債務整理とは?メリットやデメリット、種類ごとの特徴についてご紹介!

この記事の監修者

佐久間大地(弁護士法人大地総合法律事務所 代表弁護士)

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった
借金問題の債務整理を得意とする。
数多くの多重債務者を救ってきた専門家。主な取扱いは【任意整理】
記事をチェックし、自分にあった債務整理方法を見つけてみましょう!
ご不明点は、遠慮なくご相談ください。

ほとんどの方は人生の中でお金の融通が必要になるシーンがあり、手持ち資金で足りない場合は借り入れをすることでピンチを乗り切ることができます。

しかし悪い借り癖がついて借金がかさんだり、複数の相手から借り入れをして債務状況の把握がむずかしくなると返済を焦げ付かせてしまうことがあります。

その場合、放置しておくとどんどん問題が大きくなってしまうので、債務整理によって早めに対応を考える必要が出てきます。

本記事では債務整理の種類やメリット・デメリット、将来への影響や費用の問題などを全体的に解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

\いくら減額できるか確認しよう!/

債務整理とは?

債務整理とは

債務整理って聞いたことはあるけど何のことだろう?

「債務」とはつまり借金のことで、正確には借りたお金を貸し主に返済する義務のことを言います。

これを「整理」するということで、誰にいくら借りたのか、今残っている借金の額はいくらなのか、などを整理し、適切な返済計画を模索・実施することを債務整理といいます。

平たく言えば、借金を減額したり、なくしたりすることができるのが債務整理です。

債務整理にはいくつか種類があり、それぞれ特徴や借金の減額度合い、利用にかかる難度などが異なります。

債務整理とは何を指すのか

債務整理には大きく「任意整理」「自己破産」「個人再生」「特定調停」の4種類があります。

次の項からはそれぞれどのような債務整理方法なのか、特徴を捉えて見ていきます。

\専門家に相談しよう!/

債務整理の種類

債務整理の種類

初めて債務整理を考える方は、それぞれの債務整理法がどんな特徴を持つのか全体像を捉えておくことが肝要です。

これによって自分はどの方法が適しているのか大枠で把握することができます。

債務整理は方法の総称だったんだね!

①任意整理

任意整理は個別の債権者(お金の貸し主)と話し合いをベースに返済にかかる交渉を行うものです。

他の債務整理方法のように裁判所の関与を受けずに行うことが可能で、柔軟に解決法を模索することができます。

反面、借金の減額度合いは小さく、将来の利息をカットする程度の効果に落ち着くことがほとんどです。

あくまで交渉ベースで進めることから、元本を減額することは相手方の債権者が認めてくれないのが普通です。

4つの債務整理法の中では最も利用しやすい性質を持つものの、借金の減額度合いは最も小さくなります。

現状で借金による困窮度合いが深刻でなく、少し利息を免除してもらえば十分に借金返済が可能な方にお勧めの方法です。

関連記事

「任意整理とは?流れや費用相場、任意整理後の生活についてもご紹介!」では更に詳しく任意整理についてご紹介しております。

②自己破産

自己破産は一般的な借金を全て帳消しにすることができる非常に強力な手段です。

他人に対する損害賠償金だったり、離婚に伴う養育費や慰謝料など一部の債務については対象外となるので自己破産をしても残りますが、貸金業者や友人などから借りた一般的な借金であれば利息はもちろん、元本についても帳消しにできるので、まっさらな状態で人生の再出発を図ることができます。

ただし、借金を帳消しにできるということは、お金を貸した債権者は資金を回収できなくなるわけですから、大きな損害を被ります。
そのため自己破産の制度は裁判所によって厳格に管理され、任意整理のように自由性があるものではありません。

確かに。貸した側からしたら大きな損失になるよね。

自己破産を認められることを一般的に「免責される」といいますが、免責を勝ち取るには裁判官を納得させなければならず、借金を重ねてしまった反省や、これからは借金にたよらない生活を実践していく覚悟を見せる必要があります。

もし借金がギャンブルや浪費などによってしたものであれば、そもそも「法律の力によって救うべき人物ではない」ということで自己破産を認めてもらえないこともあります。

決して気軽に利用できるものではなく、債務整理を考えるにあたっては最後の手段という位置づけになります。

収入状況と借金返済の負担を鑑みて、どう頑張っても完済は不可能である場合に選択肢になります。

なお借金を帳消しにできる恩恵がある代わりに様々な制限やデメリットもあるので、これについては後述します。

メリット・デメリットを正しく把握しよう!

