個人再生におすすめの弁護士・司法書士事務所はどこ?気になる費用や流れについてもご紹介!

借金の返済額が多過ぎて苦しい思いをしていませんか?

個人再生を行って返済負担を軽くすれば、精神的にも金銭的にも楽になれるでしょう。

今回は個人再生の具体的な進め方や頼れる弁護士について紹介いたします。

\専門家に相談しよう!/

個人再生とは?流れについてご紹介

個人再生とは?流れについてご紹介

個人再生は債務整理の手段の一つです。

返済問題を法的に解消するための制度である債務整理ですが、取る手段によって解消方法は異なります。

債務整理の主な手段は以下の3つです。

債務整理の手段解消方法
任意整理利息・遅延損害金の支払い義務をなくして長期の分割返済にする
個人再生返済金額を最大1/10に減らして長期の分割返済にする
自己破産返済義務を免責する

返済金額を大きく減らすことで返済負担を少なくするのが、個人再生の具体的なやり方です。

個人再生を行うと、借入残高をおよそ5分の1から10分の1程度まで減らすことができます。

その代わり返済スケジュールは厳守しなければなりません。

個人再生を裁判所に認めてもらうためには、綿密な返済計画を立てる必要があるのです。

なお、個人再生には以下の2つの種類が存在しています。

  • 小規模個人再生:フリーターや個人事業主、営業職のように給与の変動が大きい人向け
  • 給与所得者再生:正社員や派遣社員向け

個人再生のメリット・デメリットなど

債務整理の中でも個人再生を利用するメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

また、メリット・デメリットをふまえて、個人再生が向いている人・向いていない人にはどのような人がいるでしょうか。

個人再生のメリット

個人再生のメリットには次のようなものがあります。

  • 債務を減額してもらえるので任意整理よりも返済が楽
  • 住宅ローンで住宅を買った場合に住宅を維持できる可能性がある
  • 自己破産で職業制限がされる人でも職業制限されずに利用ができる

個人再生のデメリット

一方で個人再生には次のようなデメリットがあります。

  • ブラックリストとなる
  • 官報に個人再生を利用することが氏名・住所と一緒に掲載される
  • 任意整理に比べると手続きが面倒である
  • 弁護士・司法書士に対する費用が任意整理に比べて高い
  • 任意整理に比べると少ないがそれでも返済を続ける必要がある

個人再生が向いている人

以上を踏まえて、個人再生が向いているのは次のような人です。

  • 任意整理で必要とされる額の支払いができない人で住宅ローンで自宅を購入した人
  • 任意整理で必要とされる額の支払いができない人で自己破産をすると職業制限がある人

個人再生が向いていない人

一方で、個人再生が向いていないのは次のような人です

  • 全く返済ができないはそもそも個人再生は利用できない
  • 住宅を維持したい・職業制限がある以外で任意整理ができない人は自己破産をするほうが返済義務がない

個人再生手続きの流れ

個人再生は他の債務整理の手段よりも複雑な手続きが必要になる方法です。

個人再生手続きの流れを大きく分けると、以下の7段階に分類することができます。

1.弁護士または司法書士を探す

最初に個人再生について相談する弁護士や司法書士を探す必要があります。(個人でも可能ですが、手続きが複雑なため専門家に依頼したほうがいいでしょう。)

