闇金・サラ金とは?闇金・サラ金からの借金を返せないとどうなる?

「サラ金から借りた借金が返済できない。」

こんな状況になると、その後どうなるのか?ということが気になります。

また借金をしている人の中には闇金から借金をしている人もいて、返せなくなったときに何がおきるのかを知りたい方もいます。

このページでは、闇金・サラ金などの言葉の意味とともに、その返済ができなくなった場合にどうなるか、適切な対応策にはどのようなものがあるのかについてお伝えします。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

闇金とは?サラ金とは?

闇金とは?サラ金とは?

まず、サラ金・闇金など貸金業者の種類について確認しましょう。

お金を貸す人の呼び方にはいろんな種類がありますね

サラ金とは一般的に消費者金融のことを指す

「サラ金」とは、一般的に貸金業者の中でも消費者金融のことを指す用語です。

「サラ金」という用語は法律用語ではありませんので、法律の中で使われることはありません。

「サラ金」の語源は、1950年代に消費者金融がサラリーマン金融、略してサラ金と呼ばれ始めたことが始まりです。

この頃の消費者金融は、利息が今よりもはるかに高く、さらに取り立てが非常に過酷であったため、返済に追われる生活のことを「サラ金地獄」と呼んでいました。

この言葉はあまりにもイメージが悪いため、「団地金融」「勤人信用貸」という言葉を定着させようとしましたが、定着しませんでした。

貸金業の業界からはサラ金と呼ばないように働きかけがあるのですが、高金利で過酷な取り立てが社会問題となった際に頻繁に利用されたこともあり、よく使用されることになりました。

なお、債務整理のことを「クレサラ」と呼ぶことがあるのですが、この「サラ」はサラ金のことを指します。

闇金とは法律の規制を守らない貸金業者

闇金とは、法律の規制を守らない貸金業者のことを指します

闇金と言ったり、ヤミ金とカタカナになったり、闇金融・ヤミ金融という表現をすることがありますが、これらはすべて同一の意味で利用されます。

お金を貸してその利息で収益をあげることを業務として行なうことを貸金業といいます。

貸金業を営むためには主に

  • 貸金業法
  • 利息制限法・出資法

を守る必要があります。

貸金業法では、貸金業を営むときに登録をすること、取り立てについては規制を守ることを要求します。

また、利息制限法・出資法では、貸付する際の上限利息を取り決めています。

闇金は、スポーツ新聞やSNSを利用して、いわゆるブラックリストとなって通常の借入ができない人にアプローチをして、利息制限法・出資法を超える違法な金利で貸付を行い、返済ができなくなると熾烈な取り立てを行います。

