過払い金請求のデメリットを解説!実際に行った方の口コミもご紹介!

過払い金」とは簡単にいうと、過去に支払い過ぎた利息のことを意味します。

貸金業法等の改正により、過払い金の発生件数は大きく減少しましたが、それでもまだ取引期間などによっては発生している可能性があります。

払いすぎた利息が戻ってくるというメリットがある一方、「過払い金請求をするデメリットはないの?」といった疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

そこで今回は過払い金返還請求のデメリットを中心に解説させていただきたいと思います。

なお、そもそも過払い金とは何なのか?詳しい仕組みや実際に返還請求をする方法等については下記記事で解説してるので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

過払い金請求のデメリットは?

過払い金請求のデメリットは?

過払い金の請求には以下のようなデメリットが伴います。

信用情報機関に登録(ブラックリスト)される可能性がある

過払い金請求をしたからといって、必ずブラックリストに登録されるということではありません。

ブラックリストに登録されるのは、引き直し計算後に債務が残っている場合です。

信用情報機関によって多少の違いはあるものの、引き直し計算後に債務が残っている場合は債務整理をしたものと判断され、その旨がブラックリストに登録される可能性が高くなります。

ブラックリストに登録されてしまうと、以下のようなデメリットを受けることになります。

新たな借り入れやカード発行ができなくなる

ブラックリストに登録されている間は経済的な信用を失うため、新たに借り入れやローン(住宅ローンや自動車ローンなど)の申し込みをしても審査に通りにくくなります

信用情報機関によって違いはありますが、登録期間はおよそ5年間とされているため、新たに借り入れをするためには、信用情報機関から事故情報がなくなるのを待つしかありません。

また、クレジットカードについても新規発行や、カードの更新時においてブラックリストに登録されていると、更新を拒否される可能性が高くなります。

携帯電話の端末を分割で購入できなくなる

携帯電話を購入する場合、その機種によっては本体の価格が高額になることが少なくありません。

そのため、分割払いで本体を購入する人も多いと思いますが、分割払いはローン契約の一種とみることができるため、ブラックリストに登録されると、分割払いで本体を購入することができなくなります

なお、一括払いで本体を購入することは可能です。

保証人になることができなくなる

ブラックリストに登録されると保証人になることが難しくなります

例えば多額の金銭を借り入れる場合や住宅ローンを組むような場合に、保証人を求められる場合があります。

このような場合、金銭を貸し付ける金融機関は審査の一環として保証人になろうとする者の信用情報を信用情報機関に照会します。

その結果、保証人になろうとする者の事故情報が信用情報機関に登録されていると、支払能力に問題があると判断され、審査に通らない可能性が高いといえるでしょう。

ショッピング枠が完済していない場合もブラックリストになる可能性がある

借金を完済した後に過払い金を請求した場合はブラックリストに登録されません。

完済する前に過払い金を請求した場合であっても、引き直し計算を行った結果、借金が完済されていることが判明した場合はブラックリストに登録されない可能性が高いといえます。

ただし、キャッシングとは別にショッピング枠を利用している場合、ショッピング枠についても完済していることが条件となるため、キャッシング枠については完済していたとしても、ショッピング枠の債務が残っている場合にはブラックリストに登録される可能性が高くなります