関連記事

「自己破産のメリット・デメリットをご紹介!」では自己破産のメリット・デメリットについて更に詳しく解説しております。

③個人再生

個人再生も裁判所の関与を受けて行う厳格な債務整理法ですが、自己破産と違って全ての借金を帳消しにするのではなく、大幅に減額したうえで完済を目指す方法です。

借金の額によりどれだけの債務負担を減らせるのかに大きな違いが出てきますが、今ある借金を概ね1/5に減らし、残った債務を計画に従って返済し、3年~5年かけて完済を目指します。

債務の額に比した減額の程度をまとめて見ると以下のようになります。

最低弁済額とは、債務総額に対して最低限返済しなければならない金額で、借金の減額がどこまで可能かということが分かります。

債務の額最低弁済額
100万円未満の場合借金総額
100万円以上500万円未満100万円
500万円以上1500万円未満債務額の5分の1
1500万円以上3000万円未満300万円
3000万円以上5000万円未満債務額の10分の1

上で見ると、最大9割もの負債を減らすことができるので、返済がかなり楽になります。

また個人再生の大きな特徴として、「住宅ローン特則」という制度を利用することでローンが残った自宅を手放さずに返済を続けることが可能です。

住宅ローンの債務自体は圧縮できませんが、それ以外の借金を減らして返済負担を下げ、マイホームのローン支払いを続けられるように調整できます。

自己破産を利用できない場合や、ローンが残る自宅を手放さずに借金を整理したい、あるいは任意整理よりも大幅な債務の削減が必要な場合に選択肢になります。

なお借金が5000万円以上ある場合は個人再生を利用できません。

1/10にまで減額できるのは凄い!家を残したい人にもいい方法だね!

関連記事

「個人再生とは?流れや費用相場、メリット・デメリットについてご紹介!」では、個人再生の実際の流れについてもご紹介しております。

④特定調停

特定調停も裁判所の関与を受けて行う債務整理法ですが、その効果はほぼ任意整理と同じと考えて差し支えありません。

任意整理は債務者が自ら選んだ弁護士などを代理人として交渉を進めますが、特定調停では裁判所の調停委員が債権者と債務者の間を取り持って話し合いがまとまるように尽力してくれます。

任意整理は私的な整理法特定調停は公的な整理法という性質の違いがあります。

公的とはいっても調停は当事者の和解によって合意を形成するものであり、裁判所が強制的に決着をつけるものではありません。

そのため債権者が話し合いに応じなかったり、応じたとしても話し合いが決裂することもあります。

借金減額の交渉なんてしたことないし、難しそう、、、。

調停が不成立となった場合は他の債務整理法を検討することになります。

\専門家に相談しよう!/

債務整理のメリット・デメリット

債務整理のメリット・デメリット

次に、各債務整理法のメリットとデメリットを確認していきます。

デメリットも把握した上で、債務整理を検討しよう!

任意整理のメリット・デメリット

まずは任意整理のメリット面を見ていきます。

任意整理のメリット

 利息分の負債をカットできる

任意整理における借金の直接的な減額効果は将来利息のカットと小さめですが、それでも複数の債権者の合意が取れればかなりの負担軽減となります。

② 柔軟な整理法の組み立てが可能

任意整理では誰を交渉の相手方とするか自由に選べるので、特定の相手とは減額交渉を行わず今まで通り返済を続けることも可能です。迷惑を掛けたくない友人や知人などは交渉対象から外すなど、柔軟な組み立てが可能です。

③ 過払い金の返還請求も可能

もし過払い金が発生している場合は、任意整理と並行して過払い金の返還請求も可能です。

④ 取り立てがなくなる

通常は弁護士や司法書士などの専門家に交渉を委任することになるので、その場合は専門家の受任と同時に債権者からの取り立てが止みます。

整理する相手を選べることはありがたいね!
取り立てがなくなって任意整理に集中できるようになるのも良い!

任意整理のデメリット

 減額幅は小さい

個人再生や自己破産と比べると借金の減額幅は小さめで、負担の軽減度合いとしては最も小さい部類です。

② ブラックリストに載る

借金を減額することは債権者からすれば金融事故の一種ですから、相手が金融業者であればブラックリストに載ることになり、一定期間は新たな借り入れなどができなくなります。

③ 自分ではできないことが多い

任意整理を債務者自身が申し込んでもほとんどの場合債権者は相手にしてくれません。 弁護士などの専門家を介してとなるので、費用面で負担が生じます。

利息だけでもなくしてもらえるのは助かるね!

\専門家に相談しよう!/

自己破産のメリット・デメリット

次に、自己破産のメリット・デメリットについてご紹介いたします。

自己破産のメリット

 全ての借金から解放される

損害賠償金など一定の債務を除き、一般的な借金は全て帳消しにされます。

② 最低限の財産は手元に残せる

99万円以下の現金や20万円未満の預貯金などは、生活再建に最低限必要な財産として手元に残すことができます。

③ 手続き当初に督促が止まる

一般的には弁護士などの専門家に手続きを依頼するので、受任時点で取り立てがストップします。

財産は全部なくなると思っていたけどそうではないんだ!

