個人再生と自己破産はなにが違う?それぞれの比較、当てはまる人を解説!

個人再生と自己破産の違いがよく分からないと悩んではいませんか?

自分に合った債務整理を実施しないと、思わぬリスクや負担で苦しんでしまう可能性があります。

本記事では個人再生と自己破産の違いについて詳しく比較解説いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

\専門家に相談しよう!/

個人再生とは?債務整理の方法の一つ!

個人再生とは?

個人再生は返済総額を法的に少なくすることができる債務整理方法です。

現在の経済状態だと満額の返済は難しいと判断された場合に、最大5分の1程度まで返済総額を減らしてもらうことができます。

個人再生では、以下の2種類のいずれかの再生方法を選択可能です。

  • 小規模個人再生
  • 給与所得者等再生

小規模個人再生

小規模個人再生は、以下のような特徴を持っています。

  • 安定した収入があり返済を続けていける能力があることが条件
  • 給与所得者等再生よりも多く返済総額を減らしてもらえる可能性が高い
  • 再生債権者の半数以上に再生計画案を認めてもらわないとならない

小規模個人再生を申し立てる条件自体は厳しくなく、給料をもらっている方なら誰でも申立てが可能です。

ただし、最終的に再生債権者の同意が必要になるので、途中で自己再生が廃止してしまう恐れはあります。

給与所得者等再生

給与所得者等再生というのは、以下のような特徴を持った手続きのことです。

  • 安定した収入がある且つ収入の変動幅が狭いことが条件
  • 小規模個人再生よりも減らしてもらえる返済額が少ないことが多い
  • 再生債権者の意見によって手続きの成否が左右されることがない

再生債権者に万が一異議を唱えられたとしても、給与所得者等再生なら手続きが廃止することはありません。

ただし、申立ての条件が小規模個人再生よりも少し厳しくなっている点には注意が必要です。

再生債権者からの同意が得られそうにないと最初から分かっている方は、給与所得者等再生を選択する場合が多いです。

\専門家に相談しよう!/

自己破産とは?債務整理の方法の一つ!

自己破産とは?

自己破産は借金を返済する義務そのものを免除してもらえる債務整理方法です。

十分な収入が得られないなど、何らかの理由で一切の返済が不能であると認められた場合にのみ申立てが可能となります。

自己破産を認められた場合は、裁判所の判断によって以下の2種類のうちいずれかの手続きを言い渡されることになるでしょう。

  • 同時廃止事件
  • 管財事件

同時廃止事件

債権者に配当することができる財産が一切ない場合は、同時廃止事件が言い渡されます。

自己破産手続きがはじまると、通常は持っている財産の清算が行われるものです。

しかし同時廃止事件の場合は清算すべき財産がないので、自己破産手続きが開始すると同時に手続きが終了してしまいます。

多くの自己破産申立人が同時廃止を望みますが、清算すべき財産が手元にないと裁判所に認めてもらうことは比較的難しいことなので苦労する方が多いです。

同時廃止事件の方が確かに楽ですが、誰もが条件に該当するわけではありません。

管財事件

清算可能な財産を有している場合は、管財事件が言い渡されます。

どのくらいの財産があると管財事件になるのかという基準は、裁判所ごとに細かく異なるので一概には言えません。

ですが、以下のような場合は高い確率で管財事件になると思っておいた方が良いでしょう。

  • 33万円以上の現金を有している場合
  • 20万円以上の貯金がある場合
  • 査定額が20万円以上になる所有物がある場合

ちなみに管財事件が行われている間に発生する費用(およそ50万円)は、引継予納金としてすべて債務者が支払う必要があります。

少額管財事件

自己破産をする方はお金にあまり余裕がないため、引継予納金の支払いすらままならない場合もあるでしょう。

そのようなケースを鑑みて、引継予納金を20万円以内に抑えることができる「少額管財事件」という特例手続きを設けている裁判所もあります。

ただし代理人として弁護士を立てている方でないと、少額管財事件を選択することはできません。

弁護士に頼らず自分の力で自己破産をしようとしている方は注意しましょう。

\専門家に相談しよう!/

個人再生と自己破産を比較!異なる点は?

個人再生と自己破産を比較!異なる点は?

