任意整理とは?流れや費用相場、メリット・デメリット、口コミをご紹介!

この記事の監修者

佐久間大地(弁護士法人大地総合法律事務所 代表弁護士)

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった
借金問題の債務整理を得意とする。
数多くの多重債務者を救ってきた専門家。主な取扱いは【任意整理】
記事をチェックし、自分にあった債務整理方法を見つけてみましょう!
ご不明点は、遠慮なくご相談ください。

最近、任意整理という言葉を聞く機会も増えてきました。任意整理というのは債務整理の1つとして行われているものですが、その詳しい仕組みがわからないと実際に利用するのは難しくなります。

ここでは、任意整理というものがどのようなものなのか、流れとしてはどのように進んでいくのかなど、任意整理に関連する情報を中心に説明します。また、任意整理後の生活についても解説します。

\専門家に相談しよう!/

任意整理とは?わかりやすく紹介!

任意整理とは?わかりやすく紹介!

任意整理とは債務整理の1つとして採用されており、借金で悩んでいる人が返済しやすくなる方法です。

借金を減額できる方法ではありますが、減額できる借金はこれから支払う利息分が中心となります。元本と呼ばれる、借りている金額分を減額するのはかなり難しくなっているため、利息分だけでも減額してもらえれば完済できると考えている人が利用します。

任意整理の方法としては、依頼を受けた弁護士が借入先の金融機関と交渉します。個人で交渉する方法もありますが、相手が対応してくれないケースも多く、弁護士や司法書士に交渉を委託する傾向が多くなっています。

\専門家に相談しよう!/

任意整理の流れ

任意整理の流れ
債務整理の方法の一つである任意整理。どのように行われていくのか、任意整理の流れについて、順を追って説明します。

弁護士または司法書士事務所に相談し契約

まずは弁護士や司法書士事務所に相談し、任意整理を希望していると説明して契約を検討しましょう。

任意整理は個人でも実施できますが、個人で行うのことは難しく、交渉に慣れていないと失敗する可能性が高まります。また、金融機関も圧力をかけてくるケースが多いため、思っていた以上に交渉は難航します。

その点弁護士や司法書士などの専門家は、交渉などにも慣れており毅然とした対応をしてくれるため、安心して任意整理が可能となります。
個人での任意整理が難しいと感じる方は弁護士や司法書士に相談してみましょう。

専門的な交渉になるので、専門家に依頼すると安心!

任意整理において必要なもの・必要書類

任意整理は裁判所を介す手続きではないため、必ず用意しなければならないという書類はありませんが、専門家に依頼する際などに必要になってくるものがありますのでご紹介します。

任意整理に必要なもの場合によって必要となる書類
  • 運転免許証、健康保険証、パスポートなどの本人確認書類
  • 印鑑(認め印でも可能)
  • 借入先のクレジットカードやキャッシュカード
  • 住民票の写し
  • 債権者一覧表
  • 預金・収入が確認できる書類
  • 不動産登記簿謄本等など

受任通知の発送・過去取引履歴の開示

受任通知の発送は弁護士や司法書士が実施するもので、以下の情報を金融機関に対して通知します。

  • 債務整理期間
  • 取り立ての停止
  • 借入先に返済の一時停止

受任通知発送以降は、債権者は債務者に対して取り立てを行うことができないため、精神的にも余裕が生まれるでしょう。
同時に過去の取引履歴が依頼先に提出されます。この取引履歴というのは、債権者である金融機関から送付されるものです。

受任通知は専門家しか実施することができないが、催促が止まるという大きなメリットがある!