このような営業方法ですので、当然貸金業法上の登録をするはずもありません。

貸金業法違反と出資法違反には刑事罰が課せられるのですが、闇金はこれらを知った上でやっています。

闇金は、違法に手に入れた他人名義の携帯電話・スマートフォンと、他人名義の銀行口座を利用して取り立て・回収を行います。

携帯やスマートフォンのみで活動していることから、「090金融」と呼ばれることもあります。

その他の用語

その他の用語として次のようなものを知っておくと良いでしょう。

貸金業者

貸金業者とは、お金を貸してその利息で収益をあげることを業務として行なう業者をいいます。

サラ金はこれにあたるのはもちろん、銀行のカードローンもサラ金よりは低い利息で貸付しているものの、利息で営業していることにはかわりないので、貸金業者です。

また、クレジットカードを発行している信販会社も、そのクレジットカードでキャッシングでお金を貸しているので、貸金業者です。

住宅ローン・自動車ローン・医療ローンなど、様々な名目の借金がありますが、これらはすべて利息で収益をあげている以上、貸金業者といえます。

街金

サラ金・闇金に良く似た言葉に「街金(まちきん)」というものがあります。

街金とは、特定の地域のみにある中小の貸金業者を指す通称です。

その地域の繁華街などで営業しており、街の中にある金融業者という意味で「街金」と呼ばれています。

街金は小さいながらも正規の貸金業登録をしている業者です。

そのため、サラ金と同様に考えて良いでしょう。

商工ローン

商売をしている人を相手にお金を貸すタイプの貸金業者を商工ローンといいます。

相手を小規模の個人事業主や会社のオーナーに絞っているだけで、貸金業者には変わりありません。

商工ローンの特徴は、連帯保証人や担保・公正証書などを取得することで、法的に厳しい債権回収を可能にしている点です。

システム金融

システム金融とは、商売をしている人を相手に、手形などを担保にお金を貸す闇金をいいます。

闇金同様の利息制限法・出資法を超える利息で貸付を行うのですが、貸付時に手形を回収しているので、過酷な取り立てを行わずに手形を交換所にまわして回収をはかります。

金利が過酷なので手形の支払いための現金が用意できなくなり、不渡りを出して倒産に追い込まれるおそれのあるものです。

闇金と同様に考えて対応すべきです。

闇金とサラ金を見分ける3つのポイント

借入をするのが闇金なのかサラ金なのかを見分けるポイントには次の3つがあります。

連絡先が携帯電話か固定電話か

もっとも特徴的なのは、連絡先が携帯電話しかないのか、固定があるのかです。

闇金は逮捕を恐れて固定の拠点を構えることがないので、営業は携帯電話でのみ行います。

そのため、連絡先が携帯電話しかない場合や、携帯電話以外でもIP電話を利用しているような場合には、闇金であると判断してよいです。

貸金業登録に関する情報を確認する

貸金業を営むには登録が必要で、登録をすると貸金業登録番号が付与されます。

貸金業登録番号の表示がなかったり、表示されている番号が虚偽である場合には、闇金と判断してよいです。

ただ、中には貸金業登録をして闇金を行なう者もいますので、上述した電話番号や、後述する返済条件もあわせて参考にしましょう。

返済条件

闇金は返済条件にも特徴があります

サラ金は、返済については月に1回で、金利は年利で表示されています。

闇金は、週に1回程度の返済を要求され、金利は月利で表示するなどして低く見せることがあります。

返済スパンが短く・頻繁であるものは闇金と判断してよいでしょう。

 

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

返済できなくなったら?こんなにも違うサラ金と闇金

 

返済できなくなったら?こんなにも違うサラ金と闇金

もし返済できなくなったら…上の画像のような怖い人が出てくるのでしょうか?

サラ金・闇金に返済できなくなった際にどのような流れになるかを確認しましょう。

結論から言いますと画像のような怖い方が目の前に出てくるようなことはありませんので安心してください

サラ金の取り立て

サラ金の取り立ては主に

  • 督促
  • 裁判
  • 強制執行

という段階にわかれます。

督促

まずは督促が行われます

督促の方法としては、

  • 電話
  • 督促状
  • 直接訪問

によって行われます。

督促にも、入金忘れを促す程度の初期の督促と、いよいよ返済ができなくなったときの督促で担当部署がわかれており、後者の督促はかなり厳しい態度があることが想定されます。

自宅には定期的に督促状が届きます。

滞納期間が長くなると、赤い封筒に確認を促す文言が記載されているなど、心理的な圧迫が強いものも送られてくることになります。

連絡が全くとれないような場合には、自宅に訪問してくることもあります。

裁判

度重なる督促に対して全く返済も返答もしなければ、裁判が起こされます

裁判に先立って、一括して金銭を請求できるようにするために、期限の利益の喪失・代位弁済が行われます。

期限の利益の喪失とは、返済期日がきていない借金について支払いを拒むことができる「期限の利益」を喪失させるもので、これによって裁判で一括請求をすることが可能になります。

