任意整理後の生活はどうなる?任意整理にかかる費用もご紹介!

任意整理は合法的な借金の減額措置です。
借金の金利(利息)を差し引いた元金だけの完済へと導きます。
広告などで任意整理の存在を知った方もいるのではないでしょうか。

ここでは、任意整理後の生活の体験談や、任意整理のメリットやデメリットを紹介します。

任意整理とは?わかりやすくご紹介!

任意整理とは?わかりやすくご紹介!

任意整理とは、借金総額のうち、将来的に発生する金利(利息)分をカットした金額を、3年~5年かけて完済するための手続きです。

弁護士や司法書士が債務者(借金をした人)の代理人となって、金融機関(貸金業者)との交渉を行います。

複数の債権者から返済先を指定できる

任意整理では複数の債権者(返済先)が存在する場合、返済する債権者を指定することも可能です。

債権者返済方法
A社任意整理を実行
B社任意整理を実行
C社任意整理を実行せずに、当初の契約通り返済を継続

たとえばA社とB社とC社の3つの返済先がある際に、A社とB社には任意整理を実行。
C社には、当初の契約通りに返済を継続するようなパターンも選ぶことができます。

任意整理後は信用情報機関に事故情報(異動)として5年間登録される

任意整理後は、次の信用情報機関に事故情報(異動)として記録され、5年間は抹消されません

信用情報機関登録している金融機関の例
株式会社CIC
(Credit Information Center)
クレジットカード、カードローンなど
株式会社日本信用情報機構(JICC)消費者金融、信販会社など
全国銀行個人信用情報センター銀行、信用金庫など

一般的に"ブラックリスト"と呼ばれているのは、信用情報機関への事故情報(異動)のことを指します。

実際にはブラックリストは存在しません。ご注意ください。

信用情報機関に事故情報として登録されるのは、2ヶ月以上の「延滞」や、任意整理や自己破産などの「債務整理」です。

任意整理の流れ

任意整理の流れ

ここからは、任意整理の一般的な手順を紹介します。

  • 弁護士または司法書士事務所に相談の後に委任契約
  • 受任通知の発送、過去取引履歴の開示
  • 過払金返還請求、借金の減額
  • 借入先との和解交渉
  • 借入先との契約締結

弁護士または司法書士事務所に相談の後に委任契約

任意整理の手続きは、弁護士もしくは司法書士への相談からスタートします。

弁護士や司法書士は、借金の大まかな総額や返済状況を加味した上で、相談者にふさわしい債務整理の方法をアドバイス。
依頼することが決まりましたら契約を結びます。

任意整理手続きの必要書類など

任意整理手続きにて、必要となる書類などを次の表にまとめてみました。

任意整理手続きに必要な書類など状況に応じて必要となる書類
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 印鑑
  • 借入先のクレジットカード
  • 借入先のキャッシュカード
  • 債権者一覧表
  • 預金通帳
  • 給与明細書
  • 所得税源泉徴収票
  • 不動産登記簿謄本(登記事項証明書)
  • 生命保険証券など

司法書士に依頼できるのは、債務金額140万円以下の債務整理ですので
債務金額140万円を超える任意整理は、弁護士に依頼してください。

 

受任通知の発送、過去取引履歴の開示

弁護士または司法書士との委任契約後は、債権者(貸金業者など)宛に受任通知が発送されます。
受任通知の内訳は次のとおりです。

  • 債務整理の期間
  • 債権者からの取り立てや督促の停止
  • 債権者(借入先)への返済の一時停止

債権者は受任通知を受け取った時点で、借金の督促や取り立てができなくなります。
つまり、借入先である貸金業者などからの連絡がストップするということです。

受任通知の発送は、弁護士や司法書士に依頼することで得られる最初の「わかりやすいメリット」と言えます。

受任通知の送付と同時に、取引履歴の開示請求が行われます。
取引履歴を入手することで、借金の総額を正しく把握することが可能です。

過払金返還請求、借金の減額

入手した取引履歴を参照しながら「引き直し計算」を行います。
契約金利が利息制限法の上限金利を上回っているようであれば、過払金が発生する可能性があるということです。
(契約金利>利息制限法の上限金利)

利息制限法の上限金利は以下の表のとおりです。

借入金額利息制限法の上限金利
~99,999円年20.0%
100,000円~999,999円年18.0%
1,000,000円~年15.0%

2010年6月17日以前にキャッシングをした方は、過払金返還請求ができる可能性があります。
2010年6月18日より、出資法の上限金利がそれまでの「年29.2%」より、利息制限法と同じ「年15.0%~年20.0%」に変更されたためです。