過払い金があった場合・返還請求、借金の減額

本来ならすぐに交渉を開始し、借入先と任意整理で和解するところですが、過払い金が発生している可能性を確認する必要があります。

過払い金は本来の利息以上の支払いが発生している状況で、利息制限法の上限を超えて利息を支払っていた場合、この金額は借金をした人に返さなければなりません。この過払い金を確認し、発生していた場合は返還請求を行います。

過払い金については借金から減額します。また、過払い金はそのまま借金の返済に充てても構わないため、過払い金額によっていは借金の元本を減額できる可能性があります。

関連記事

では過払い金の仕組みについて詳しく解説しております。

借入先との和解交渉

借入先との和解交渉を行い、任意整理の契約内容をまとめます。この作業については弁護士や司法書士が基本的に対応します。

任意整理の場合、以下の内容を具体的に交渉で決めることとなります。

  • 将来支払う利息をカットする
  • 現在抱えている借金から利息分を減額する
  • 分割払いによる計画的な返済を認める

こうした内容を金融機関と交渉し、問題なしと判断されれば契約に移ります。金融機関によってはかなり時間がかかる場合もあり、交渉がスムーズにまとまらない可能性があります。

基本的に任意整理は将来利息のカットが可能!

和解交渉に応じてもらえない場合

任意整理は裁判所を介さないため、債権者側の同意が得られない場合には成立させることができません。

債権者によっては、交渉に応じてもらえない場合もありますので、そんな場合には以下2つの方法を検討しましょう。

  1. 応じてくれない債権者意外と任意整理を行い、応じないところにはそのまま返済を続ける
  2. 裁判所を介す、個人再生、自己破産を検討する

任意整理は、債権者を選んで行うことができますので、応じてくれない場合には無理に行おうとせず、他の債権者のみを任意整理し、該当の業者についてはそのまま返済を行っていくということが可能です。

しかし、それでは返済が難しいという場合もあるでしょう。
その場合には、任意整理以外の個人再生、自己破産を検討しましょう。この2つの方法は裁判所を介すため、原則的には債権者の同意が得られずとも、裁判所からの認可が下りれば借金の減額が可能です。

契約締結

最後に交渉した内容で契約します。
交渉が成立すれば、新しく成立した契約の元返済がスタートします。
返済計画に大きな影響を及ぼす問題が生じている場合は、再度金融機関と交渉しなければなりませんので返済計画については
しっかりと立てておきましょう。

\専門家に相談しよう!/

契約締結

任意整理する際の注意点

任意整理をする際には過去の返済履歴を確認しましょう。

借金があるにも関わらず、過去に一度も返済をしていないなどの場合は、そもそも返済意思がないと判断されてしまい、
任意整理を行っても、自分が望まない条件でしか和解できない可能性が高いです。

「借金の返済が一度も行えていない」という状況の場合には、本当に任意整理が適切な方法なのか検討することが必要になるでしょう。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理をするとその後の生活はどうなるの?

任意整理が行われると、借金が減額される可能性があります。また、利息については発生しなくなりますので、返済は大幅に楽になっていくでしょう。一方で、任意整理を行ったことによるデメリットも発生するようになり、生活に不便な状況が発生する恐れもあります。

任意整理を行った場合に影響する部分がどれくらいあるのか、生活の変化などについて見ていきましょう。

メリットだけでなく、デメリットも把握した上で任意整理を検討しよう!

任意整理をして得られるメリット

まずは任意整理を行うことによるメリットを説明します。

返済が楽になる

任意整理で一番のメリットと言えるのは、返済が楽になることです。

任意整理により、毎月の支払いに加算される利息がなくなり、残されている借金を返済すれば完済となりますので、返済が進むことによる気持ちの余裕も得られるでしょう。

また、毎月の返済額も計画通りに進めていけば問題なく完了します。交渉の段階で決めた返済額を守り続けていれば、問題なく返済可能となるため安心感も強くなります。毎月の返済額もこれまでより抑えられる傾向があるので、生活にも余裕が生まれるでしょう。

借金の金額によっては利息がなくなるだけでも大きく返済額が変わる!