個人再生を行うには、債権者や裁判所と直接連絡を取り合わなければなりません。

債務者個人が連絡を付けるよりも、弁護士・司法書士を通してやり取りを行った方が圧倒的に手続きは早く進みます

さらに、弁護士・司法書士に依頼して個人再生をすれば、返済を止めることができ、督促も受けなくなります。

これは、貸金業法21条9号が、弁護士・司法書士が債務整理の依頼を受けると、正当な理由なく本人に督促をしてはいけないことになっているからです。

相談は、個人再生を利用できるか?という観点から行うのではなく、現状を整理してその人に向いている手続きを示してもらった上で契約をするという形で行います。

経験豊富な弁護士や司法書士に相談をすれば、今の状況に一番合った解決方法を提示してくれます。

2.弁護士または司法書士に個人再生を依頼する

相談が済んだら、あらためて個人再生の依頼をします。

依頼する弁護士や司法書士が決まったら、「個人再生委任契約」を結びましょう。

契約に必要な費用や書類に関しては、弁護士の方からしっかりと説明があるので心配はいりません。

3.個人再生の申立てをする準備を進める

個人再生を行うには、裁判所に個人再生の申立てを行う必要があります。

しかし、すぐに申立てることはできません。

なぜなら、個人再生の申立てを受理してもらうには、以下の準備を完了させておく必要があるためです。

  • 債権者に「受任通知」を送る
  • 借入残高の引き直し計算を行う
  • 過払い金があるなら返済請求をする
  • 収入や家計、資産について書類をまとめる

弁護士・司法書士の指示に従って準備を進めていっても通常数か月はかかります。

4.裁判所に個人再生の申立てを行う

書類の準備ができたら、裁判所に個人再生の申立てを行います。

裁判所側へ手数料を支払うため、収入印紙と郵便切手を用意します

また、申立てが受け入れられた後も官報公告費を支払わなければなりません。

個人再生の申立てが受理された後は、以下のように手続きが進みます。

  • 個人再生委員が地方裁判所から選任される
  • 東京地方裁判所では履行テストが始まる(債務者の返済能力をチェックするため)

個人再生委員に個人再生が必要だと認められないと、ここから先の手続きに進むことができません。

5.裁判所と債権者の間で書類のやり取り

個人再生委員からゴーサインが出たら、以下の3つの書類が裁判所と債権者の間でやり取りされます。

書類内容やり取り
開始決定書債務者の個人再生がはじまることを知らせる書類裁判所→債権者
債権届出書借金総額を確定させるための書類裁判所→債権者→裁判所
債権認否一覧表借金総額に間違いがない事を認める書類債務者→裁判所

上記のやり取りによって、裁判所、債権者、債務者(申立人)の3者で正式に合意を結ぶことができるのです。

ここまで来れば、個人再生の手続き完了まであと一歩です。

6.再生計画案を提出し認可を受ける

個人再生がスタートしたら、申立人は4カ月以内に「再生計画案」を裁判所に提出しなければなりません

再生計画案には以下の内容を書く必要があります。

  • 全部でいくら返済するのか?
  • どうやって返済していくのか?
  • いつから返済をはじめるのか?
  • いつまでに返済を終えるのか?
  • 住宅資金特別条項を利用する意思はあるか?

計画書を提出しないと、即刻個人再生の手続きが破棄されてしまうので注意が必要です。

7.再生計画案通りに返済をスタートさせる

すべての提出書類が裁判所に受理されたら、計画通りに借金を返していきます。

原則として3年以内の完済がルールです。

ただし、状況によっては最大5年まで返済期間を延ばしてもらえます。

\専門家に相談しよう!/

債務整理におすすめの弁護士・司法書士をご紹介!

弁護士法人 ライズ綜合法律事務所

ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件を超える債務整理の解決実績!
  • 契約前であれば何度でも相談無料!来所・電話・メール3つの方法で相談可能!
  • 弁護士費用の分割払いに柔軟な対応!安心して債務整理の依頼ができます。

\口コミ高評価!/

ライズ綜合法律事務所はこんなところ!

債務整理を始め様々な問題の相談において顧客満足度が高く、口コミが高評価の事務所です。
代表の田中泰雄弁護士は20年以上債務整理を行ってきており、実績、経験共に豊富で安心して依頼が可能です。
また、横浜・大阪にも事務所を構えており、アクセスの良さもライズ綜合法律事務所の強みとなっています。

主な費用

相談料金 契約前の相談は無料
全国対応 出張相談会有り(感染症のため現在は休止)
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の22%~
任意整理着手金:1社あたり0円~ ※借入金額による

ライズ綜合法律事務所について

本所所在地〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-1 ミナトビル 5階
対応業務債務整理、債権回収、離婚問題、交通事故...etc

\口コミ高評価!/

出典:https://risesogo.jp/

弁護士法人 大地総合法律事務所

大地総合法律事務所

大地総合法律事務所の特徴
  • ビデオ面談、電子契約を導入しており、コロナ禍に完全対応!
  • 迅速な対応・情熱的な交渉・チームワークを最重視!
  • 債務整理をはじめ、法務全般の業務に対応しており、安心して依頼が可能

\コロナ対策も万全!/

大地総合法律事務所はこんなところ!