代位弁済とは、借金の保証会社となっている会社に弁済を行ってもらい、債権は支払った保証会社にうつるものをいいます。

裁判は通常どおり裁判所に起こされるものもありますが、支払督促という簡易の裁判手続きが利用されることもあります。

支払督促は知識がないと通常の督促が書留で来たもの、という認識をしてしまうことがあり、知らない間に裁判が終わり強制執行ができるようになるので注意しましょう。

 強制執行

裁判が終わると強制執行が行われます。

サラ金の強制執行は、おもに借金をする際に記入した勤務先からの給与に対して行われます。

給与が差押えられると、給与の1/4相当の額を会社は裁判所から指定された先に振り込まなければなりません。

手取りが減る上に、会社には借金が払えない状態なのがわかることになるので、できれば避けるべきでしょう。

闇金の取り立て

闇金の取り立ては、基本的には電話でできる嫌がらせを続ける、ことです。

電話

電話による厳しい取り立てを行います。

もちろんサラ金などの貸金業者が行なうような、厳しいといっても丁寧なものではなく、脅迫するような内容のものです。

そして、貸金業法では禁止されている、勤務先や親族など第三者に対しても執拗に行われます。

また、貸金業法等で規制されている午後9時から午前8時までの間にも間断なく取り立ての電話を行ってきます。

嫌がらせ

電話のみではなく、次のような嫌がらせを行います

  • ピザ・寿司などのデリバリーを大量に注文する
  • 110番・119番通報を行なう

直接訪問など逮捕の危険があることはしない

直接訪問など逮捕の危険があることは行いません

闇金はグループでおこなわれ、一人が逮捕されると芋づる式に複数の人が逮捕され、場合によってはその上部の暴力団組織なども検挙の対象となります。

そのため、昨今の闇金はなるべく逮捕されないように、電話でできる嫌がらせのみを行なうという特徴があります。

自宅に乗り込んでくる、性風俗業での勤務を強要される、というイメージがある方も多いのですが、これらはドラマの中の話で、実際にはこのようなことは行われません。

裁判・強制執行も行わない

裁判・強制執行も行われません

上述したとおり、闇金は逮捕されることを恐れるので、身分を明かしてする必要のある裁判を行なうことはありません。

また、そもそも闇金には何も返済する必要がないとされているので、裁判をしても負けるのです。

以上のように、できないことも多いのですが、とはいえ電話での督促は親族や職場での人間関係を破壊するほどのものなので、きちんと対応する必要があります。

銀行口座や携帯電話の送付には絶対応じてはいけない

闇金は返済できなくなった債務者に対して、返済を免除するかわりに銀行口座を新しく契約して、キャッシュカードと通帳を送るように提示したり、代金は払うので携帯電話を契約して送付するように指示してくることがあります。

このように手に入れた銀行口座や携帯電話は、闇金を営業するのに利用されます。

返済が免除されるのでラッキーくらいでこれを行なうと、なんと闇金の共犯として警察に摘発されることがあるのです。

絶対に銀行口座や携帯電話・スマートフォンは送付してはいけません

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

闇金・サラ金に返済できなくなった場合の対応方法

闇金・サラ金に返済できなくなった場合の対応方法

では、闇金・サラ金に返済できなくなった場合の対応方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

いくつか方法をお伝えしますが根本的な解決には債務整理が一番です

闇金・サラ金と話し合う

一時的に返済できないだけなのであればサラ金とは話し合うことも有効です。

たとえば、家賃の更新・自動車の車検・スマートフォンが故障して買い換える必要がある、というようなことが原因で一時的に返済できないことがあります。

サラ金などの貸金業者の場合には、いったん利息のみの返済にとどめてくれるなどの、一時的な対応をしてくれることがあります。

サラ金に関しては話し合うことも有効です。

闇金に関しては、否応なく督促・嫌がらせをするだけなので意味がありません。

借り換え・おまとめローン

利息の低い銀行などに借り換えたり、おまとめローンを利用するのは、利息を下げる効果があります。

これらは場合によっては月々の返済を軽くすることもあるので有効です。

しかし、金利の低い銀行などの借入ですので審査が厳しく、借金返済ができなくなっているような場合には、利用できないことが多いと考えておきましょう。

闇金に関しては返済する必要がないのですが、督促・嫌がらせに対応する必要があるので、別途の対応が必要です。

債務整理

債務整理を行います

債務整理には主に

  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生

というものがあり、借金の額と収支の状況・その人の希望などに応じて適切な手続きを選んで、借金への対応をします。

サラ金に借りている場合には、債務整理を弁護士・司法書士に依頼することで、督促が止むという効果もあり、精神的な落ち着きを取り戻せます。

闇金に関しても弁護士によって犯罪に使われている携帯電話や口座の利用停止・凍結の措置をとってもらって、解決するのが良いです。

 警察

闇金は犯罪なので、であれば警察に相談して対応してもらうことも検討できます。

地域の警察署にある生活安全課に相談をすれば、闇金からの電話に出てくれて、督促の中止を警告してくれることが期待できます。

ただ、闇金は他人名義の携帯電話・スマートフォン・銀行口座をつかって営業しているので、実態をつかみにくく逮捕・検挙が非常に難しいです。

そのため、警察によっては「民事不介入」としてとりあってくれないこともあるようです。

また、一時的な対応しかしてもらえず、闇金からの督促が終わるまで、きちんと対応してくれない可能性があります。

闇金から借りた場合には弁護士に依頼すべきです。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

過払い金請求におすすめの弁護士・司法書士事務所

弁護士法人 ライズ綜合法律事務所

ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件を超える債務整理の解決実績!
  • 契約前であれば何度でも相談無料!来所・電話・メール3つの方法で相談可能!
  • 弁護士費用の分割払いに柔軟な対応!安心して債務整理の依頼ができます。

\口コミ高評価!/

ライズ綜合法律事務所はこんなところ!