もっとも、金融機関によっては過払い金請求をした時点で債務の有無を問わず、事故情報としていったんブラックリストに登録するところもあります。

この場合でも、引き直し計算により借金が完済されていることが判明すれば、事故情報は削除されることが一般的です。

自力で行うことが難しい

過払い金請求は、自分で対応することも可能ですが、以下のようなデメリットがあるため、おすすめすることはできません。

自分にとって不利な結果を招く可能性がある

過払い金請求をするためには、その前提として金融機関から取引履歴を開示してもらい、それを基に引き直し計算をしなければなりません。

過払い金請求に慣れている人は多くはないため、自分で対応しようとすると多くの時間と労力を割く必要があります。

それだけでなく、過払い金を請求した後も金融機関と直接交渉をしなければなりません。

金融機関は過払い金の交渉事に慣れているため、自分で対応しようとすると金融機関に有利になるように交渉を進められる可能性が高いです

その結果、予想以上に低い金額で和解をさせられる可能性があります。

家族や勤務先にバレる可能性がある

自分で対応する場合には、当然ながら交渉の窓口は本人になります。

交渉を行う際には電話を使うことが多いため、その会話を家族や勤務先に聞かれてしまう可能性があります。

また、電話がつながらない場合には自宅に封書が届く可能性もあり、それが原因となって家族にバレてしまう可能性があります。

弁護士・司法書士に過払い金請求を依頼した場合は費用がかかる

弁護士・司法書士に過払い金請求を依頼した場合のデメリットはどうしても報酬が必要になる点です。

ただ、相談料は無料のところがほとんどですし、報酬も貸金業者から取り戻した額の中から差し引かれることが多いので、依頼当初はお金がかからないことが多いです。

弁護士と司法書士の違い

過払い金請求をするにあたって、弁護士と司法書士のどちらに依頼するのが良いのでしょうか。

過払い金請求は弁護士法72条所定の法律事務なので、報酬を得てできるのは弁護士のみです。

ただし、弁護士法72条は法律で例外を認めていて、司法書士法で140万円までの過払い金請求でについては司法書士が行うことができます。

ですので、140万円以上の請求については司法書士は代理することができません。

また、争点がある場合、裁判をして勝訴しても控訴される可能性があります。

控訴された場合も司法書士は権限がなくなります。

過払い金の額が多い場合には弁護士に依頼するようにしましょう。

※参考:神奈川県弁護士会 「弁護士と司法書士との違い」

\専門家に相談しよう!/

任意交渉の場合は返ってくるお金が少ない

任意交渉で過払い金請求をする場合のデメリットは、過払い金として返ってくるお金が少ないことが挙げられます。

一方で返ってくるまでの期間が短いことは任意交渉で過払い金請求をするメリットです。

裁判となった場合は期間が長引き追加費用がかかる

裁判を起こして過払い金請求をするデメリットは、どうしても期間と裁判費用がかかるということになります。

一方で、裁判を起こして過払い金請求をするメリットとしては、返してもらうことができる金額があがることにあります。

クレジットカードの場合はその後利用が出来なくなる

過払い金の請求先がクレジットカード会社である場合、そのクレジットカードは利用できなくなります。

ブラックリストには当てはまらないものの、カード発行会社からはトラブルのあった顧客として記録されてしまう(いわゆる「社内ブラック」)ので、同じカードはもちろん、そのグループ会社のサービスも場合によっては利用が出来なくなってしまいます。

\専門家に相談しよう!/

過払い金請求を行った方の口コミをご紹介!

お金との向き合い方を見直すきっかけに

専門的な人に専門的なアドバイスと対処をしてもらえたことで大損をすることがなくお金のあり方を見直すキッカケを与えられたのが良かったというのが正直な感想です。
厳しいお言葉ももらいましたがそれにより自分自身がお金に関してとんでもない方向に進もうとしていたのを気づかされました。自分では気づかないうちに必要以上のお金を払っている場合があります。
特にお金に目がくらんでいたり物事をしっかり考えられない状態にある人は要注意だと思いますが「あれ?おかしい」と少しでも気になった場合はそれを追究した方がいいです。
自分でどうにでもできないことを専門家に相談することは恥でも何でもないです。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

過払い金請求におすすめの弁護士・司法書士事務所

最後に、過払い金請求を相談するのにおすすめの弁護士・司法書士事務所を紹介させていただきます!

どの事務所も実績が豊富で相談だけなら無料です。

ぜひ一度問い合わせをしてみてください。

弁護士法人 ライズ綜合法律事務所

ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件を超える債務整理の解決実績!
  • 契約前であれば何度でも相談無料!来所・電話・メール3つの方法で相談可能!
  • 弁護士費用の分割払いに柔軟な対応!安心して債務整理の依頼ができます。

\口コミ高評価!/

ライズ綜合法律事務所はこんなところ!