自己破産のデメリット

 ブラックリストに載る

こちらも金融事故扱いとなるのでブラックリストに載ることになります。

② 官報に載る

自己破産をした者の氏名や住所は官報に掲載され、広く全国に公布されます。 ただ普通の人は官報を見ることはないので、友人などにバレることはほとんどないでしょう。

③ 職業制限がある

自己破産の手続きをしてから免責の決定を受けるまでの一定期間は、警備員や生命保険募集人など一定の職業に就けなくなります。 免責後には制限が解除されますが、信用面で影響が出る可能性があります。

④ 財産を処分しなければならない

自己破産をするには最低限残してもらえる財産以外は全て処分して換価し、債権者の配当に充てなければいけません。

⑤ 保証人に迷惑がかかる

借金債務に保証人が付いている場合、自己破産をした者の代わりに債権者から取り立てを受けるので迷惑が掛かります。

デメリットは多いけど、
それ以上に借金を全て無くせるのは大きなメリットだね!

個人再生のメリット・デメリット

続いて、個人再生のメリット・デメリットについてご紹介いたします。

個人再生のメリット

 借金を大きく減らせる

元本に踏み込んだ減額が可能なので、任意整理よりも借金の減額幅が大きくなります。

② 自宅を残せる可能性がある

ローンが残っているマイホームは住宅ローン特則を利用することで残せる可能性があります。

③ 借金の理由は不問

自己破産と違いギャンブルや浪費による借金でも個人再生ならば問題ありません。

④ 職業制限がない

こちらも自己破産と違って就ける職業に制限がでることはありません。

自宅を残したい人、
借金の理由がギャンブルという人でも安心!

個人再生のデメリット

 安定した継続収入が必要

削減した借金は計画に従って返済しなければならないので、将来にわたる安定した継続収入がなければ個人再生は利用できません。

② 交渉相手を選べない

任意整理と違い、特定の相手だけを対象とした借金の減額はできません。

③ 手続きが難しい

個人再生は綿密な返済計画を練るなど非常に複雑な作業が必要で、実質的に素人では難しいため専門家に費用を払って手続きを依頼することになります。

自己破産と違って借金が無くなるわけではないから、返済能力は必要だね!

特定調停のメリット・デメリット

最後に特定調停のメリット・デメリットについてご紹介いたします。

特定調停のメリット

 交渉相手を選べる

借金の減額幅は概ね任意整理と同じく将来の利息カット程度ですが、個人再生と違って交渉相手を自由に選択することができます。

② 財産処分などのデメリットを回避できる

自己破産のように財産処分を強制されたり職業制限が出ることはありません。

特定調停のデメリット

 過払い金の返還請求はできない

特手調停の手続き内では過払い金に関する請求はできないので、過払い金がある場合は別途請求手続きが必要です。

② ブラックリストに載る

特定調停による場合も金融事故扱いとなるので、債務者はブラックリストに載ります。

③ 取り立てが止むまで時間がかかる

任意整理では弁護士等専門家が受任すると同時に取り立てが止みますが、特定調停は申し立てに様々な資料が必要で、準備にはある程度時間がかかります。 その間は取り立てが止まないので精神的に負担となってしまうでしょう。

複雑な手続きをしながら、取り立ても止まないなんて正直つらそう、、

\専門家に相談しよう!/

債務整理の流れと完了までにかかる期間

債務整理の流れと完了までにかかる期間

次に債務整理の流れと手続完了にかかる期間について解説いたします。

任意整理の流れと完了までにかかる期間

完了までにかかる期間は依頼からおよそ2~4ヶ月
1弁護士・司法書士などの専門家に相談、依頼

債務状況についてヒアリングをしてもらい、任意整理手続き依頼を行う。

2任意整理を行う債権者に受任通知を発送(専門家が行う)と共に取引履歴を取り寄せる

受任通知により債権者からの催促や取り立てが止まり、債務額が一定となる。

3取引履歴をもとに、利息の引き直し計算

過払い金があった場合には、このタイミングで過払い金の返還請求が行われます。

4遅延損害金や利息のカット、今後の返済計画について債権者と交渉(専門家が代理で行う)

利息のカットなどを行い、3~5年で返済していくことの交渉を行います。

5交渉内容のもと和解成立→新しい契約をもとに返済の開始

4で交渉した内容で新しく契約を結び、その内容をもとに返済が開始され任意整理が完了となります。

任意整理は債務整理の中でも1番手続きが簡単なものとなっており、依頼から完了までに2~4ヶ月かかると言われています。

裁判所を介さない手続きのため、他の債務整理に比べ、かかる期間は短く行うことが可能です。

自己破産の流れと完了までにかかる期間

完了までにかかる期間は依頼からおよそ半年~1年
1弁護士・司法書士などの専門家に相談、依頼

債務状況についてヒアリングをしてもらい、自己破産手続き依頼を行う。

2債権者に受任通知を発送(専門家が行う)し、裁判所への申し立て

まず受任通知を発送し、債務額を一定にします。その後必要書類を準備し裁判所へ申し立てを行います。

3裁判所による面接(審尋)