任意整理しても会社にはばれない

任意整理は会社にばれない債務整理であり、これまで通りの生活が可能となります。

会社にバレてしまうと、借金を抱えている人、問題を起こす人と判断される場合があります。借金の影響により、これまでの立場が失われる場合もあります。また、会社から借金絡みで問題が多すぎると判断されれば、解雇される心配もあります。

その点任意整理というのは、会社に借金を減額したという情報が伝わらないため、安心して実施できます。会社に知られずに借金を減額していることで、会社から厳しい措置を取られる心配がないこと、そしてこれまで通りの収入を常に確保できる点が大きなメリットとなります。

ただ、個人で任意整理をしたと話してしまうと、会社にバレてしまいます。任意整理に成功したとしても、他人に話すことは避けたほうがいいでしょう。

職業制限がない

債務整理の方法の中でも、自己破産を行う場合は手続き中に一定の資格に対して制限があります。

しかし、任意整理・個人再生・特定調停の場合には、職業制限がないため仕事を続けながら債務整理を行うことが可能です。

財産を失うことはない

任意整理では、個人再生・自己破産とは異なり債権者を選んで債務整理を行うことができるので、ローンを組んでいる債権業者を外すなどして柔軟に対応することが可能です。

財産を失うことなく借金を減額できる点は、任意整理の大きなメリットでしょう。

任意整理したことで起こるデメリット

任意整理したことで起こるデメリット

一方で、任意整理したことによるデメリットもいくつかあります。これらのデメリットは生活に大きな影響を及ぼす可能性もあるため、任意整理を希望する際はしっかり検討したほうがいいでしょう。

クレジットカード、賃貸契約などの審査が通らなくなってしまう

大きなデメリットとして、クレジットカードや賃貸契約時の審査に落とされてしまいます。

債務整理は信用情報会社に情報が提供されるため、任意整理についても信用情報に傷がつく原因となります。任意整理という行為はマイナス材料として判断されますので、クレジットカードや賃貸契約、更には携帯電話の分割払いといった契約ができなくなってしまいます。

審査に落とされる状況については、5年程度続きます。信用情報会社によって多少年数の前後はありますが、どれだけ早くても5年程度は審査を通過できなくなります。クレジットカードが持てないのは生活に不便となりますし、賃貸契約の審査を通過できないのは住む場所を変えにくいなどの問題が生じてしまいます。

現在保有しているクレジットカードも契約解除に

現在保有しているクレジットカードについては、信用情報に傷がついている状態となりますので、カード会社から契約解除を告げられてしまいます。

クレジットカードやカードローンは、定期的に更新手続きを行っています。この更新手続きで任意整理が確認されると、この時点でカードを使わせるわけには行かないと判断され、現在保有しているカードを使わせないために契約解除を行います。

任意整理によって保有しているクレジットカードなども使えなくなりますので、生活に不便が及ぶのは覚悟したほうがいいでしょう。再度カードを発行するためには5年以上の時間が経過した上で、安定した収入を持っている必要があります。

住宅ローンなどが組めない

任意整理はクレジットカードや賃貸契約などの契約ができなくなりますが、更に厳しい審査を担当している住宅ローンやフリーローンといった借入もできなくなります。

住宅ローンやフリーローン、自動車ローンなどはクレジットカードよりも厳しい審査基準を採用しているため、基本的に任意整理による信用情報悪化は審査落ちとなります。信用情報に信頼できない情報が掲載されているだけで、ほぼ審査を通過できないものと判断してください。

また、信用情報の問題により、当面の間ブラックリストに掲載されてしまいます。ブラックリストに掲載された人は審査を行わずに問答無用で契約しない方針となりますので、住宅ローンを始めとしたローン契約は不可能となります。

どうしてもローンを組みたい場合は、まずブラックリストが解除されるまで待たなければなりません。その上で審査を受けて、問題なく融資ができると判断される必要があります。

最大のデメリットは信用情報に傷がついてしまうことだが、一生続くわけではない。
将来の生活に影響する前に早めの債務整理を検討しよう!

