過払い金請求のデメリット!請求にかかる期間についてご紹介!

過払い金」とは、簡単にいうと、過去に支払い過ぎた利息のことを意味します。

貸金業法等の改正により、過払い金の発生件数は大きく減少しましたが、それでもまだ取引期間などによっては、過払い金が発生している可能性があります。

もっとも、「過払い金の有無を確認する方法は?」「過払い金を請求するデメリットは?」といった疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、過払い金の調査方法や過払い金請求のデメリット・メリットを中心にわかりやすく解説します。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

過払い金の仕組み・過払金返還請求にかかる期間

過払い金の仕組みについて

過払い金は、利息制限法が定める上限利率を超える利率で取引をすることによって発生するものです。

現在では、貸金業法等の改正により規制が強化されたため、貸金業者の多くは利息制限法が定める利率の範囲で取引を行っています。

ですが、以前は、いわゆる「グレーゾーン金利」が存在したため、利息制限法が定める利率を超える利率で取引をする貸金業者が少なくありませんでした。

グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利とは、利息制限法が定める上限金利と出資法が定める上限金利の間にある金利のことをいいます。

利息制限法では、貸し付ける金銭に応じて、上限金利が15~20%と定められています。

これに対し、改正前の出資法では、上限金利が29.2%と定められており、これを超えないかぎりは刑事罰の対象とはなりませんでした。

以上からもわかるように、利息制限法と出資法がそれぞれに定める上限金利の間に差が生じており、これが「グレーゾーン金利」と呼ばれるものです。

以前は、グレーゾーン金利が存在したために、利息制限法の上限金利を超えて、出資法の上限金利の範囲で取引をする貸金業者等が多くを占めていました。

過払い金の調査方法

過払い金の調査方法

過払い金の有無は、以下のような調査方法で確認することができます。

無料診断の利用

インターネット上で「過払い金 計算」などと検索すると、過払い金の有無を無料診断してくれるサイトが多数出てきます。

サイトによって違いはあるものの、取引をした時期や取引時の金利、完済から現在に至るまでの年数などを入力するだけで、過払い金の有無を大まかに調べることが可能です。

もっとも、無料診断による結果は、あくまで一つの目安に過ぎないため、詳しい調査を行うかどうかの判断材料として利用することをおすすめします。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

専用ルールを使って計算する

過払い金の額は、それまでの取引履歴を基に、利息制限法所定の利率に引き直すことによって算出します(「引き直し計算」といいます。)。

インターネットでは、引き直し計算専用のツールが無料で提供されています

また、本人であれば、貸金業者等から簡単に取引履歴を入手できるため、専用ツールを使って引き直し計算をすることができます。

専門家に相談・依頼する

弁護士などの専門家に依頼すれば、取引履歴の開示請求から引き直し計算まで、すべて専門家が対応してくれます。

他の2つの方法とは異なり、専門家に対する費用が発生しますが、他の2つの方法よりも、より正確な過払い金の額を知ることができます。

 過払い金返還請求にかかる期間

過払い金返還請求にはどの程度の期間が必要なのでしょうか。

過払い金請求をする場合には、法律相談をして依頼をして、相手から取引履歴を取り寄せてそれを弁護士が計算をして、相手と交渉をして、そこから弁護士のところに入金され、それを依頼者に返還するというのが大まかな流れになります。

もちろん任意の請求に応じない場合には訴訟を起こすことにもなります。

法律相談から手元にお金が入るまで、少なくとも6ヶ月程度~を見ておく必要があることを知っておきましょう。

急いで交渉をしてもらったり、入金を促したりすると、貸金業者のほうで「急いでいるならもっと少ない金額で良いか?」と足元を見られることにもなりかねないので注意が必要です。

過払い金請求のデメリットは?

過払い金請求のデメリットは?

過払い請求には、以下のようなデメリットが伴います。

信用情報機関(ブラックリストに登録されてしまう)

過払い金請求をしたからといって、必ずブラックリストに登録されるということではありません。

ブラックリストに登録されるのは、引き直し計算後に債務が残っている場合です。

信用情報機関によって多少の違いはあるものの、引き直し計算後に債務が残っている場合は債務整理をしたものと判断され、その旨がブラックリストに登録される可能性が高いです。

ブラックリストに登録されてしまうと、本人は以下のようなデメリットを受けることになります。

新たな借り入れができなくなる

ブラックリストに登録されている間は、経済的な信用を失うため、新たに借り入れやローン(住宅ローンや自動車ローンなど)の申し込みをしても、その審査に通りにくくなります