申し立ての約1ヶ月後に行われるもので、自己破産の理由などについて聞かれます。
この審尋では、嘘をつかず正直に話すことが大切です。

4破産手続きの開始決定

審尋により問題がなければ自己破産手続きの開始となります。
以前までは「破産宣告」と呼ばれていましたが誤解を招くため、呼び方が変わりました。

5破産管財人による、財産の換価、分配処理

管財事件の場合、財産を処分する必要がありますので破産管財人が選出され、
財産の換価、分配処理が行われます。

6免責審尋

この審尋では借金の理由を聞かれ、免責不許可事由に該当しないかの判断材料となります。

7免責許可・債権者への配当

問題がなければ免責許可が降ります。
管財事件の場合、このタイミングで債権者への財産の配当が行われます。

8自己破産手続きの完了

免責許可が決定されると、税金など特定のもの以外の返済義務が消滅し、手続き完了となります。

自己破産には大きく同時廃止事件・管財事件があり、管財事件の場合には財産の換価、分配処理が行われます。
その分、かかる期間も長くなり、一般的には半年~1年ほどの期間を要します。

同時廃止事件の場合は、財産分配が行われないので、その分の期間が短縮され、およそ3ヶ月ほどの期間で完了します。

個人再生の流れと完了までにかかる期間

個人再生完了までにかかる期間は依頼からおよそ半年~1年
1弁護士・司法書士などの専門家に相談、依頼

債務状況についてヒアリングをしてもらい、個人再生手続き依頼を行う。

2個人再生を行う債権者に受任通知を発送(専門家が行う)

受任通知により債権者からの催促や取り立てが止まり、債務額が一定となる。

3裁判所への申し立て

必要書類を準備し裁判所へ申し立てを行います。

4再生計画案を裁判所に提出

個人再生では今後の返済計画についての再生計画案が必要となります。
裁判所はこの計画案をもとに、個人再生の可否を判断します。

5債権者集会による、再生計画案の決議

債権者集会とは、再生計画案について債権者の同意を求めるもので、
・不同意の債権者数が債権者総数の2分の1を超えないこと。
・不同意の債権者の債権額が2分の1を超えないこと。
上記2つを満たしてはじめて個人再生を行うことができます(小規模個人再生手続の場合)

6個人再生手続きの完了と、返済の開始

再生計画案が認可されると、その計画に基づいて返済が開始され、手続きは終了となります。

個人再生も裁判所を介しての手続きとなるため、任意整理に比べるとかかる期間は長期となります。
一般的には半年~1年と言われていますが、債務の状況によっては更に長期化する可能性もあります。 

特定調停の流れと完了までにかかる期間

特定調停完了までにかかる期間は依頼からおよそ3~4ヶ月
1調停申し立て手続き

必要書類を準備の上、債権者の住所のある地区の簡易裁判所に申し立てを行います。

2呼び出し状(期日通知書)が届く

裁判所から、調停準備日の決定通知が届きます。

3調停準備日

必要書類を準備し、裁判所に行きます。
調停委員との面接が行われ、特定調停が可能かどうか判断されます。

4調停期日

調停委員が間に入って、交渉が行われ双方が合意したものが
「調停調書」としてまとめられます。

5特定調停完了

正式な「調停調書」が裁判所から送られてきます。
合意したものをもとに返済が開始され特定調停は完了となります。

特定調停は、調停委員が間に入って交渉が行われます。
月1回ほどのペースで調停期日が行われ、一般的には3~4回で合意に至ります。

もちろん長期化する可能性もありますが、一般的には3~4ヶ月で終了することが可能と言われています。

\専門家に相談しよう!/

債務整理をするとどうなる?その後の生活に影響は?

債務整理をするとどうなる?その後の生活に影響は?

ここでは、債務整理をした場合の生活面への影響について見ていきます。

クレジットカードが使えなくなる?

債務整理をすれば対象となった金融機関が金融事故情報としてブラックリストに登録するので、クレジットカードは基本的に使えなくなります。

信用情報に汚点が付くので一定期間は新規の発行もできなくなります。

但し永久に利用できないわけではなく、一定期間が経過すれば事故情報が消えるので改めてカードの利用が可能になります。

ブラックリストへの掲載期間は信用情報機関によって異なります。

掲載期間の目安を以下に挙げますので参考になさってください。

任意整理個人再生自己破産
CIC
(指定信用情報機関)
5年5年5年
JICC
(日本信用情報機構)
5年5年5年
KSC
(全国銀行個人信用情報センター)
5年10年10年

なお、任意整理や特定調停でカード会社を債務整理の対象から外しても、他の金融機関の借金を整理すればそこから信用情報機関に事故情報が流れる仕組みになっています。

時間差はありますがカード会社が認知した時点でカードが使えなくなると思ってください。

信用情報に傷が付いてしまうのは仕方がない、、。早めに債務整理を検討しよう!