\専門家に相談しよう!/

住宅ローンなどが組めない

借金の支払いが無くなるわけではない

任意整理のデメリットとして、借金がなくなるわけではないということが挙げられるでしょう。

基本的には、遅延損害金と利息のカットを行った上で、返済期間を伸ばす方法となりますので借金の元本が残ります。
そのため、任意整理後も借金を返済していく必要があります。

借金を大幅に減額できるわけではない

上述したように、任意整理では基本的に遅延損害金と利息のカットしか行うことができないため、借金が大幅に減るということはありません。

そもそもの債務額が大きい場合には、任意整理以外の方法を検討することが必要ですので、自分の状況を正確に把握することが大切です。

任意整理後は闇金業者に注意が必要

先程も說明しましたが、任意整理を行うと、信用情報に傷がついてしまい、ローンが組めなくなったり、クレジットカードの利用ができなくなります。

信用取引ができないため、急な出費によって資金が必要になったときに正規の方法で資金を調達することができなくなってしまいます。

そんな時に、闇金(法外な利息で貸付を行う業者)からお金を借りてしまいますと、せっかく任意整理をしたにも関わらず新たな借金に悩まされることになります。

どんなことがあっても、闇金業者からお金を借りることはやめましょう。

任意整理ができる条件

任意整理ができる条件
任意整理の流れについてご説明しましたが、任意整理は誰でも利用出来るものではありません。
基本的には将来の利息をカットする、利息分の減額をお願いする程度しかできないため、借金の元本は引き続き返済する必要があります。ですのでこの借金を返済できるだけの能力が求められます。

ここからは、任意整理が出来る条件について詳しく説明します。

安定した収入があること

まずは安定した収入を確保していることが条件となります。安定した収入が確保されていない人は、任意整理後の借金返済ができないと判断されてしまうためです。

安定した収入というのは、公共料金や最低限度の生活費用を差し引いても、毎月の返済に応じられる状態を指します。収入については収入証明書等を通じて証明しなければならず、偽装して返済できる能力を持っているように見せかけるのは不可能です。

毎月の返済がしっかりできる能力を持っていなければ、任意整理ができないものと判断してください。

返済が難しい場合は他の債務整理について検討する必要があるでしょう

今後35年前後の間で完済ができ、返済意思があること

任意整理は3~5年程度しか返済期間が用意されていません。
当然返済の意志がないと判断されれば、この時点で交渉しても無駄と判断され、金融機関から断られてしまいます。

最短で3年以内に完済しなければならないというのは、借金の額が多くなっている場合は厳しい状況に置かれる可能性もありますので、本当に返済できるか慎重に考えて、任意整理を依頼したほうがいいでしょう。

\専門家に相談しよう!/

任意整理の費用はどのくらい?

任意整理の費用はどのくらい?

任意整理は無料でできる方法ではなく、弁護士や司法書士へ報酬を支払う必要があります。基本的な費用についてしっかり確認しておかないと、費用の支払いが難しくなる可能性があります。これから紹介する費用について確認し、確実に任意整理ができる状況を作りましょう。

専門家に依頼した場合の基本費用について

任意整理を行う場合は、基本的な費用として3~5万円の支払いがあります。この費用は事務所によって多少違いがありますので、費用が高いと感じているようなら別の事務所に相談するなどの対応を行いましょう。

基本費用については、実際に任意整理を依頼しなければわからないケースがあるため、事務所と契約する前に任意整理の費用をしっかり確認するのが無難です。

専門家に支払う報酬金について

次に報酬金として任意整理の減額分に当たる金額を契約した事務所に支払う必要があります。報酬金というのは、任意整理を成功した際に借金がどれくらい減額できたのかによって金額が変化します。

具体的には以下の表を参考にしてください。

元の借金減額後の借金報酬金
100万円80万円2~4万円
90万円1~2万円
100万円0円

任意整理をしても借金が減額されておらず、元々の借金額を利息なしで返済していく事になった場合、借金を減額していることによる報酬金は発生しません。一方で借金が減額された場合には、減額された借金の10~20%を報酬金として支払う必要があります。

基本費用については必ず支払う必要があるものの、報酬金については実際に任意整理が確定してからわかることですので、契約寸前まで報酬金がわからないケースも多くあります。

なお、依頼を出した任意整理が実施されなかった場合、報酬金は支払いの対象となりません。ただ、基本費用については事務所によって請求される可能性がありますので注意しましょう。

\専門家に相談しよう!/

個人で行う場合の費用は?