信用情報機関によって違いはありますが、登録期間はおよそ5年間とされているため、新たに借り入れをするためには、信用情報機関から事故情報がなくなるのを待つしかありません。

クレジットカードを利用できなくなる

過払い金の請求先がクレジットカード会社である場合、そのクレジットカードは利用できなくなります。

それ以外のクレジットカードについても、カードの更新時においてブラックリストに登録されていると、更新を拒否される可能性が高いです。

携帯電話の端末を分割で購入できなくなる

携帯電話を購入する場合、その機種によっては本体の価格が高額になることが少なくありません。

そのため、分割払いで本体を購入する人も多いと思いますが、分割払いはローン契約の一種とみることができるため、ブラックリストに登録されると、分割払いで本体を購入することができなくなります

なお、一括払いで本体を購入することは可能です。

保証人になることができなくなる

ブラックリストに登録されると、保証人になることが難しくなります

たとえば、多額の金銭を借り入れる場合や住宅ローンを組むような場合に、保証人を求められる場合があります。

このような場合、金銭を貸し付ける金融機関は、審査の一環として保証人になろうとする者の信用情報を信用情報機関に照会します。

その結果、保証人になろうとする者の事故情報が信用情報機関に登録されていると、支払能力に問題があると判断され、審査に通らない可能性が高いといえるでしょう。

ブラックリストに登録されない場合もある?

ブラックリストに登録されない場合もある?

過払い金請求をした場合であっても、ブラックリストに登録されないケースもあります。

具体的には、完済した後に過払い金を請求した場合は、ブラックリストに登録されません

もっとも、キャッシングとは別にショッピング枠を利用している場合には注意が必要です。

その場合、ショッピング枠についても完済していることが条件となるため、キャッシング枠については完済しているものの、ショッピング枠について債務が残っている場合には、ブラックリストに登録される可能性が高いです。

また、完済する前に過払い金を請求した場合において、引き直し計算を行った結果、借金が完済されていることが判明したときは、ブラックリストに登録されない可能性が高いといえます。

もっとも、金融機関によっては、過払い金請求をした時点で、債務の有無を問わず、事故情報としていったんブラックリストに登録するところもあります。

この場合でも、引き直し計算により借金が完済されていることが判明すると、事故情報は削除されることが一般的です。

自力で行うことは難しい

過払い金請求は、自分で対応することも可能ですが、以下のようなデメリットがあるため、おすすめすることはできません。

自分にとって不利な結果を招く可能性がある

過払い金請求をするためには、その前提として、金融機関から取引履歴を開示してもらい、それを基に引き直し計算をしなければなりません。

過払い金請求に慣れている人は多くはないため、自分で対応しようとすると、多くの時間と労力を割く必要があります。

それだけでなく、過払い金を請求した後も金融機関と直接交渉をしなければなりません。

金融機関は、過払い金の交渉事に慣れているため、自分で対応しようとすると、金融機関に有利になるように交渉を進められる可能性が高いです。

その結果、予想以上に低い金額で和解をさせられる可能性があります。

家族や勤務先にバレる可能性がある

自分で対応する場合には、当然ながら交渉の窓口は本人になります。

交渉を行う際には、電話を使うことが多いため、その会話を家族や勤務先に聞かれてしまう可能性があります。

また、電話がつながらない場合には、自宅に封書が届く可能性もあり、それが原因となって家族にバレてしまう可能性があります。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

 

過払い金返還請求ができる条件・請求できる期間について

過払い金返還請求ができる条件・請求できる期間について

過払い金請求をすることができる条件はあるのでしょうか?

過払い金返還請求ができる条件・請求できる期間について確認しましょう。

2010年6月17日以前から借り入れをしている

2010年6月17日以前から借り入れしていることが条件の一つです。

これは出資法が改正され施行されて、今の利息になったのが2010年6月18日からだからで、これ以降は過払い金が発生しないからです。

借金完済から10年以内

借金完済から10年以内に行うことも条件です。

その理由は次項で述べますように過払い金には時効があるからです。

過払い金の時効

過払い金は不当利得返還請求権(民法703条)という請求権を根拠に請求できるものです。

不当利得返還請求権は債権の一種類として時効にかかります。

当時の法律に基づくと過払い金は10年で時効にかかるため、借金完済から10年以内に行う必要があります。

\専門家に相談しよう!/

過払い金請求のメリットは?

過払い金請求のメリットは?