債務整理を始め様々な問題の相談において顧客満足度が高く、口コミが高評価の事務所です。
代表の田中泰雄弁護士(第一東京弁護士会)は20年以上債務整理を行ってきており、実績、経験共に豊富で安心して依頼が可能です。
また、横浜・大阪にも事務所を構えており、アクセスの良さもライズ綜合法律事務所の強みとなっています。

主な費用

相談料金  契約前の相談は無料
全国対応  出張相談会有り(感染症のため現在は休止)
過払い金報酬 着手金:無料・成功報酬:回収金の22%~
任意整理 着手金:1社あたり0円~ ※借入金額による

ライズ綜合法律事務所について

本所所在地 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-9-1 日本橋三丁目スクエア12階
対応業務 債務整理、債権回収、離婚問題、交通事故...etc

\口コミ高評価!/

弁護士法人 大地総合法律事務所

大地総合法律事務所

大地総合法律事務所の特徴
  • ビデオ面談、電子契約を導入しており、コロナ禍に完全対応!
  • 迅速な対応・情熱的な交渉・チームワークを最重視!
  • 債務整理をはじめ、法務全般の業務に対応しており、安心して依頼が可能

\コロナ対策も万全!/

大地総合法律事務所はこんなところ!

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった借金問題の債務整理を得意としている弁護士事務所です。今まで数多くの多重債務者を救ってきており、主な取扱いは【任意整理】が多数。
迅速且つ、依頼者様を第一に考えた情熱的な交渉がポイントです。

大地総合法律事務所について

〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
対応業務 債務整理、詐欺被害、誹謗中傷、交通事故...etc

\コロナ対策も万全!/

ひろた法律事務所

ひろた法律事務所

ひろた法律事務所の特徴
  • ご相談は何度でも無料! 過払い金調査についても無料!
  • 費用の分割払いOK!支払い状況に応じて柔軟に対応!
\1分で無料診断!/

ひろた法律事務所はこんなところ!

お客様の生活改善を最優先し、不要な手続きは勧めない安心できる法律事務所です。
お客様の状況に応じてベストな解決方法をご提案しています。

主な費用

相談料金  ご相談は何度でも無料
過払い金報酬 返還金額 × 22.00%~
任意整理 着手金11,000円~ (1社あたり)、解決報酬金11,000円~ (1社あたり)、管理費用33,000円

ひろた法律事務所について

所在地 〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋2丁目3番8号MF南森町ビル5階A号室
対応業務 債務整理、過払い金請求など
\1分で診断完了!/

司法書士法人 はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 満足度95.2%! 債務整理、過払い金請求において40年。20万件の相談実績!
  • 相談・着手金は完全無料! 全国どこでも出張料金無料!
  • 手持ちがなくても催促停止! 費用の分割払いもOK!
\全国出張対応!/

はたの法務事務所はこんなところ!

はたの法務事務所は40年間、借金問題についての悩みを解決している人気の司法書士事務所です。
長年に渡る経験からご相談者様が抱える悩みを熟知しており、安心して相談をすることができます。
更に、相談料は何度でも無料で、借金についての悩みを気軽に相談することが可能です。

主な費用

相談料金  ご相談は全て無料
全国出張料金  無料
過払い金報酬 取り戻した過払い金額の20%   10万円以下の場合は12.8%
任意整理 1社2万~+減額できた債務の金額の10%

はたの法律事務所について

所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務 債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
\全国出張対応!/

弁護士法人 ひばり法律事務所(旧名村法律事務所)

弁護士法人 ひばり法律事務所
ひばり法律事務所の特徴
  • 東京大学法学部卒であり、25年以上のキャリアを積んでいる弁護士が在籍!
  • ご相談は全国に対応!全ての相談において相談料が無料!
  • 借金問題を最適な方法で解決! 過払い金にも対応しており、着手金は無料!

\全国対応!

ひばり法律事務所はこんなところ!