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった借金問題の債務整理を得意としている弁護士事務所です。今まで数多くの多重債務者を救ってきており、主な取扱いは【任意整理】が多数。
迅速且つ、依頼者様を第一に考えた情熱的な交渉がポイントです。

大地総合法律事務所について

〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
対応業務債務整理、詐欺被害、誹謗中傷、交通事故...etc

\コロナ対策も万全!/

出典:https://daichi-lawoffice.com/

司法書士法人 はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 満足度95.2%! 債務整理、過払い金請求において40年。20万件の相談実績!
  • 相談・着手金は完全無料! 全国どこでも出張料金無料!
  • 手持ちがなくても催促停止! 費用の分割払いもOK!
\全国出張対応!/

はたの法務事務所はこんなところ!

はたの法務事務所は40年間、借金問題についての悩みを解決している人気の司法書士事務所です。
長年に渡る経験からご相談者様が抱える悩みを熟知しており、安心して相談をすることができます。
更に、相談料は何度でも無料で、借金についての悩みを気軽に相談することが可能です。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国出張料金 無料
過払い金報酬取り戻した過払い金額の20%   10万円以下の場合は12.8%
任意整理1社2万~+減額できた債務の金額の10%

はたの法律事務所について

所在地〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
\全国出張対応!/

出典:https://hikari-hatano.com/

弁護士法人 ひばり法律事務所(旧名村法律事務所)

弁護士法人 ひばり法律事務所
ひばり法律事務所の特徴
  • 東京大学法学部卒であり、25年以上のキャリアを積んでいる弁護士が在籍!
  • ご相談は全国に対応!全ての相談において相談料が無料!
  • 借金問題を最適な方法で解決! 過払い金にも対応しており、着手金は無料!

\相談受付・24時間年中無休!

ひばり法律事務所はこんなところ!

ひばり法律事務所は、以前名村法律事務所として活動しておられましたが、業務充実のために法人化をしています。
債務整理を主に扱っており、代表弁護士である名村泰三さんは25年以上のキャリアをお持ちの弁護士です。
「ひばり」には依頼者に早く春をお届けしたいという意味が込められており、迅速に問題解決へと導いてくれるでしょう。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国対応 可能
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の20%~
任意整理着手金、報酬金共:1社あたり22,000

ひばり法律事務所について

所在地東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応業務借金問題・サイト被害・離婚・相続など

\相談受付・24時間年中無休!/

出典:https://www.hibari-law.net/

個人再生にかかる費用

個人再生にかかる費用

個人再生手続きは無料でできるものではありません。

手続きがすべて完了するまでに、通常50万円から70万円の費用がかかります

この金額は、弁護士もしくは司法書士と裁判所に支払う費用の総額です。

個人再生費用の内訳をまとめると以下のようになります。

【弁護士・司法書士へ支払う費用の内訳】

種類内容相場
相談料依頼前に相談する時の費用0~10,000円/1h
依頼料個人再生に着手するための費用300,000円~400,000円
報酬個人再生手続きが無事に完了した費用200,000円~300,000円

【裁判所へ支払う費用の内訳】

種類内容相場
収入印紙個人再生を申立てるための手数料10,000円
封筒代自分や裁判所が郵送物を送る時に必要な封筒500円~2,000円
郵便切手自分や裁判所が郵便物を送る時に必要な切手2,700円~4,000円
予納金個人再生申立てが受理された後に支払う費用13,744円
個人再生委員への報酬個人再生委員に報酬として支払う費用150,000円~250,000円