個人再生と自己破産の異なる点をいくつか解説していきます。

減額できる債務・返済期間

個人再生では、債務をおよそ5分の1にまで減額してもらえます。

自己破産では返済義務自体がなくなるので、債務の減額は0円までです。

利用できる条件

個人再生の申立てをするには、以下のような条件を満たしている必要があります。

  • 全額完済ができなくなる恐れがある
  • 継続的に収入をもらえる可能性が高い

一方、自己破産の申立てができるのは、以下のようなより厳しい条件を満たしている方のみです。

  • 借金の支払いが不可能な状態にある
  • 債務の種類が非免責債権ではない
  • 免責不許可事由に当てはまらない

非免責債権となるのは、税金や公共料金のような債務です。

また、ギャンブルで借金を増やした方や過去7年以内に一度自己破産をしている方は、原則として免責不許可事由に該当します。

手続きにかかる期間

個人再生の手続きには、8カ月から1年ほどの時間がかかるでしょう。

申立ての準備期間が数か月、手続き開始までは1カ月、再生計画案が認可されるまでは5カ月ほどかかるといわれています。

一方、自己破産の手続きには、1年から1年半ほどの時間がかかるでしょう。

まず申立てまでに半年程度、申立てから手続き完了までは半年から1年ほどかかるといわれています。

自己破産で同時廃止事件が認められた場合は手続きがすぐに終了するため、さらに半年ほど期間が短くなります。

専門家への依頼費用

専門家に個人再生の依頼をする時は、依頼料が30万円~50万円ほどのになる場合が多いです。

一方、専門家に自己破産の依頼をする場合は、手続きの種類によって依頼料が以下のように変わります。

  • 同時廃止事件:30万円~
  • 管財事件:70万円~
  • 少額管財事件:50万円~

信用情報への登録有無・期間

個人再生の場合、以下のように信用情報機関によって登録される情報が異なります。

CICJICCKSC
登録情報登録なし申立ての事実のみ個人再生が認められた事実のみ
登録期間約5年10年未満

自己破産の情報は、以下のようにどの信用情報機関にも登録されることになるので注意しましょう。

CICJICCKSC
登録情報自己破産開始の事実と免責の有無申立ての事実のみ自己破産開始の有無
登録期間約5年5年以下10年未満

残せる財産

個人再生の手続き開始後に手元に残せる財産は、減額金額以内のものと決められています。

たとえば、500万円の借金が100万円まで減った場合は、100万円以上の財産は残すことができません。

一方、自己破産では原則としてに自由財産と呼ばれるもの以外はすべて手放す必要があります

保証人や周りへの影響

個人再生の事実は債権者と保証人にしか知らされないので、保証人ではない周囲の人間には何の影響もありません。

ただし、保証人となっている場合は債務者が個人再生を行っても返済額が減ることはないので、債務者に代わって減額した分のお金を全額返済するように債権者から連絡が来る可能性があることは伝えておくべきでしょう。