住宅ローンや自動車ローンは?

任意整理と特定調停では任意の相手を対象から外せるので、各種ローンの債権者を対象から外せば、これまで通り支払いを続けていくことが可能です。

債務整理の対象になれば、前項と同じように信用情報に傷がつくので一定期間は新規でローンを組めなくなりますが、現状で支払いを続けているローンについては支払い期間を延長するなどして返済を続けることが可能です。

自己破産ではローン支払い中の自宅は換価処分の対象になります。

ローン支払い中の車で所有権が販売者にある場合、約定に従って車を返還することになります。

個人再生では住宅ローン特則を利用できればマイホームを手放さずに債務の圧縮が可能です。

またローンが残る車で所有権が販売者にある場合はこちらも返還が必要になります。

債務整理の方法によっては家も車も残すことができるんだね!

車や家を手放す可能性はある?

ローンの支払いが終わった自宅や車については、自己破産では換価処分の対象になります。

任意整理、個人再生、特定調停では換価処分を強制されることはありません。

ただし個人再生をする場合で自宅の評価額が高い場合、再生計画における最低弁済額が増える可能性があるので、売却も含めて専門家に相談が必要です。

家族や会社など周りの人にバレてしまう可能性は?

債務整理が家族・会社など周りの人に連絡されることは基本的にありません。

個人再生・自己破産を行うと、官報に掲載されてしまいますが、一般の人が官報を見る可能性は低く、基本的にばれることは無いでしょう。

しかし家族には、郵便物などから債務整理をしていることがバレてしまう可能性があります。

家族に秘密で債務整理を行いたい場合には、任意整理を選択し、依頼した専門家に家族へはバレたくない旨を伝えることで
リスクを最小限に抑えることが可能です。

結婚や就職などに影響はある?

 

結婚や就職などに影響はある?

債務整理を行ったことで結婚ができないということはありません。
しかし、信用情報に傷がついてしまうため、ローンが組めなかったりと、生活に影響はでてしまう可能性があります。

信用情報は一定の期間で回復するので、債務整理を検討している場合には、早めに行うことが大切です。

また、債務整理によって、就職に影響がでることはありません。
履歴書に記載する義務も、答えなければ行けない義務もありませんので、自分から伝えることがなければ債務整理をしたことの事実がばれることはありません。

\専門家に相談しよう!/

債務整理の費用相場は?

債務整理の費用相場は?

ここでは債務整理をする場合の費用面について見ていきます。

任意整理の費用相場

任意整理は債務者が直接交渉を申し込んでも相手にしてもらえないので、弁護士などの専門家に交渉を依頼する必要があります。

その場合、整理対象となる1業者ごとに5万円~10万円程度の費用がかかります。

実際には各専門家の事務所が掲げる報酬体系によるので、依頼する事務所ごとに確認が必要です。

自己破産の費用相場

自己破産は裁判所の手続き上で以下のように一定の費用がかかります。

  • 予納金:10万円~50万円程度
  • 印紙代:1500円×借入先の数
  • 郵便代:数千円

債務者にほとんど資産がなく、ギャンブルなどの免責不許可事由に該当しない場合「同時廃止」という種類の手続きとなり、その場合の予納金は官報公告費用のみですので、少額で済みます。

債務者にある程度の資産がある場合は「管財事件」という扱いになり、破産管財人の報酬を支払う必要がありますので予納金の額が上がります。

自分でやる場合は上記の枠内に収まりますが、弁護士などの専門家を利用する場合は別途報酬として20万円~50万円程度の額を求められるでしょう。

個人再生の費用相場

個人再生では裁判所に対して以下のような費用が発生します。

  • 個人再生委員の報酬:15万円~25万円程度
  • 官報掲載料:1万円程度
  • 郵便第:数千円
  • 申し立て手数料:1万円程度

自分でやる場合は上記の枠内に収まりますが、個人再生は手続き的に非常に難雑なため素人だけでは進められず、弁護士等の専門家に依頼するのが普通です。

その場合、各事務所の報酬体系によりますが20万円~50万円程度の報酬が必要です。

特定調停の費用相場

特定調停では裁判所に対して以下のような費用がかかります。

  • 印紙代:500円
  • 郵便代:430円
  • 相手方業者の登記簿(全部事項証明書)取得費:600円

上記は相手方業者一社ごとにかかるので、対象が増えればそれだけ増額されます。

費用的には他の債務整理方法よりも少なくて済みますが、各種資料の作成や裁判所への出頭も必要です。

これらの手間を弁護士等の専門家に依頼すれば手間を省けます。

専門家の報酬は各事務所によって異なりますが10万円~30万円程度が目安になるでしょう。

整理する金額が大きくなるほど、費用も上っていくみたいだね。

債務整理を自分でやった場合の費用相場や難度

各債務整理について自分でやる場合は上の説明の中で専門家の報酬を外した金額が目安になります。

制度的には全ての債務整理について自分で進めることが禁止されているわけではありません。

しかし任意整理では金融業者が相手にしてくれませんし、個人再生は非常に難雑なため裁判所が弁護士の利用を勧めているのが現状です。

特定調停については自分で進めることも十分可能ですが、自己破産は特定調停ほど難雑ではないにしても実務的な問題から専門家の利用が勧められます。

禁止されているわけではないけど、難しいということは覚えておこう!