過払い金請求には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

以下で具体的に見ていきましょう。

過払い金が戻ってくる

引き直し計算をした結果、既に借金を完済していることが判明し、そのうえで過払い金が発生しているケースがあります。

この場合には、過払い金請求をすることにより、過払い金が戻ってくる可能性が高いです。

もっとも、債権者によっては、過払い金を任意で返還しないところもあり、その場合は訴訟を起こして過払い金の返還を求めることになります。

訴訟を起こすためには、一定の書類を作成・収集する必要があるため、どうしてもそこに時間がかかってしまいますが、請求した過払い金の全額が戻ってくる可能性が高いといえます。

これに対し、債権者と裁判外で和解が成立するケースもあります。

その場合、過払い金の全額が戻ってくる可能性は低く、請求額(過払い金総額)の1割~4割程度しか戻ってこないケースが多いといえます。

借金が減る可能性がある

引き直し計算をした結果、借金を完済するまでには至っていないケースもあります。

この場合、債権者から過払い金を取り戻すことはできませんが、払い過ぎた利息分が存在するため、その分を元本に充てることで借金が減る可能性があります

借金を完済している場合の過払い金請求のデメリット・メリット

借金を完済している場合の過払い金請求のデメリット・メリット

借金を完済しているときに過払い金請求をするデメリット・メリットについて確認してみましょう。

借金を完済している場合に過払い金請求をするデメリット・メリットには次のようなものがあります。

借金を完済している場合の過払い金請求のデメリット

自分で請求する場合には、過払い金の計算・交渉をする訴訟を提起するなどの負担があるのがデメリットです。

弁護士に依頼をすれば費用もかかります。

 借金を完済している場合の過払い金請求メリット

完済をしているケースでは、いわゆるブラックリストにならずに請求できるのが確実であるというメリットがあります。

\専門家に相談しよう!/

借金を返済中の場合に過払い金請求をするデメリット・メリット

借金を返済中の場合に過払い金請求をするデメリット・メリット

借金返済中に過払い金請求するデメリット・メリットも確認しておきましょう。

借金を返済中に過払い金請求をするデメリット・メリットには次のようなものがあります。

借金を返済中の場合の過払い金請求のデメリット

借金を返済中の場合には、過払い金請求をした結果、残債務より少ない場合には、相殺した残額の任意整理となります。

そのため、ブラックリストとなるデメリットがあります。

借金を返済中の場合の過払い金請求のメリット

一方で借金を返済中に過払い金請求をするメリットは、過払い金のほうが多い場合にはお金が返してもらえるのはもちろん、過払い金のほうが少ない場合には任意整理として元金のみを分割返済することができ、利息・遅延損害金をカットしてもらうことが可能です。