自己破産をする場合は家や車を失う可能性が高いので、保証人以外の家族にも迷惑をかける可能性はあります。

また、自己破産の場合も返済免責が下るのは債務者本人のみなので、保証人にはほぼ間違いなく全額返済請求がくるでしょう。

保証人や周囲への影響がより大きくなりやすいのは自己破産の方なのです。

官報への掲載

個人再生を行うと計3回官報に掲載されます

掲載されるのは、手続きスタート時と書面決議時、再生計画書が認可された時です。

自己破産をすると計2回官報に掲載されます。

掲載されるのは破産手続きがスタートした時と手続きが終了した時のみです。

\専門家に相談しよう!/

個人再生がおすすめな場合

個人再生がおすすめな場合

個人再生と自己破産で迷っている方も多くいるでしょう。

たとえば、以下のような状態にある方は、自己破産をするよりも個人再生を選択する方がおすすめです。

債務額が大きい

債務額が大きすぎる場合は、いきなり自己破産を選択するよりも個人再生で状況を立て直す方が望ましいです。

自己破産を行うと、保証人が返済金額のすべてを返済することになってしまいます。

一方、個人再生なら減額した分の金額だけ保証人に請求が行きますので、自己破産をした時ほどの負担はかかりません

保証人への負担を考えるなら、返済総額が多い状態で自己破産はしない方が良いでしょう。

車や家などの財産を残したい

車や家のような自由財産に含まれないものを手放したくないと思うのなら、個人再生を選択するべきです。

自己破産をすると、生活に必要な最低限の財産以外は基本的にすべて没収されてしまいます

特定の資格が必要な仕事をしている

自己破産手続きが始まると、資格制限によって以下のような資格が必要になる仕事がしばらくできなくなってしまいます。

  • 警備員
  • 弁護士
  • 不動産鑑定士
  • 税理士
  • 卸売業者

免責が認められればまた資格が使えるようになりますが、約1年間仕事ができなくなるのは困るという方は個人再生を行った方が良いでしょう。

\専門家に相談しよう!/

自己破産がおすすめな場合

自己破産がおすすめな場合

個人再生ではなく自己破産の方がおすすめなのは、以下のような方です。

債務額大きすぎ返済が不可能

返済金額がそれほど多過ぎず、自分自身ではどうしても返済が難しい場合は自己破産を行った方が良いでしょう。

返済ができずにそのまま滞納を続けても良いことはないので、弁護士などに相談してなるべく早く自己破産手続きをスタートさせるべきです。

債務額が少額なら、保証人へ負担をかけすぎることもないでしょう。

自己破産は債務者のために残されている最終手段です。いざという時には早めに相談しましょう。

免責不許可事由に該当しない

破産法252条1項で定められている以下のような免責不許可事由に当てはまらないのであれば、自己破産をするのがおすすめです。

  • 持っている財産をわざと減らす行為
  • 不当な債務負担行為
  • 一部の債権者にだけメリットがある返済をする行為
  • ギャンブルや浪費によって借金を増やす行為
  • 詐術による信用取引
  • お金の流れや帳簿を見えないようにする行為
  • わざと間違った債権者名簿を提出する行為
  • 裁判所への説明を拒んだり虚偽申告をしたりする行為
  • 管財人の仕事を妨害する行為
  • 過去7年以内に免責を受けたことがある場合
  • 破産法上で定められている義務違反行為

無収入の場合

現在無職で一切の収入を得られていない場合は、個人再生を行うことができないので自己破産をするしかありません。

生活保護費は収入には入らないので、生活保護受給者の方でも自己破産の申立てはできます。

むしろ借金があると生活保護の申請が下りない可能性も高くなるので、無収入の方は先に自己破産を済ませておいた方が良いでしょう。

\専門家に相談しよう!/

個人再生も自己破産もおすすめできない場合

個人再生も自己破産もおすすめできない場合

借金の返済は大変なものなので、どうしても個人再生や自己破産を検討してしまいがちです。

しかし、以下にような状態にある方には、個人再生も自己破産もあまりおすすめできません

債務額がそこまで大きくない

債務額が少なく現在の収入があれば何とか返済していけるという場合は、安易に個人再生や自己破産を行うべきではありません

個人再生や自己破産には借金の負担を軽減してくれるというメリットもありますが、代わりに以下のようなデメリットもあるためです。

  • 信用情報に傷がついてしまう
  • 大切な財産を失う可能性がある
  • 保証人に迷惑がかかる

返済を無理なく続けていける

毎月の返済がそこまで苦しくないという方は、なるべく個人再生や自己破産を行うべきではありません。

交際費や趣味に使うお金が捻出できなかったとしても、生活費に必要なお金は問題なく賄えているという状態ならば、そのまま完済を目指していくべきです。

借金を返済し終えるまでは、贅沢は一旦お休みしましょう。

家族にバレたくない

家族に借金をしていることや債務整理をすることを知られたくないという方は、個人再生や自己破産を行うべきではありません。

以下に該当する場合は、個人再生の手続きや自己破産の手続きを行うタイミングで家族に知られてしまう可能性が高いのです。

  • 家族と同居している
  • 家族が保証人になっている
  • 家族も債権者に含まれる
  • 家や車のローン返済が終わっていない
  • 家族にクレジットカードを使わせている
  • 官報を読む可能性がある

\専門家に相談しよう!/

個人再生・自己破産で迷ったら専門家に相談しよう!

個人再生・自己破産で迷ったら専門家に相談しよう!