\専門家に相談しよう!/

債務整理の費用が払えない時は?方法を3つご紹介!

債務整理の費用が払えない時は?方法を3つご紹介!

ここでは資金的に債務整理の費用捻出が難しい時の対処法をお伝えしていきます。

法テラスに相談する

法テラスは「全国どこでも法的トラブルを解決するための情報やサービスを受けられる社会の実現」を目指して設立された公的な機関で、支援内容の一つとして費用の建て替え制度が運用されています。

弁護士等専門家の報酬を立て替えてもらったうえで、利用者が分割払いで精算することができます。

詳しくは以下を参照ください。

法テラス(法テラスホームページ)

自分で手続きする

自分で手続きをすることができれば専門家に払う報酬が浮きます。

債務整理の種類によって、また専門家の報酬体系によって大きく変わりますが数十万円程度浮くのは金銭的に大きなメリットです。

ただし現実問題として任意整理及び個人再生は債務者だけで進めるのは不可能と考えた方が良いでしょう。

自己破産も含めて、無理やり自分だけで進めようとすると債務整理に失敗し、かえって窮地に追い込まれる危険があります。

弁護士・司法書士に相談する

債務整理を考えるくらいですから、債務者の方がお金に困っていることを弁護士などの専門家はよく理解しています。

裁判所に納める費用については、基本的に分割払いは認められませんが、弁護士等専門家に対する報酬は分割払いが可能なことが多いです。各事務所によって何回までの分割にできるか全く異なるので直接聞いてみるしかありませんが、6回程度までなら許容する事務所が多いと思われます。

ほとんどの専門家は後払いや分割払いに応じてくれますから諦めずにぜひ相談してみましょう。

躊躇していると債務状況がどんどん悪化しますから、早めの相談が勧められます。

まずは無料相談をしてみて、考えるのが良いかもね!

\専門家に相談しよう!/

債務整理ができる人の条件とは?

債務整理は借金の減額ができる有効な手段ですが、だれでも利用できるものではありません。
この項では、債務整理に必要な条件について說明します。

債務整理には一定の収入が必要

これまで說明してきたように、債務整理には4種類の方法がありますが、全ての方法で借金が全額免除されるわけではありません。

具体的には、自己破産以外の3種類の方法では、借金が残りますので、手続き完了後も借金を返済していく必要があります。

債務整理後も借金を返済していかなければならないので、一定の収入がないと自己破産以外の債務整理を利用することは難しいでしょう。

債務整理を行うべきかどうか。目安をご紹介!

自分が債務整理をするべきなのか、わからない方もいるでしょう。

債務整理は、借金の返済が難しい場合の最終手段となりますので、自分自身の状況をしっかりと把握した上で検討することが大切です。

以下はあくまでも目安となりますが、債務整理をするべき状態についてご紹介いたします。

  • 今の状態での返済は厳しいが利息をカットしてもらうことで返済が可能
  • 収入もなく、毎月の返済もできていない
  • 収入はあるが債務額が大きすぎて完済が不可能

債務整理について、しっかりと調べた上で自分の状況と照らし合わせ債務整理を検討しましょう。

債務整理を実際に行った方の口コミをご紹介!

お名前のイニシャル・年代・性別・居住地を教えてください。

TSと申します。40代男性青森県在住です。            

借金を作ったエピソード・任意整理をしようと思ったきっかけを教えて下さい。

20代でバイク・車・ギャンブルにハマり、消費者金融にて借入を行なった結果、返済できずにいた日々を送った。

ありがとうございます。債務整理前の生活について教えて下さい。

当時の給料が手取りで15万円程度で、支払いが月に10万円ぐらいだった気がします。 ギャンブルにハマっていたせいもあり、給料日には支払う前にギャンブルに注ぎ込み、 「勝って全額支払う」という気持ちでいました。当然、払えずに勤め先に問い合わせの 電話や自宅に催促に来たりしていました。 

債務整理をしようと思ったきっかけを教えて下さい。

借金を返しても返しても減る気配がなく、自分の将来を考え 貯金や結婚を見据えて、親に相談しました。 司法書士の方にも相談して、 銀行から借入を行い一本化に成功しました。

選択した債務整理の方法・減額できた金額を教えて下さい。

任意整理。およそ50万円程度減額したと思います。  

債務整理を行った感想・生活がどのように変化したか教えてください。

毎月の返済に追われることがなくなり、心に余裕ができました。 心に余裕ができたので、仕事にもプライベートにも力を入れて、 新たに資格を取得し、新しい職場でスタートを切り、今では 当時の年収をはるかに超える給料をもらっています。

現在債務整理をしている方へメッセージをお願いいたします。

諦めずに、悩まずに、誰かに助けてもらった方がいいです。 借金があるのを知られるのは、一時の恥ですが、無くなって しまえば関係ありません。

債務整理は弁護士・司法書士に依頼するのがおすすめ !