裁判所への手数料はそれほど高くはありませんが、弁護士などを利用するとどうしても50万円ほど費用が多くかかってしまいます。

面倒な手続きをすべて代行してもらう以上、相応の費用は支払わなければならないのです。

とはいえ、弁護士への費用は分割や後払いにできることが多いので、すぐに全額を用意する必要はありません。

また、依頼をしてしまえば、借金の返済をストップすることができるので、その分を分割弁済にすることができるので、無理なく支払うことができる仕組みが出来上がっています。

\専門家に相談しよう!/

個人再生は個人でもできる?その場合の費用は?

個人再生は個人でもできる?その場合の費用は?

弁護士・司法書士を利用すると個人再生にかかる費用+依頼費用がかかることになります。

そのため中には、弁護士に頼らず個人で個人再生手続きができないか検討している方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、個人でも個人再生手続きができるのか、また弁護士に頼らない場合の費用についても解説いたします。

個人での個人再生は不可能ではないが現実的ではない

個人再生の申立ては申立人本人が行うこともできます。

ただし、個人再生に関する知識を十分に備えていない方が弁護士の力を借りずに手続きを行うのは、現実的な方法だとはいえません

申立てを行うために必要な書類を作成したり、裁判所や債権者とのやり取り、計画案の作成を自分自身で行ったりするのはかなりの労力がかかるでしょう。

また少しでも不備があれば、個人再生の手続きをすすめられず、借金の減額ができなくなる可能性があります。

給与所得者等再生の場合は、一度失敗すると向こう7年間は再申立てできなくなります。

弁護士・司法書士に依頼しなければ督促を受け続ける

弁護士・司法書士に依頼するメリットには、督促を受けなくなるというものもあります。

上述しましたとおり、貸金業法21条9号によって、弁護士・司法書士が依頼を受けた後は、債務者は本人に正当な理由なく督促を行うことができません

債務額の確定などを行う必要もあり、手続き期間中は返済を止めることになります。

その間電話や郵送物で延々と督促を受け続けるのは、非常に精神的負担が高いです。

基本的には個人再生は弁護士・司法書士に相談・依頼して行いましょう。

弁護士・司法書士どちらに相談・依頼をすればいいの?

弁護士・司法書士にどちらに相談・依頼をすればいいのでしょうか。

まず、相談は弁護士・司法書士の両方にしてみましょう

というのも、本当に個人再生が適切な状況か、相談してみないとわからないからです。

個人再生は、借金がいくらからいくらまでの人ができるというものではなく(債務の上限が5,000万円というものはあるものの)、あくまで借金の額と返済可能な金額の関係によって決まります。

自分では個人再生しかない…と思っていても、実は交渉力のある司法書士であれば任意整理もできることもあります。

まずは相談は弁護士・司法書士の両方にしておきましょう。

その上で、個人再生を依頼するのであれば弁護士にしましょう。

司法書士は裁判所に提出する書類の作成しか行うことができません。

裁判所や再生委員との期日に同行してもらえるのは弁護士だけだからです。

基本は裁判所への費用のみで一部書類代がかかる

自分で個人再生を行う場合は、裁判所への費用のみを準備する必要があります

また、裁判所へ提出しなければならない以下の書類の中には、作成するのに多少の費用がかかるものもあるので注意しましょう。

  • 申立書
  • 陳述書
  • 債権者一覧表
  • 家計表
  • 財産目録

書類の作成費用は、本来弁護士側が負担してくれるものです。

しかし、自分で申立てを行う場合は書類作成費用も実費になります。

\専門家に相談しよう!/

債務整理は弁護士・司法書士に相談しよう!

債務整理は弁護士・司法書士に相談しよう!