結局個人再生と自己破産のどちらを選んだらよいのか判断しかねているという方は少なからずいるでしょう。

やはり法律に関することは、法律の専門家に相談するのが一番です。

専門家に依頼するメリット

個人再生や自己破産を検討している方が弁護士や司法書士のような専門家に相談するメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

専門的な立場からアドバイスがもらえる

弁護士や司法書士はこれまでに多くの債務者から相談を受けています。

そのため、それぞれの相談者の状況を瞬時に把握し、適切なアドバイスをすることができるのです。

個人再生をするべきか自己破産をするべきか悩んでいる場合も、専門的な立場で見解を述べてもらえます。

一般の方はどうしても法律のことには疎いものなので、無理をせず一度専門家に相談してアドバイスをもらってみましょう。

個人再生の複雑な手続き代行してくれる

個人再生の手続きは債務整理の中でも特に複雑です。

中でも、以下のような個人再生手続きは自分一人でこなすのが大変困難であり、通常は専門家の手助けが必要だといわれています。

  • 借金総額の調査および過払い金返還請求
  • 個人再生の申立てをするための書類一式の準備
  • 裁判所や個人再生委員会での面談

特に仕事を続けながら個人再生を行いたい場合は、代行を立てずに手続きを進めるのは難しいでしょう。

自己破産手続きの際に少額管財事件を利用できる

財産を有している方が自己破産をしようとすると管財事件に該当するため、本来なら70万円ほどの予納金を支払わなくてはなりません。

ただ、弁護士に自己破産手続きを依頼すると、特例として予納金を20万円以下に抑えることができる少額管財事件を利用できる場合があります。

少額管財事件は個人で自己破産の申立てを行った場合は適用されません

裁判所や債権者とのやり取りを任せられる

専門家に自己破産や個人再生手続きを依頼すると、裁判所や債権者とのやり取りをすべて代行してもらえます。

弁護士であれば直接債権者に対して受任通知を送ることができるので、すぐに直接の取り立てをストップさせることもできるのです。

他にも必要な書類のやり取りをしたり面談を行ったりする時にも、常に弁護士についてもらうことができるので安心感があります。

専門家が味方に付いてくれているという安心感は、債務整理中のストレスを大きく軽減してくれるはずです。

免責不許可事由に該当しないと証明しやすい

自己破産について裁判所で話をする時には、ほんの少しの会話のミスが要因となって免責を認めてもらえないこともめずらしくありません。

そのため申立人本人が面談をすると、どうしても免責不許可事由に該当しないと証明するのが難しい傾向にあるのです。

一方、弁護士のような専門家は法的に問題のない会話を熟知しているため、免責不許可事由に該当しないことを簡単に証明してくれます。

\専門家に相談しよう!/

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所

弁護士法人 ライズ綜合法律事務所

ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件を超える債務整理の解決実績!
  • 契約前であれば何度でも相談無料!来所・電話・メール3つの方法で相談可能!
  • 弁護士費用の分割払いに柔軟な対応!安心して債務整理の依頼ができます。

\口コミ高評価!/

ライズ綜合法律事務所はこんなところ!

債務整理を始め様々な問題の相談において顧客満足度が高く、口コミが高評価の事務所です。
代表の田中泰雄弁護士は20年以上債務整理を行ってきており、実績、経験共に豊富で安心して依頼が可能です。
また、横浜・大阪にも事務所を構えており、アクセスの良さもライズ綜合法律事務所の強みとなっています。

主な費用

相談料金 契約前の相談は無料
全国対応 出張相談会有り(感染症のため現在は休止)
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の22%~
任意整理解決報酬金:1社あたり22,000

ライズ綜合法律事務所について

本所所在地〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-1 ミナトビル 5階
対応業務債務整理、債権回収、離婚問題、交通事故...etc

\口コミ高評価!/

出典:https://risesogo.jp/

弁護士法人 大地総合法律事務所

大地総合法律事務所

大地総合法律事務所の特徴
  • ビデオ面談、電子契約を導入しており、コロナ禍に完全対応!
  • 迅速な対応・情熱的な交渉・チームワークを最重視!
  • 債務整理をはじめ、法務全般の業務に対応しており、安心して依頼が可能

\コロナ対策も万全!/

大地総合法律事務所はこんなところ!