任意整理は個人で行うことも可能です。その場合の費用はどのくらいかかるのかご紹介します。

自分で任意整理を行う場合、基本的にかかる費用は送付書類の郵送代などの雑費のみとなり、具体的には、配達記録郵便代の料金(160円)・基本郵送代(82円)などとなり、専門家に依頼するよりも遥かに安い費用で行うことが可能です。

しかし、個人で行う場合には、交渉なども自分で行う必要があり、思ったように減額ができない可能性も高いので専門家に依頼したほうが安心といえるでしょう。

任意整理がおすすめなのはどんな人?

任意整理がおすすめなのはどんな人?

任意整理はおすすめできる人が限られているものの、上手に利用すると返済効率が大幅に上昇し、簡単に借金を完済できます。
自分が任意整理に向いているのか確認しましょう。

ここからは、任意整理がおすすめな人を紹介します。

安定した収入はあるが今の状況ではすべてを返せる見込みがない人

まずは安定した収入を持っているものの、現状では返済できる見込みが立たない人です。

収入は安定しており、毎月の返済ができる余裕は持っているものの、借金額が多すぎて返済できないと判断される状況では任意整理を行ったほうがいいでしょう。利息分を減額してもらうだけでも、毎月の返済で借金を完済できる可能性があります。

長期間返済を続けている人

長期間返済を続けているが、全く返済が終わっていない人も任意整理を検討したほうがいいでしょう。

返済が長期間に渡っている人は、利息によって返済が進まない問題に直面しています。利息を任意整理で無くすことができれば、これまで長期間返済していた借金がすぐに完済できる可能性もあります。なかなか借金が減らない人は任意整理を行ったほうがいいでしょう。

ただ、利息があまり多くないものの返済が進んでいない人には向いていません。この場合は返済額を更に増やして、利息以上の返済を進めたほうが任意整理よりも効果的です。現在の返済額に対して、利息が多すぎて困っている人は任意整理を使ってください。

自分がいくら借金していて、利息分がいくらなのか把握することが大切!

借金額がそれほど多額ではない人

借金額があまり多くない人にも任意整理は向いています。

利息をなくしてしまえば返済できる程度の借金であれば、任意整理で早々に利息をなくしてしまい、返済できる目処をつけたほうがいいでしょう。残っている借金があまり多くないのであれば、毎月の返済でしっかりと完済できる状況が作られます。

一方であまりにも借金が多く、任意整理をしても完済の目処が立たないという場合は、任意整理より強力な債務整理を検討したほうがいいでしょう。

\専門家に相談しよう!/

関連記事

他の債務整理の方法については以下の記事でご紹介しておりますので、よろしければ参考にしてください。
「債務整理とは?メリットやデメリット、おすすめの方法についてご紹介!」