個人再生を成功させたいのなら、弁護士や司法書士に依頼をするのがおすすめです。

弁護士や司法書士を頼ると以下のようなメリットがあります。

最も自分に合った解決方法を提案してくれる

プロに相談することで、自分の状況に一番合った借金問題の解決方法を教えてもらえます。

借金の総額や仕事や収入の状況によっては、希望を聞いた上で個人再生以外のやり方を勧めてくれることもあります。

たとえば、借金の中に奨学金がある場合には、どうしても奨学金の連帯保証人になっている両親に請求されることがあります。

しかし、借金の総額・収支の状況を見れば、任意整理で奨学金と住宅ローンの支払いを従来どおり行って、他の債務者との間で任意整理をすれば、保証人には迷惑をかけずにすむ可能性もあります。

また、個人再生をしたいという理由が、自己破産をしたくないだけ、ということであれば、自己破産によるデメリットがあるのかどうかを一緒に考えてくれるでしょう。

自分一人では思いつかなかったような解決方法が生まれることも少なく有りません。

無料で相談できる弁護士・司法書士もいるので、まずは専門家に返済についての相談をしてみましょう。

債務整理で最も危険なのが客観的な状況を考えないで手続きをすすめてしまうことです。たとえ結論がかわらない場合でも、専門家と一緒に状況を整理するのはとても大切です。

取り立てをストップさせられる

弁護士に個人再生を依頼すると各債権者に「受任通知」が送られ、すぐに取り立てを止めることができます。

受任通知を受け取った債権者は、債務者に対して直接取り立てを行うことができなくなるのです。

受任通知は依頼後すぐに送ってもらうことができます。

おかげで個人再生手続きが完了するまで取り立ての心配が一切なくなり、手続きに集中することができるのです。

書類の準備や裁判所・管財人とのやり取りを任せられる

個人再生に必要な書類の提出や裁判所・個人再生委員とのやり取りは、すべて弁護士に任せることができます。

個人再生で提出しなくてはならない書類は山のようにあるので、全部を一人で用意していたら途方もない時間がかかってしまうでしょう。

また、裁判所や債権者とのやり取りも精神的な負担になり得ます。

弁護士や司法書士に間に入って動いてもらうことで、精神的にも肉体的にも楽に動くことができるのです。

法的な手続きは複雑でストレスを感じやすいものなので、代理人の存在は大きな救いとなるでしょう。

個人再生の成功率が大幅にアップする

弁護士や司法書士に頼ることで、個人再生の成功率が上がります。

個人再生を成功させるには、複雑な手続きをすべて完璧に遂行しなくてはなりません。

法律の知識がない一般の方にとっては至難の業です。

その点、弁護士に代理人として手続きを行ってもらえれば、正確にかつスムーズに手続きを進めることができます。

滞りなく個人再生を成功させたいのなら、弁護士や司法書士のサポートは必須です。

\専門家に相談しよう!/

個人再生を行った方の口コミをご紹介!

人生をやり直すきっかけに、、!

裏切られた気持ちと多額の借金をいきなり背負った状況から絶望し、自殺も考えていました。
しかし、弁護士に個人再生のことを聞かされリセットの意味もこめて個人再生を行うことで借金は減り、同時に「やり直そう」という気持ちになれたのが良かったです。個人再生をすることは失敗でも恥でも逃げでもありません。
選択肢の一つであり、人生を再度やり直すためのきっかけになります。
MK

