか判断します。
自己破産には、財産がほぼ全て失われてしまうことや、職業制限などがデメリットとしてありますので、財産を残したい人や、特定の職業についている方にはおすすめできない方法となります。
例えば、家族がおり住宅を手放したくない人などは個人再生のを選択するなどです。
逆に、金利をなくし、分割払いにすることで月々の支払いを軽くすれば返済していくことができる方は任意整理を
行うことがほとんどです。
まとめますと、基準となるのは大きく、返済能力・依頼者の状況ということになります。
金融事故情報が登録されてしまうと、借金やクレジットカードの利用はできなくなりますか?

信用情報は審査をする際の与信判断の材料となりますので、登録されている間は借金の申込みや新規クレジットカード発行の申込みをしても審査に通らないことがほとんどです。
しかし、例外もあります。金融機関によっては事故情報の登録が削除される前であっても借金の審査に通ることもあるそうです。

債務整理の手続きにかかる期間が知りたいです。
結論:依頼する債務整理の内容によって異なります。
「任意整理」であれば、裁判所を介さず、貸金業者と直接やり取りをする方法になりますので、1番期間が短く4ヶ月~半年で完了できる場合がほとんどです。
「自己破産」「個人再生」手続きの場合には、裁判所を介する必要がありますので、半年~1年程度はかかってしまうでしょう。減額できる幅が大きい分、手続きも煩雑となります。
おすすめの記事