任意整理が利用できないケース

任意整理が利用できない場合

任意整理は誰でも利用できるものではなく、以下で紹介するような状況では利用できない可能性が高いです。

任意整理ができない場合には、別の債務整理手続きを検討する必要があります。

債務額が大きすぎる場合

任意整理では、主に利息や遅延損害金がカットされ、返済期間を伸ばすことが可能です。

しかし、元本の減額を行うことができないため、元本が高額な場合は、任意整理をしても完済することができず
自己破産を検討するということもありえます。

債務額が大きすぎる場合には、元本の減額ができる自己破産や個人再生を検討しましょう。

収入が少ない場合

任意整理では、元本が減額される可能性が低いため、任意整理後も借金を返済していく必要があります。

しかし、収入が少ない場合には、任意整理後に返済が滞ってしまう可能性が高いです。

自分の債務状況と収入をしっかりと把握し、債務整理の方法を検討しましょう。

過去に同じ債権者に対して任意整理をしている場合

過去に任意整理をしたにも関わらず、また任意整理を行おうとすると債権者から「債務不履行者」と思われても仕方ありません。

任意整理は裁判所を介さない手続きのため、信頼関係に基づいて行われます。
債権者からの信頼が得られなければ、任意整理に同意してもらうことは難しく、結果として任意整理を行うことはできない可能性が高いでしょう。

\専門家に相談しよう!/

任意整理は個人でもできる?弁護士・司法書士に依頼するのがおすすめ!

任意整理は個人でもできる?弁護士・司法書士に依頼するのがおすすめ!
任意整理は個人でも手続きできますが、難しい方法ですのでできることなら専門家に依頼をしましょう。

理由としては以下の要因により、任意整理をスムーズに実行できないためです。

  • 金融機関によっては個人の任意整理依頼を拒否するため
  • 圧力をかけて任意整理を拒否されるため
  • 手続きが難しく個人での対応がスムーズに進まないため

こうした理由によって、個人の任意整理は非常に難しくなっています。

特に厳しいポイントは金融機関との交渉です。交渉の際は金融機関の担当者と直接任意整理で合意しなければなりませんが、金融機関としては利息収入を失うわけにはいかないため妨害してきます。圧力をかけて任意整理を拒否する姿勢を鮮明にする金融機関も多いのです。

任意整理は個人で行うことで数千円程度の費用に抑えられます。しかし、費用が安くてもスムーズに進められない、場合によっては拒否されてしまうようなリスクがあるのは事実です。

任意整理をしたいのであれば、まず専門家に相談するのがいいでしょう。
事務所によっては、初回の相談は無料で行ってくれるところもありますので、気軽に相談してみましょう。
話を聞いてもらうことで、新たな選択肢が生まれるかもしれません。

\専門家に相談しよう!/

任意整理を行った方の口コミをご紹介!

お名前のイニシャルを教えて下さい。

M・Kと申します。

年代・性別・居住地について教えて下さい。

35歳 男 東京都

借金を作ったエピソードを教えて下さい。

ギャンブルと風俗の依存が原因です。手元にお金がなくなり、パチンコと風俗に通うために消費者金融から借金をし続けたら莫大な返済額にふくれあがっていました。

任意整理をしようと思ったきっかけを教えて下さい。

貯金は全くなく、給料を全額返済にあてても数年の期間がかかるぐらいまで返済額がふくれあがっており、生活が困難で死を選ぶかどうかという選択肢さえ出てきていた時にネットで「借金にお困りの方」という情報を見ました。それをキッカケに専門家に相談し、「任意整理するしかない」という結論に至りました。

任意整理でどのくらい借金を減額できたか教えて下さい。

過払い金の返還も含め、合計で110万円の減額ができました。

任意整理を行った感想を教えて下さい(良かった点・悪かった点など)

依存してお金に目がくらんで莫大な借金を抱えた自分を受け入れるのは辛いことでしたが、任意整理をしたことで「またここからやり直そう」と思えてお金の使い方や自分自身を見直すことができました。質素ではありますが正しいお金の使い方をしながら絶望を感じるほどのストレスを抱えることなく生活できていることを考えると、司法書士に相談をして良かったです。

任意整理を検討している方へのメッセージをお願いいたします。

借金地獄に陥っていることを受け入れるのは辛いことです。しかし、自分が巻いた種です。それを受け入れて行動することで新しい人生をやりなおすキッカケになると思います。どんな形であれ任意整理は「手段の一つ」だと思います。

任意整理におすすめの弁護士・司法書士事務所をご紹介!