 

過払金返還請求は、最後の取引(完済日や支払日)から10年以内であることが条件となります。
過払金返還請求を債権者(貸金業者など)に行うことで、戻ってきた(払い過ぎた)利息分にて元金を減額することも可能です。

借入先との和解交渉

取引履歴に基づく「引き直し計算」や、その後の過払金返還請求の結果を踏まえた上で、借入先との和解交渉に臨みます。

交渉は弁護士や認定司法書士が、債務者(借金をした人)の代理人となって実行する形です。

和解交渉が決裂した際には、簡易裁判所での「特定調停」に進みます。

借入先との契約締結

借入先の債権者(貸金業者など)との和解交渉の結果、無事和解成立となりましたら、和解契約の締結です。

和解契約の締結後に、債務者(借金をした人)は契約内容に則った借入金額を、3年~5年かけて完済へと向かいます。

任意整理後の生活はどうなる?

任意整理後の生活はどうなる?

任意整理を行った後、生活にどのような変化があるのでしょうか。
ここからは、任意整理によって得られる3つのメリットと、任意整理後に生じる2つのデメリットを紹介します。

任意整理によって得られる3つのメリット

任意整理を選択することで、次の3つのメリットが得られます。

  • 月々の返済金額が減額される
  • 周囲に任意整理をしたことを知られにくい
  • 財産の所有が継続できる

月々の返済金額が減額される

任意整理の一番のメリットは、月々の返済金額が減額される点です。
50万円を金利年18.0%、返済回数12回(1年で完済)の場合の支払金額の目安を、以下の表にまとめてみました。

返済パターン支払金額の内訳
通常の返済
※金利年18%
1回め~11回め:45,839円/月
12回め:45,845円/月
支払総額:550,068円
任意整理適用時の返済
※金利カット(年0%)
1回め~12回め:41,666円/月
支払総額:500,000円

この場合、550,068円-500,000円=50,068円が金利(利息)分です。
月々の支払金額では、45,839円-41,666円=4,173円の差額となります。

月々4,173円とはいえ、返済の負担が少なくなりますね!
返済回数ごとの支払利息と支払利息の例

ちなみに同じ500,000円を金利年18.0%で借りた際の、返済回数ごとの支払利息と支払総額は次のとおりです。

返済回数支払利息および支払総額
12回(1年)支払総額:550,068円
うち支払利息:50,068円
24回(2年)支払総額:599,079円
うち支払利息:99,079円
36回(3年)支払総額:650,721円
うち支払利息:150,721円
48回(4年)支払総額:704,973円
うち支払利息:204,973円
60回(5年)支払総額:761,781円
うち支払利息:261,781円

返済期間が長くなればなるほど、トータルの支払金額が増えることがわかります。

周囲に任意整理をしたことを知られにくい

周囲に任意整理をしたことを知られにくい点も、メリットのひとつと言えるでしょう。
任意整理は債権者(貸金業者)との交渉によって、借金を減額する債務整理です。

個人再生や自己破産のように、官報に掲載されることはありません。

任意整理では、
弁護士や司法書士が代理人として債権者との交渉を担当します。
そのため、「俺、任意整理したんだ」と自分から話さない限りは、勤務先や近所の方などに発覚するリスクも少ないかもしれません。

財産の所有が継続できる

任意整理は返済先を選べるため、必ずしも住宅などの資産を手放す必要はありません。
つまり、財産の所有が継続できるということです。

任意整理後に生じる2つのデメリット

任意整理には「借金の減額」という大きなメリットがある反面、以下の2つのデメリットが生じます。

  • 任意整理後、5年間は新規のローン契約が認められない
  • 借入先が闇金に移行するリスク

任意整理後、5年間は新規のローン契約が認められない

任意整理後は、信用情報機関に事故情報(異動)として5年間記録されます。
その間は、新規のローン契約が認められません。

  • 住宅ローンの新規設定
  • クレジットカードの新規発行
  • カードローンなどからのキャッシング
  • スマホの分割払いによる購入

任意整理の返済先からクレジットカード会社を外しても、更新時にカードの利用停止となります。
交通系ICカードや電子マネー、デビットカードの利用は可能です。

借入先が闇金に移行するリスク

任意整理後は、借金の利息分が減額されるケースがほとんどです。
返済そのものは続くため、借入先が闇金に移行するリスクも想定されます。

何故ならば、債務整理後の5年間は、クレジットカードなどの新規契約ができなくなるためです。

闇金の金利例
通称金利(単利)金利(複利)
トイチ
※10日で1割の金利
年365%年3,142%
トサン
※10日で3割の金利
年1,095%年1,441,791%
トゴ
※10日で5割の金利
年1,825%年267,504,316%