債務整理は弁護士・司法書士に依頼するのがおすすめ !

債務整理は専門家に依頼することで成功率が格段に上がり、スムーズな解決が可能になります。

ここでは弁護士と司法書士のどちらに依頼すると良いか考えてみます。

借金が140万円以下なら司法書士に依頼可能 

報酬体系は事務所ごとに異なるので一概には言えませんが、一般的には弁護士よりも司法書士の方が費用的には若干安くなることが多いでしょう。

ただし司法書士は業務を受任できる範囲が限られる点で注意が必要です。

司法書士のうち特別な資格を持つ認定司法書士であれば、個別の債務額が140万円以下の事案については相手方との交渉などできますが、140万円を超える事案には対応することができません。

弁護士はそのような縛りは無く、どのような事案でも対応が可能です。

債務額が上記の範囲に収まる場合は司法書士でも可能です。
また、この140万というのは、債務総額ではなく一社あたりの金額ですので注意しましょう。

弁護士と司法書士は扱える範囲が違うんだね!

専門家に依頼するメリット

専門家に依頼するメリット

債権者からの催促、取り立てが止まる

専門家は債務整理の依頼を受けると債権者に「受任通知」を送付します。

この受任通知により、債務整理を行うことが債権者に通知され、それ以降債務者への催促、取り立てを行うことが
原則できなくなります。

しかし、個人で債務整理を行う場合には、催促が止むことはありません。受任通知は専門家が送れるもので、個人が送れるものではないからです。

債務整理に必要な手続きを任せることできる

債務整理を専門家に依頼すると、債権者との交渉や提出する書類の作成などを、代行してもらうことが可能です。

専門家に指示された書類の準備を行うこと以外には特にすることもなく、債務整理が可能となります。

しかし、個人で債務整理を行うと、代行してもらうことはできませんので、自分で書類を用意し、債務整理の種類によっては平日に裁判所へ足を運ばなければなりません。

借金を大幅に減額できる可能性がある

専門家は知識と経験が豊富ですので、借金を可能な限り減額できるように交渉を行ってくれます。

債権者の側も、交渉相手が素人ではなく、専門家だと借金の減額に応じる可能性が高くなります。

弁護士・司法書士に相談しづらい場合は?

いきなり個別の専門家の事務所に相談するのがためらわれる場合、ワンクッションを置いて他の無料相談窓口を利用するのも一手です。

市町村や県単位の弁護士会では無料の相談を受け付けるところもありますし、地方自治体でも借金に関する相談窓口が設置されているところが多いです。

ただしこれらの相談窓口は時間制限などもあり深い相談ができるわけではありません。

また手続き的なことを代わってしてくれるわけでもありません。

利用する場合は参考意見を聞く機会と捉えましょう。

まずは誰かに相談してみることが大切!

\専門家に相談しよう!/

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所をご紹介!

債務整理におすすめの司法書士事務所をご紹介いたします。

弁護士法人 ライズ綜合法律事務所

ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件を超える債務整理の解決実績!
  • 契約前であれば何度でも相談無料!来所・電話・メール3つの方法で相談可能!
  • 弁護士費用の分割払いに柔軟な対応!安心して債務整理の依頼ができます。

\口コミ高評価!/

ライズ綜合法律事務所はこんなところ!

債務整理を始め様々な問題の相談において顧客満足度が高く、口コミが高評価の事務所です。
代表の田中泰雄弁護士は20年以上債務整理を行ってきており、実績、経験共に豊富で安心して依頼が可能です。
また、横浜・大阪にも事務所を構えており、アクセスの良さもライズ綜合法律事務所の強みとなっています。

主な費用

相談料金 契約前の相談は無料
全国対応 出張相談会有り(感染症のため現在は休止)
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の22%~
任意整理解決報酬金:1社あたり22,000

ライズ綜合法律事務所について

本所所在地〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-1 ミナトビル 5階
対応業務債務整理、債権回収、離婚問題、交通事故...etc

\口コミ高評価!/

出典:https://risesogo.jp/

弁護士法人 大地総合法律事務所

大地総合法律事務所

大地総合法律事務所の特徴
  • ビデオ面談、電子契約を導入しており、コロナ禍に完全対応!
  • 迅速な対応・情熱的な交渉・チームワークを最重視!
  • 債務整理をはじめ、法務全般の業務に対応しており、安心して依頼が可能

\コロナ対策も万全!/

大地総合法律事務所はこんなところ!