任意整理におすすめの司法書士事務所をご紹介いたします。

弁護士法人 ライズ綜合法律事務所

ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件を超える債務整理の解決実績!
  • 契約前であれば何度でも相談無料!来所・電話・メール3つの方法で相談可能!
  • 弁護士費用の分割払いに柔軟な対応!安心して債務整理の依頼ができます。

\口コミ高評価!/

ライズ綜合法律事務所はこんなところ!

債務整理を始め様々な問題の相談において顧客満足度が高く、口コミが高評価の事務所です。
代表の田中泰雄弁護士は20年以上債務整理を行ってきており、実績、経験共に豊富で安心して依頼が可能です。
また、横浜・大阪にも事務所を構えており、アクセスの良さもライズ綜合法律事務所の強みとなっています。

主な費用

相談料金 契約前の相談は無料
全国対応 出張相談会有り(感染症のため現在は休止)
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の22%~
任意整理解決報酬金:1社あたり22,000

ライズ綜合法律事務所について

本所所在地〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-1 ミナトビル 5階
対応業務債務整理、債権回収、離婚問題、交通事故...etc

\口コミ高評価!/

出典:https://risesogo.jp/

弁護士法人 大地総合法律事務所

大地総合法律事務所

大地総合法律事務所の特徴
  • ビデオ面談、電子契約を導入しており、コロナ禍に完全対応!
  • 迅速な対応・情熱的な交渉・チームワークを最重視!
  • 債務整理をはじめ、法務全般の業務に対応しており、安心して依頼が可能

\コロナ対策も万全!/

大地総合法律事務所はこんなところ!

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった借金問題の債務整理を得意としている弁護士事務所です。今まで数多くの多重債務者を救ってきており、主な取扱いは【任意整理】が多数。
迅速且つ、依頼者様を第一に考えた情熱的な交渉がポイントです。

大地総合法律事務所について

〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
対応業務債務整理、詐欺被害、誹謗中傷、交通事故...etc

\コロナ対策も万全!/

出典:https://daichi-lawoffice.com/

司法書士法人 はたの法律事務所

はたの法律事務所の特徴
  • 満足度95.2%! 債務整理、過払い金請求において40年。20万件の相談実績!
  • 相談・着手金は完全無料! 全国どこでも出張料金無料!
  • 手持ちがなくても催促停止! 費用の分割払いもOK!
\相談受付・24時間年中無休!/

はたの法律事務所はこんなところ!

はたの法律事務所は40年間、借金問題についての悩みを解決している人気の司法書士事務所です。
長年に渡る経験からご相談者様が抱える悩みを熟知しており、安心して相談をすることができます。
更に、相談料は何度でも無料で、借金についての悩みを気軽に相談することが可能です。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国出張料金 無料
過払い金報酬取り戻した過払い金額の20%   10万円以下の場合は12.8%
任意整理1社2万~+減額できた債務の金額の10%

はたの法律事務所について

所在地〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
\相談受付・24時間年中無休!/

出典:https://hikari-hatano.com/

司法書士法人 穂(旧:司法書士法人かなめ総合法務事務所)

司法書士法人 穂の特徴
  • 借金問題に特化した専門チームが、金融会社との交渉や書類の作成など、解決まで一貫してサポート!
  • 女性専用の借金相談窓口をご用意!24時間365日相談が可能!
  • ご契約までは何度でも無料相談が可能!メールでも電話でも相談ができる!
\任意整理が得意な事務所!/

司法書士法人 穂はこんなところ!

司法書士法人穂は債務整理の中でも、特に任意整理を得意とされている事務所で、家族にバレること無く借金問題を解決したい
という方におすすめの事務所となっております。
全国・24時間対応しており、メールやお電話でも相談することが可能です。また、匿名での相談も受け付けています。

主な費用

相談料金 ご相談は無料
完済過払請求相談料・着手金無料
1業者あたりの成功報酬 22,000円(税込)
任意整理1業者あたり 22,000円~(税込)
業者の主張する債務を減額した額の11%相当額(税込)

司法書士法人 穂について

所在地〒170-0013
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル6階
対応業務債務整理、不動産登記、商業登記・企業法務、相続
\任意整理が得意な事務所/

出典:https://honoka.or.jp/

赤瀬司法書士事務所

赤瀬司法書士事務所の特徴
  • 大阪府を中心に、全国を対象として業務を展開!
  • 法律のスペシャリストが豊富な専門知識で債務整理をサポート!
  • 事前予約で夜間や休日の対応も実施!