返済中の借金・返済が完了している借金の両方がある場合のデメリット・メリット

返済中の会社と返済が完了している会社両方がある場合には、どの会社と交渉するかをよく考える必要があるというデメリットがあります。

一方で返済が完了した会社のみ請求をするなどの戦略をたてられるメリットもあります。

\専門家に相談しよう!/

過払い金請求自分で行うデメリット・メリット

過払い金請求自分で行うデメリット・メリット

自分で過払い金請求をする場合のデメリット・メリットはどのようなものでしょうか。

過払い金請求を自分で行う場合のデメリット・メリットを考えてみましょう。

過払い金請求する自分で行うデメリット

過払い金請求を自分で行うデメリットとしては、取引履歴の取り寄せ、引き直し計算、貸金業者との交渉、訴訟といったことを全部自分で行う必要があることが挙げられます。

過払い金請求する自分で行うメリット

過払い金請求を自分で行うメリットとしては、弁護士・司法書士に対する費用を払わなくてすむことです。

\専門家に相談しよう!/

任意交渉・裁判を行って過払い金請求をするデメリットとメリット

任意交渉・裁判を行って過払い金請求をするデメリットとメリット

過払い金を任意交渉で取り戻す・訴訟で取り戻すどちらにも一長一短があります。

過払い金請求を任意交渉・裁判を行なってすることのデメリット・メリットをそれぞれ考えてみましょう。

任意交渉で過払い金請求をするデメリット・メリット

任意交渉で過払い金請求をする場合のデメリットは、過払い金として返ってくるお金が少ないことが挙げられます。

一方で返ってくるまでの期間が短いことは任意交渉で過払い金請求をするメリットです。

裁判で過払い金請求をするデメリット・メリット

裁判を起こして過払い金請求をするデメリットは、どうしても期間・裁判費用がかかるということになります。

一方で、裁判を起こして過払い金請求をするメリットとしては、返してもらうことができる金額があがることにあります。

\専門家に相談しよう!/

クレジットカードの過払い金請求をする際の注意点

クレジットカードの過払い金請求する注意点

クレジットカードをつくったときにキャッシング枠を利用していた場合にも過払い金が発生する可能性はあります。

ただし、クレジットカードで購入したショッピング残とも相殺されますし、過払い金請求をした後はそのクレジットカードを利用することができないという注意点もあります。

\専門家に相談しよう!/

弁護士・司法書士に過払い金請求を依頼した場合のデメリット・メリット

弁護士・司法書士に過払い金請求を依頼した場合のデメリット・メリット

弁護士・司法書士に依頼するときのデメリット・メリットについても確認しましょう

弁護士・司法書士に過払い金請求を依頼した場合のデメリット・メリットについて確認しましょう。

弁護士・司法書士に依頼した場合のデメリット

弁護士・司法書士に依頼をすると、どうしても報酬が必要になります。

ただ、相談料は無料のところがほとんどですし、報酬も貸金業者から取り戻した額の中から差し引かれることが多いので、依頼当初はお金がかからないことが多いです。

弁護士・司法書士に依頼した場合のメリット

弁護士・司法書士に依頼すれば、取引履歴の取り寄せ、過払い金の計算、相手との交渉などすべてを任せてしまえるのがメリットです。

過払い金請求を行った方の口コミをご紹介!

お金との向き合い方を見直すきっかけに

専門的な人に専門的なアドバイスと対処をしてもらえたことで大損をすることがなくお金のあり方を見直すキッカケを与えられたのが良かったというのが正直な感想です。
厳しいお言葉ももらいましたがそれにより自分自身がお金に関してとんでもない方向に進もうとしていたのを気づかされました。

自分では気づかないうちに必要以上のお金を払っている場合があります。
特にお金に目がくらんでいたり物事をしっかり考えられない状態にある人は要注意だと思いますが「あれ?おかしい」と少しでも気になった場合はそれを追究した方がいいです。
自分でどうにでもできないことを専門家に相談することは恥でも何でもないです。

Q&A

依頼する際に必要な資料があれば教えてください。
依頼前の相談の際に、過払い金がどのくらい発生しているかの見通しを立てる必要があります。そのため、契約内容や、取引状況を確認できるとスムーズにお話を進めてもらえます。以下に必要な書類をいくつか上げましたので参考にしてください。
契約書(契約が複数ある場合には全ての契約の契約書) 取引明細書 振込明細書
過払い金請求にはどのくらいの期間がかかりますか?
過払い金の請求には、下記4つのステップを経る必要があります。
1.取引履歴の開示→引き直し計算
2.返還請求
3.和解交渉→成立
4.返還
まず、借入先の業者へ取引履歴の開示を請求します。これは貸金業者により異なりますが、弁護士に依頼してから通常1~3ヵ月間で開示されます。その後弁護士により利息制限法に基づき引き直し計算が行われます。
引き直し計算をもとに、借入先に過払い金の返還を請求→和解交渉を行い、和解が成立すれば過払い金が返還されることになります。
弁護士に依頼→過払い金が返還されるまでの期間は合計で3~6ヵ月間となります。
しかし、場合によっては訴訟に発展する場合もあります。ですので6ヵ月~1年間ほど時間がかかってしまうケースもあります。
過払い金請求を行うと、信用情報に傷が付いてしまいますか?
基本的には過払い金の請求によって、信用情報機関に情報が登録されることはありません。
しかし、借金を返済中に過払い金請求をした場合で、債務が残ってしまった場合には、情報が登録されてしまう場合があります。そうなった場合、信用取引が利用ができなくなります。
過払い金請求をしたくない業者を省いて依頼することはできますか?
過払い金請求は裁判所を介さないので、整理の対象とする相手を選択することが可能です。
過払い金を返還請求すれば、借金が無くなることが分かっている業者に対してのみ返還請求を行うなど、柔軟な対応が可能です。

過払い金請求におすすめの弁護士・司法書士事務所

弁護士法人 ライズ綜合法律事務所

ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件を超える債務整理の解決実績!
  • 契約前であれば何度でも相談無料!来所・電話・メール3つの方法で相談可能!
  • 弁護士費用の分割払いに柔軟な対応!安心して債務整理の依頼ができます。

\口コミ高評価!/

ライズ綜合法律事務所はこんなところ!