利息の計算は「複利」が採用されることがほとんどです。
仮に10万円をトイチの金利で「複利運用」した場合、およそ8日で2倍の「20万円」に増えます。

 

上記のような違法な金利のため闇金でお金を借りた場合、完済はほぼ不可能と言えるでしょう。

任意整理ができる条件

任意整理ができる条件

任意整理は誰もができるわけではありません。
任意整理を行うためには、次の3つの条件にすべて当てはまることが大前提です。

  • 安定した収入があること
  • 今後3年~5年前後の間で完済ができること
  • 返済の意思がある

安定した収入があること

任意整理は、借金そのものがなくなる手続きではありません。
そのため、「月々の返済金額+生活費」が賄える収入がなければ破綻してしまいます。
安定した収入があることを証明できることが、何よりも重要です。

今後3年~5年前後の間で完済ができること

任意整理後、利息分を減額した借金(元金)総額を、3年から5年以内で完済できることも、大切な条件のひとつです。

借金総額によっては、個人再生や自己破産などの債務整理も視野にいれることをおすすめします。

返済の意思がある

任意整理の適用には、返済の意思があることが第一です。
金融機関の売上となるのは「貸出金利」のため、金利(利息)分を返済してもらえない任意整理は利益が得られません。

金融機関の売上=貸出金利-銀行から資金調達した際の金利

金融機関(貸金業者)側にとっての任意整理は、「せめて元金だけでも返済してもらうことで、最悪の状態を回避しよう」ということです。
そのため、まずは債務者に返済の意思がなければ、話が先に進みません。

任意整理の費用はどのくらい?

任意整理の費用はどのくらい?

ここからは、任意整理の大まかな費用の目安を紹介します。

費用の内訳費用の目安
相談料30分:5,000円~
※相談料無料の法律事務所もあります
着手金10,000円~20,000円
※金融機関(貸金業者)1件ごとの金額です
解決報酬金
※過払金返還請求の成功報酬
~20,000円
※金融機関(貸金業者)1件ごとの金額です
過払金報酬
※過払金返還請求の成功報酬
交渉:返還された過払金の20%
訴訟:返還された過払金の25%
減額報酬金
※任意整理手続きの成立報酬
減額となった金額(利息分など)の10%
実費
※日当や書類作成費用など
法律事務所によって異なります

基本費用について

弁護士や認定司法書士への任意成立手続きの基本費用には、相談料と着手金が該当します。

任意整理の交渉を行う金融機関(貸金業者)の件数にもよりますが、3万円から5万円と捉えておくと良いかもしれません。

報酬金について

弁護士や司法書士に納める報酬金には、過払金返還請求の成功報酬(解決報酬金、過払金報酬)と任意整理の成立報酬(減額報酬金)が該当します。

借金総額100万円の際の報酬金の目安を次の表にまとめています。

借金総額減額後の借金総額報酬金の目安
100万円100万円0円
100万円90万円1万円~2万円
100万円80万円2万円~4万円

任意整理は個人でもできる?弁護士・司法書士に依頼するのがおすすめ!

任意整理は個人でもできる?弁護士・司法書士に依頼するのがおすすめ!

任意整理は債権者(貸金業者)との交渉がメインとなるため、できれば弁護士や認定司法書士への依頼がおすすめです。

何よりも、受任通知によって、借金の取り立てが即座にストップする点だけでも、法律の専門家に依頼する価値があるかと思われます。

法律事務所によっては、無料相談なども受け付けているケースもあるため、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

任意整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

弁護士法人 ライズ綜合法律事務所

ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件を超える債務整理の解決実績!
  • 契約前であれば何度でも相談無料!来所・電話・メール3つの方法で相談可能!
  • 弁護士費用の分割払いに柔軟な対応!安心して債務整理の依頼ができます。

\口コミ高評価!/

ライズ綜合法律事務所はこんなところ!