\丁寧な相談対応!

赤瀬司法書士事務所はこんなところ!

赤瀬司法書士事務所は、大阪府大阪市にある司法書士事務所で、大阪司法書士会所属の赤瀬丈晴氏が代表を務めている事務所です。赤瀬司法書士事務所では、無料且つ匿名で利用することが可能な借金減額診断を用意しており、気軽に自分の借金についてのシミュレーションが可能です!

主な費用

相談料金 無料
全国対応 可能
着手金債権者1社あたり27,500円~(税込)
過払い金返還報酬返還された過払い金額の22%~(税込)

赤瀬司法書士事務所について

所在地〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング416号室
対応業務借金問題・相続・成年後見など

\丁寧な相談対応!/

出典:https://akase-legal.com/

まとめ

まとめ

任意整理は借金の利息分を減額し、これまでよりも返済しやすい状態にする債務整理の方法です。

  • 利息の支払いで借金が減っていかない人
  • 借金額は少ないものの返済の見通しが立たない人

こうした問題を抱えている人は、任意整理によって借金減額を検討してもいいでしょう。

ただ、任意整理にもデメリットはあります。将来的なリスクを考慮した上で任意整理をするか検討しましょう。
また、任意整理を検討する際は、弁護士や司法書士といった専門家に相談することを忘れないでおきましょう。

この記事の監修者

佐久間大地(弁護士法人大地総合法律事務所 代表弁護士)

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった
借金問題の債務整理を得意とする。
数多くの多重債務者を救ってきた専門家。主な取扱いは【任意整理】
記事をチェックし、自分にあった債務整理方法を見つけてみましょう!
ご不明点は、遠慮なくご相談ください。

Q&A

任意整理とはどんな手続きですか?
任意整理とは裁判所を介さず、直接債権者と話し合いを行い和解をする手続きです。
将来金利分の利息をカットしてもらい、原則3年間の分割払いを認めてもらいます。
その際、過払い金があった場合には借金の元本に充当することが可能です。
任意整理のメリットを教えて下さい。
任意整理のメリットはいくつかあります。
まず、長期分割の和解がまとまれば、月々の返済額を軽くすることが可能という点です。
同じ借金の金額でも、分割回数が違うだけで月の返済金額は大きく変わり、生活も変化します。
また、利息制限法に基づいた引き直し計算によって過払い金が発生していた場合には、借金の元本に充当することができるので、大幅に借金を減額できる場合もあります。
また、遅延損害金や将来利息をカットすることが可能なこともメリットでしょう。
さらに、任意整理では各債権者と個別に交渉することになりますので、借金を整理したい債権者のみを選んで交渉することができます。
任意整理のデメリットを教えてください。
個人再生や自己破産に比べ、借金の減額幅が少ない点はデメリットであるでしょう。
また、これは債務整理に共通するデメリットですが、任意整理を行うと信用情報機関に金融事故情報が登録されてしまいます。登録期間は5年~10年といわれており、その間は信用取引ができなくなってしまいます。(借金やクレジットカードの利用)
任意整理ができない場合はありますか?
ほとんどの場合は、将来利息のカット、3~5年程度の分割返済という内容で和解することが可能です。
もちろん過払い金が発生していた場合には請求することが可能です。
しかし、借入後一度も返済をしていなかったり、担保付の借り入れについては和解するのが難しい場合が多いです。
任意整理はあくまでも、減額してもらった上で借金を返済する意志のある方のみが利用できる方法です。
おすすめの記事