債務整理を始め様々な問題の相談において顧客満足度が高く、口コミが高評価の事務所です。
代表の田中泰雄弁護士は20年以上債務整理を行ってきており、実績、経験共に豊富で安心して依頼が可能です。
また、横浜・大阪にも事務所を構えており、アクセスの良さもライズ綜合法律事務所の強みとなっています。

主な費用

相談料金 契約前の相談は無料
全国対応 出張相談会有り(感染症のため現在は休止)
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の22%~
任意整理着手金:1社あたり0円~ ※借入金額による

ライズ綜合法律事務所について

本所所在地〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-1 ミナトビル 5階
対応業務債務整理、債権回収、離婚問題、交通事故...etc

\口コミ高評価!/

出典:https://risesogo.jp/

弁護士法人 大地総合法律事務所

大地総合法律事務所

大地総合法律事務所の特徴
  • ビデオ面談、電子契約を導入しており、コロナ禍に完全対応!
  • 迅速な対応・情熱的な交渉・チームワークを最重視!
  • 債務整理をはじめ、法務全般の業務に対応しており、安心して依頼が可能

\コロナ対策も万全!/

大地総合法律事務所はこんなところ!

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった借金問題の債務整理を得意としている弁護士事務所です。今まで数多くの多重債務者を救ってきており、主な取扱いは【任意整理】が多数。
迅速且つ、依頼者様を第一に考えた情熱的な交渉がポイントです。

大地総合法律事務所について

〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
対応業務債務整理、詐欺被害、誹謗中傷、交通事故...etc

\コロナ対策も万全!/

出典:https://daichi-lawoffice.com/

司法書士法人 はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 満足度95.2%! 債務整理、過払い金請求において40年。20万件の相談実績!
  • 相談・着手金は完全無料! 全国どこでも出張料金無料!
  • 手持ちがなくても催促停止! 費用の分割払いもOK!
\全国出張対応!/

はたの法務事務所はこんなところ!

はたの法務事務所は40年間、借金問題についての悩みを解決している人気の司法書士事務所です。
長年に渡る経験からご相談者様が抱える悩みを熟知しており、安心して相談をすることができます。
更に、相談料は何度でも無料で、借金についての悩みを気軽に相談することが可能です。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国出張料金 無料
過払い金報酬取り戻した過払い金額の20%   10万円以下の場合は12.8%
任意整理1社2万~+減額できた債務の金額の10%

はたの法律事務所について

所在地〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
\全国出張対応!/

出典:https://hikari-hatano.com/

弁護士法人 ひばり法律事務所(旧名村法律事務所)

弁護士法人 ひばり法律事務所
ひばり法律事務所の特徴
  • 東京大学法学部卒であり、25年以上のキャリアを積んでいる弁護士が在籍!
  • ご相談は全国に対応!全ての相談において相談料が無料!
  • 借金問題を最適な方法で解決! 過払い金にも対応しており、着手金は無料!

\相談受付・24時間年中無休!

ひばり法律事務所はこんなところ!

ひばり法律事務所は、以前名村法律事務所として活動しておられましたが、業務充実のために法人化をしています。
債務整理を主に扱っており、代表弁護士である名村泰三さんは25年以上のキャリアをお持ちの弁護士です。
「ひばり」には依頼者に早く春をお届けしたいという意味が込められており、迅速に問題解決へと導いてくれるでしょう。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国対応 可能
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の20%~
任意整理着手金、報酬金共:1社あたり22,000

ひばり法律事務所について

所在地東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応業務借金問題・サイト被害・離婚・相続など

\相談受付・24時間年中無休!/

出典:https://www.hibari-law.net/

まとめ

このページでは、闇金とサラ金の違いを中心にお伝えしてきました。

同じような語感ですが、消費者金融の通称であるサラ金と、違法な貸金業者である闇金では、明らかな違いがあり、闇金に返済できなくなると社会的信頼を失います。

なるべく早めに弁護士・司法書士に相談するようにしましょう。

おすすめの記事