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった借金問題の債務整理を得意としている弁護士事務所です。今まで数多くの多重債務者を救ってきており、主な取扱いは【任意整理】が多数。
迅速且つ、依頼者様を第一に考えた情熱的な交渉がポイントです。

大地総合法律事務所について

〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
対応業務債務整理、詐欺被害、誹謗中傷、交通事故...etc

\コロナ対策も万全!/

出典:https://daichi-lawoffice.com/

司法書士法人 はたの法律事務所

はたの法律事務所の特徴
  • 満足度95.2%! 債務整理、過払い金請求において40年。20万件の相談実績!
  • 相談・着手金は完全無料! 全国どこでも出張料金無料!
  • 手持ちがなくても催促停止! 費用の分割払いもOK!
\相談受付・24時間年中無休!/

はたの法律事務所はこんなところ!

はたの法律事務所は40年間、借金問題についての悩みを解決している人気の司法書士事務所です。
長年に渡る経験からご相談者様が抱える悩みを熟知しており、安心して相談をすることができます。
更に、相談料は何度でも無料で、借金についての悩みを気軽に相談することが可能です。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国出張料金 無料
過払い金報酬取り戻した過払い金額の20%   10万円以下の場合は12.8%
任意整理1社2万~+減額できた債務の金額の10%

はたの法律事務所について

所在地〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
\相談受付・24時間年中無休!/

出典:https://hikari-hatano.com/

司法書士法人 穂(旧:司法書士法人かなめ総合法務事務所)

司法書士法人 穂の特徴
  • 借金問題に特化した専門チームが、金融会社との交渉や書類の作成など、解決まで一貫してサポート!
  • 女性専用の借金相談窓口をご用意!24時間365日相談が可能!
  • ご契約までは何度でも無料相談が可能!メールでも電話でも相談ができる!
\任意整理が得意な事務所!/

司法書士法人 穂はこんなところ!

司法書士法人穂は債務整理の中でも、特に任意整理を得意とされている事務所で、家族にバレること無く借金問題を解決したい
という方におすすめの事務所となっております。
全国・24時間対応しており、メールやお電話でも相談することが可能です。また、匿名での相談も受け付けています。

主な費用

相談料金 ご相談は無料
完済過払請求相談料・着手金無料
1業者あたりの成功報酬 22,000円(税込)
任意整理1業者あたり 22,000円~(税込)
業者の主張する債務を減額した額の11%相当額(税込)

司法書士法人 穂について

所在地〒170-0013
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル6階
対応業務債務整理、不動産登記、商業登記・企業法務、相続
\任意整理が得意な事務所/

出典:https://honoka.or.jp/

赤瀬司法書士事務所

赤瀬司法書士事務所の特徴
  • 大阪府を中心に、全国を対象として業務を展開!
  • 法律のスペシャリストが豊富な専門知識で債務整理をサポート!
  • 事前予約で夜間や休日の対応も実施!

\丁寧な相談対応!

赤瀬司法書士事務所はこんなところ!

赤瀬司法書士事務所は、大阪府大阪市にある司法書士事務所で、大阪司法書士会所属の赤瀬丈晴氏が代表を務めている事務所です。赤瀬司法書士事務所では、無料且つ匿名で利用することが可能な借金減額診断を用意しており、気軽に自分の借金についてのシミュレーションが可能です!

主な費用

相談料金 無料
全国対応 可能
着手金債権者1社あたり27,500円~(税込)
過払い金返還報酬返還された過払い金額の22%~(税込)

赤瀬司法書士事務所について

所在地〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング416号室
対応業務借金問題・相続・成年後見など

\丁寧な相談対応!/

出典:https://akase-legal.com/

まとめ

個人再生 自己破産 まとめ

今の状態だとどうしても借金の返済が厳しいという場合は、個人再生や自己破産も視野に入れて考えてみるべきです。

滞納状態が続くとどんどん自分の首を絞める結果となってしまいます

とはいえ、個人再生や自己破産手続きは複雑なので、どうしても一歩を踏み出せずにいる方も少なくないでしょう。

そのような時には、司法のプロフェッショナルである専門家に相談してみるのがおすすめです。

口コミ高評価!

当サイト債務アレンジおすすめ「ライズ綜合法律事務所」はGoogleの口コミにて★4つと高評価で満足度が高い事務所様となっております。レビューの数も61と多く、「とても親切だった」という声が多数です。
借金でお悩みの方は是非、「ライズ綜合法律事務所」にご相談下さい!

おすすめの記事