債務整理を始め様々な問題の相談において顧客満足度が高く、口コミが高評価の事務所です。
代表の田中泰雄弁護士は20年以上債務整理を行ってきており、実績、経験共に豊富で安心して依頼が可能です。
また、横浜・大阪にも事務所を構えており、アクセスの良さもライズ綜合法律事務所の強みとなっています。

主な費用

相談料金 契約前の相談は無料
全国対応 出張相談会有り(感染症のため現在は休止)
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の22%~
任意整理着手金:1社あたり0円~ ※借入金額による

ライズ綜合法律事務所について

本所所在地〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-1 ミナトビル 5階
対応業務債務整理、債権回収、離婚問題、交通事故...etc

\口コミ高評価!/

出典:https://risesogo.jp/

弁護士法人 大地総合法律事務所

大地総合法律事務所

大地総合法律事務所の特徴
  • ビデオ面談、電子契約を導入しており、コロナ禍に完全対応!
  • 迅速な対応・情熱的な交渉・チームワークを最重視!
  • 債務整理をはじめ、法務全般の業務に対応しており、安心して依頼が可能

\コロナ対策も万全!/

大地総合法律事務所はこんなところ!

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった借金問題の債務整理を得意としている弁護士事務所です。今まで数多くの多重債務者を救ってきており、主な取扱いは【任意整理】が多数。
迅速且つ、依頼者様を第一に考えた情熱的な交渉がポイントです。

大地総合法律事務所について

〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
対応業務債務整理、詐欺被害、誹謗中傷、交通事故...etc

\コロナ対策も万全!/

出典:https://daichi-lawoffice.com/

司法書士法人 はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 満足度95.2%! 債務整理、過払い金請求において40年。20万件の相談実績!
  • 相談・着手金は完全無料! 全国どこでも出張料金無料!
  • 手持ちがなくても催促停止! 費用の分割払いもOK!
\全国出張対応!/

はたの法務事務所はこんなところ!

はたの法務事務所は40年間、借金問題についての悩みを解決している人気の司法書士事務所です。
長年に渡る経験からご相談者様が抱える悩みを熟知しており、安心して相談をすることができます。
更に、相談料は何度でも無料で、借金についての悩みを気軽に相談することが可能です。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国出張料金 無料
過払い金報酬取り戻した過払い金額の20%   10万円以下の場合は12.8%
任意整理1社2万~+減額できた債務の金額の10%

はたの法律事務所について

所在地〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
\全国出張対応!/

出典:https://hikari-hatano.com/

弁護士法人 ひばり法律事務所(旧名村法律事務所)

弁護士法人 ひばり法律事務所
ひばり法律事務所の特徴
  • 東京大学法学部卒であり、25年以上のキャリアを積んでいる弁護士が在籍!
  • ご相談は全国に対応!全ての相談において相談料が無料!
  • 借金問題を最適な方法で解決! 過払い金にも対応しており、着手金は無料!

\相談受付・24時間年中無休!

ひばり法律事務所はこんなところ!

ひばり法律事務所は、以前名村法律事務所として活動しておられましたが、業務充実のために法人化をしています。
債務整理を主に扱っており、代表弁護士である名村泰三さんは25年以上のキャリアをお持ちの弁護士です。
「ひばり」には依頼者に早く春をお届けしたいという意味が込められており、迅速に問題解決へと導いてくれるでしょう。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国対応 可能
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の20%~
任意整理着手金、報酬金共:1社あたり22,000

ひばり法律事務所について

所在地東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応業務借金問題・サイト被害・離婚・相続など

\相談受付・24時間年中無休!/

出典:https://www.hibari-law.net/

まとめ

過払い金請求には、メリットもある反面デメリットもあります。
そのため、過払い金請求を検討する際には、自分が受けるデメリットの内容をきちんと理解しておくことが必要です。

また、実際に過払い金請求をする場合には、取引履歴の開示請求や引き直し計算、金融機関との交渉などが必要となるため、自分で対応するには難易度の高い手続きです。

過払い金に関する問題は、弁護士などの専門家に相談しながら解決を図ることをおすすめします。

口コミ高評価!

当サイト債務アレンジおすすめ「ライズ綜合法律事務所」はGoogleの口コミにて★4つと高評価で満足度が高い事務所様となっております。レビューの数も61と多く、「とても親切だった」という声が多数です。
借金でお悩みの方は是非、「ライズ綜合法律事務所」にご相談下さい!

おすすめの記事