個人再生(債務整理)が得意な弁護士・司法書士の見極め方

個人再生(債務整理)が得意な弁護士・司法書士の見極め方

個人再生を含む債務整理は弁護士・司法書士に依頼すべきなのですが、弁護士にも得意・不得意な分野があります。

債務整理が得意な弁護士・司法書士はどうやって探せばよいでしょうか

ホームページで債務整理を取り扱っていることがわかるか

ホームページで債務整理を取り扱っていることが認識できるようにしているかどうかは、債務整理を得意としているかを見極めるポイントの一つです。

債務整理は借金の問題であり、実は弁護士費用・司法書士費用がそこまで高額な案件ではありません。

そのため、積極的に債務整理に取り組まない弁護士・司法書士は多いです。

このような場合、ホームページに債務整理を取り扱っていることを明記しなかったり、大きく書かないことがあります。

例えば、

取り扱い業務:離婚・交通事故・相続・労働事件・債務整理

といったように、列挙している中の一番うしろに記載しているようなことがあります。

債務整理が得意な弁護士は、取り扱い業務の中でも一番先頭にあったり、債務整理についての特設ページを設けていたりします。

土日・平日夜間対応や相談料が無料である

土曜や平日夜間の対応をしていたり、相談料が無料としているのかどうか、債務整理を得意としているかを見極めるポイントの一つです。

個人再生などの債務整理を検討している人は借金をしている人です。

借金は、仕事をして収入を得ていないとできません。

そのため、どうしても平日の昼間に弁護士・司法書士に相談をしにいくことが難しいことが多いでしょう。

そのような人のために、土日・平日夜間に相談に応じている弁護士・司法書士は、たくさんの依頼を受けることになるので、個人再生・債務整理への経験も高くなります。

また、個人再生・債務整理が必要な状況の人は、そのほとんどが専門家への相談に必要な30分5,000円~の相談料も出せない状況です。

そのため、無料で相談を促す専門家のところに、個人再生・債務整理の依頼は集まります。

懲戒処分をうけていない

以上のような特徴を持っている弁護士・司法書士の中で注意が必要なのが懲戒処分を受けている弁護士・司法書士です。

弁護士・司法書士が専門家にふさわしくない行動をすると、所属の弁護士会・司法書士会から懲戒処分を受けます。

懲戒処分は、公開されているので、インターネットで検索して探すことができます。

相談前に弁護士の名前・事務所の名前を検索して、懲戒処分がされていないか確認しましょう

\専門家に相談しよう!/

まとめ

個人再生 おすすめ まとめ

個人再生を行えば、完済可能な金額まで借金を減らすことができます。

ただし、個人再生に必要な手続きはかなり複雑なので、自分一人では遂行しきれない面があるでしょう。

50万円程度の費用はかかりますが、弁護士や司法書士に相談することで個人再生の難易度はぐっと下がります

まずは借金問題についてプロの弁護士や司法書士に相談するところからはじめてみましょう。

口コミ高評価!

当サイト債務アレンジおすすめ「ライズ綜合法律事務所」はGoogleの口コミにて★4つと高評価で満足度が高い事務所様となっております。レビューの数も61と多く、「とても親切だった」という声が多数です。
借金でお悩みの方は是非、「ライズ綜合法律事務所」にご相談下さい!

Q&A

「個人再生」とは、どのような手続なのか教えてください。
多額の借金を抱えてしまい、返済ができなくなった場合に全ての債権者に対して返済総額を減額してもらい、減額した後の金額を原則3~5年で分割して返済するという方法です。
上記を行うには、自分で立てた再生計画案(借金返済について詳しく計画したもの)を提出し、債権者の意見を加味した上で裁判所に認めてもらう必要があります。
計画が認められると、実際にその計画に沿って返済を開始していきます。
個人再生のメリットを教えてください。
個人再生の最大のメリットは最大で1/10に借金の総額を減額することができることです。
その上で、原則3~5年間に分割をして返済をしていくことが可能となります。
自己破産ほどデメリットが多くなく、任意整理よりも大きい金額を免除してもらうことが可能です。
個人再生のデメリットを教えて下さい。
個人再生のデメリットは自己破産と同様、官報に公告されてしまうことが挙げられます。
また、基本的に個人再生手続は申立人が主体となって進めていかなければならず、専門家にサポートをしてもらいながら多くの書類を裁判所が定めた期間内に提出しなければなりません。
また、裁判所に納めなければならない手続費用が破産などに比べても割高な点もデメリットといえるでしょう。
(裁判所への費用は分割することはできません。)
個人再生にかかる期間を教えてください。
負債の状況にもよりますが、申立てから再生計画案の認可決定が確定するまでは、半年~1年程度かかるでしょう。
おすすめの記事