債務整理を始め様々な問題の相談において顧客満足度が高く、口コミが高評価の事務所です。
代表の田中泰雄弁護士は20年以上債務整理を行ってきており、実績、経験共に豊富で安心して依頼が可能です。
また、横浜・大阪にも事務所を構えており、アクセスの良さもライズ綜合法律事務所の強みとなっています。

主な費用

相談料金 契約前の相談は無料
全国対応 出張相談会有り(感染症のため現在は休止)
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の22%~
任意整理着手金:1社あたり0円~ ※借入金額による

ライズ綜合法律事務所について

本所所在地〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-1 ミナトビル 5階
対応業務債務整理、債権回収、離婚問題、交通事故...etc

\口コミ高評価!/

出典:https://risesogo.jp/

弁護士法人 大地総合法律事務所

大地総合法律事務所

大地総合法律事務所の特徴
  • ビデオ面談、電子契約を導入しており、コロナ禍に完全対応!
  • 迅速な対応・情熱的な交渉・チームワークを最重視!
  • 債務整理をはじめ、法務全般の業務に対応しており、安心して依頼が可能

\コロナ対策も万全!/

大地総合法律事務所はこんなところ!

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった借金問題の債務整理を得意としている弁護士事務所です。今まで数多くの多重債務者を救ってきており、主な取扱いは【任意整理】が多数。
迅速且つ、依頼者様を第一に考えた情熱的な交渉がポイントです。

大地総合法律事務所について

〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
対応業務債務整理、詐欺被害、誹謗中傷、交通事故...etc

\コロナ対策も万全!/

出典:https://daichi-lawoffice.com/

司法書士法人 はたの法務事務所

はたの法務事務所の特徴
  • 満足度95.2%! 債務整理、過払い金請求において40年。20万件の相談実績!
  • 相談・着手金は完全無料! 全国どこでも出張料金無料!
  • 手持ちがなくても催促停止! 費用の分割払いもOK!
\全国出張対応!/

はたの法務事務所はこんなところ!

はたの法務事務所は40年間、借金問題についての悩みを解決している人気の司法書士事務所です。
長年に渡る経験からご相談者様が抱える悩みを熟知しており、安心して相談をすることができます。
更に、相談料は何度でも無料で、借金についての悩みを気軽に相談することが可能です。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国出張料金 無料
過払い金報酬取り戻した過払い金額の20%   10万円以下の場合は12.8%
任意整理1社2万~+減額できた債務の金額の10%

はたの法律事務所について

所在地〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
\全国出張対応!/

出典:https://hikari-hatano.com/

弁護士法人 ひばり法律事務所(旧名村法律事務所)

弁護士法人 ひばり法律事務所
ひばり法律事務所の特徴
  • 東京大学法学部卒であり、25年以上のキャリアを積んでいる弁護士が在籍!
  • ご相談は全国に対応!全ての相談において相談料が無料!
  • 借金問題を最適な方法で解決! 過払い金にも対応しており、着手金は無料!

\相談受付・24時間年中無休!

ひばり法律事務所はこんなところ!

ひばり法律事務所は、以前名村法律事務所として活動しておられましたが、業務充実のために法人化をしています。
債務整理を主に扱っており、代表弁護士である名村泰三さんは25年以上のキャリアをお持ちの弁護士です。
「ひばり」には依頼者に早く春をお届けしたいという意味が込められており、迅速に問題解決へと導いてくれるでしょう。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国対応 可能
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の20%~
任意整理着手金、報酬金共:1社あたり22,000

ひばり法律事務所について

所在地東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応業務借金問題・サイト被害・離婚・相続など

\相談受付・24時間年中無休!/

出典:https://www.hibari-law.net/

まとめ

まとめ

ここまで、任意整理の手続きの流れや、任意整理の3つのメリットや2つのデメリット。
任意整理後の生活の体験談などについて紹介してきました。

借金の返済に日々頭を悩ましている方にとって、任意整理を含む債務整理は、人生のリセットにつながる合法的な措置です。

法律の専門家からのアドバイスを受けることで、道が拓けることもあります。
是非、弁護士や司法書士への相談という「最初の一歩」を踏み出してみてください。

口コミ高評価!

当サイト債務アレンジおすすめ「ライズ綜合法律事務所」はGoogleの口コミにて★4つと高評価で満足度が高い事務所様となっております。レビューの数も61と多く、「とても親切だった」という声が多数です。
借金でお悩みの方は是非、「ライズ綜合法律事務所」にご相談下さい!

おすすめの記事