ひばり法律事務所は、以前名村法律事務所として活動しておられましたが、業務充実のために法人化をしています。
債務整理を主に扱っており、代表弁護士である名村泰三さんは25年以上のキャリアをお持ちの弁護士です。
「ひばり」には依頼者に早く春をお届けしたいという意味が込められており、迅速に問題解決へと導いてくれるでしょう。

主な費用

相談料金  ご相談は全て無料
全国対応  可能
過払い金報酬 着手金:無料・成功報酬:回収金の20%~
任意整理 着手金、報酬金共:1社あたり22,000

ひばり法律事務所について

所在地 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応業務 借金問題・サイト被害・離婚・相続など

\全国対応!/

出典:https://www.hibari-law.net/

みどり法務事務所

みどり法務事務所はこんな事務所!
  • 全国対応!
  • 相談・初期費用無料!
  • 過払い金が取り戻せなかった場合は報酬0円!

\無料・匿名で減額診断!/

債務整理費用

任意整理 別途ご相談
個人再生 着手金:110,000円
その他費用:別途ご相談
自己破産 着手金:110,000円
その他費用:別途ご相談
過払い金 着手金:0円
報酬金:0円
成功報酬:22%

基本情報

弁護士 代表司法書士 寺島 能史
所在地 東京都千代田区九段南 2-2-3 九段プラザビル 8F
対応業務 借金問題

\無料・匿名で減額診断!/

まとめ

過払い金請求には、メリットもある反面デメリットもあります。

そのため、過払い金請求を検討する際には、自分が受けるデメリットの内容をきちんと理解しておくことが必要です。

また、実際に過払い金請求をする場合には、取引履歴の開示請求や引き直し計算、金融機関との交渉などが必要となるため、自分で対応するには難易度の高い手続きです。

過払い金に関する問題は、弁護士などの専門家に相談しながら解決を図ることをおすすめします。

口コミ高評価!

当サイト債務アレンジおすすめ「ライズ綜合法律事務所」はGoogleの口コミにて★4つと高評価で満足度が高い事務所様となっております。レビューの数も61と多く、「とても親切だった」という声が多数です。
借金でお悩みの方は是非、「ライズ綜合法律事務所」にご相談下さい!

Q&A

依頼する際に必要な資料があれば教えてください。
依頼前の相談の際に、過払い金がどのくらい発生しているかの見通しを立てる必要があります。そのため、契約内容や、取引状況を確認できるとスムーズにお話を進めてもらえます。以下に必要な書類をいくつか上げましたので参考にしてください。
契約書(契約が複数ある場合には全ての契約の契約書) 取引明細書 振込明細書
過払い金請求にはどのくらいの期間がかかりますか?
過払い金の請求には、下記4つのステップを経る必要があります。
1.取引履歴の開示→引き直し計算
2.返還請求
3.和解交渉→成立
4.返還
まず、借入先の業者へ取引履歴の開示を請求します。これは貸金業者により異なりますが、弁護士に依頼してから通常1~3ヵ月間で開示されます。その後弁護士により利息制限法に基づき引き直し計算が行われます。
引き直し計算をもとに、借入先に過払い金の返還を請求→和解交渉を行い、和解が成立すれば過払い金が返還されることになります。
弁護士に依頼→過払い金が返還されるまでの期間は合計で3~6ヵ月間となります。
しかし、場合によっては訴訟に発展する場合もあります。ですので6ヵ月~1年間ほど時間がかかってしまうケースもあります。
過払い金請求を行うと、信用情報に傷が付いてしまいますか?
基本的には過払い金の請求によって、信用情報機関に情報が登録されることはありません。
しかし、借金を返済中に過払い金請求をした場合で、債務が残ってしまった場合には、情報が登録されてしまう場合があります。そうなった場合、信用取引が利用ができなくなります。
過払い金請求をしたくない業者を省いて依頼することはできますか?
過払い金請求は裁判所を介さないので、整理の対象とする相手を選択することが可能です。
過払い金を返還請求すれば、借金が無くなることが分かっている業者に対してのみ返還請求を行うなど、柔軟な対応が可能です。
おすすめの記事