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった借金問題の債務整理を得意としている弁護士事務所です。今まで数多くの多重債務者を救ってきており、主な取扱いは【任意整理】が多数。
迅速且つ、依頼者様を第一に考えた情熱的な交渉がポイントです。

大地総合法律事務所について

〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
対応業務債務整理、詐欺被害、誹謗中傷、交通事故...etc

\コロナ対策も万全!/

出典:https://daichi-lawoffice.com/

司法書士法人 はたの法律事務所

はたの法律事務所の特徴
  • 満足度95.2%! 債務整理、過払い金請求において40年。20万件の相談実績!
  • 相談・着手金は完全無料! 全国どこでも出張料金無料!
  • 手持ちがなくても催促停止! 費用の分割払いもOK!
\相談受付・24時間年中無休!/

はたの法律事務所はこんなところ!

はたの法律事務所は40年間、借金問題についての悩みを解決している人気の司法書士事務所です。
長年に渡る経験からご相談者様が抱える悩みを熟知しており、安心して相談をすることができます。
更に、相談料は何度でも無料で、借金についての悩みを気軽に相談することが可能です。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国出張料金 無料
過払い金報酬取り戻した過払い金額の20%   10万円以下の場合は12.8%
任意整理1社2万~+減額できた債務の金額の10%

はたの法律事務所について

所在地〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
\相談受付・24時間年中無休!/

出典:https://hikari-hatano.com/

司法書士法人 穂(旧:司法書士法人かなめ総合法務事務所)

司法書士法人 穂の特徴
  • 借金問題に特化した専門チームが、金融会社との交渉や書類の作成など、解決まで一貫してサポート!
  • 女性専用の借金相談窓口をご用意!24時間365日相談が可能!
  • ご契約までは何度でも無料相談が可能!メールでも電話でも相談ができる!
\任意整理が得意な事務所!/

司法書士法人 穂はこんなところ!

司法書士法人穂は債務整理の中でも、特に任意整理を得意とされている事務所で、家族にバレること無く借金問題を解決したい
という方におすすめの事務所となっております。
全国・24時間対応しており、メールやお電話でも相談することが可能です。また、匿名での相談も受け付けています。

主な費用

相談料金 ご相談は無料
完済過払請求相談料・着手金無料
1業者あたりの成功報酬 22,000円(税込)
任意整理1業者あたり 22,000円~(税込)
業者の主張する債務を減額した額の11%相当額(税込)

司法書士法人 穂について

所在地〒170-0013
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル6階
対応業務債務整理、不動産登記、商業登記・企業法務、相続
\任意整理が得意な事務所/

出典:https://honoka.or.jp/

赤瀬司法書士事務所

赤瀬司法書士事務所の特徴
  • 大阪府を中心に、全国を対象として業務を展開!
  • 法律のスペシャリストが豊富な専門知識で債務整理をサポート!
  • 事前予約で夜間や休日の対応も実施!

\丁寧な相談対応!

赤瀬司法書士事務所はこんなところ!

赤瀬司法書士事務所は、大阪府大阪市にある司法書士事務所で、大阪司法書士会所属の赤瀬丈晴氏が代表を務めている事務所です。赤瀬司法書士事務所では、無料且つ匿名で利用することが可能な借金減額診断を用意しており、気軽に自分の借金についてのシミュレーションが可能です!

主な費用

相談料金 無料
全国対応 可能
着手金債権者1社あたり27,500円~(税込)
過払い金返還報酬返還された過払い金額の22%~(税込)

赤瀬司法書士事務所について

所在地〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング416号室
対応業務借金問題・相続・成年後見など

\丁寧な相談対応!/

出典:https://akase-legal.com/

まとめ

まとめ

本章では借金が膨らんでしまったときに検討すべき債務整理について、その種類や特徴、メリット・デメリット、将来への影響などをまとめて見てきました。

債務整理には4つの種類があり、それぞれ難度や減額できる借金の幅なども違います。

債務者が置かれた状況や借金の額、生活の切迫度合いなどによってどの方法が適切か変わってくるので、自分である程度適切な対処法を選択できるようにしておくのが理想です。

ただ個別の事案では専門家が債務者の置かれた状況を詳しく聞き取った結果、相談者が予想していたものとは違う債務整理方法を検討した方が良いと判断されることも多々あります。

ですからまずは一度専門家の意見を聞いてみることが大切です。

多くの弁護士や司法書士は初回の相談を無料で受けてくれるので、費用を気にせずに状況をじっくり聞いてもらうことができます。

これによって適切な対処法が見えてくるので、ぜひ勇気を出して相談してみましょう。

債務整理を多く扱う弁護士や司法書士は当サイトでも紹介していますから、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

\専門家に相談しよう!/

この記事の監修者

佐久間大地(弁護士法人大地総合法律事務所 代表弁護士)

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった
借金問題の債務整理を得意とする。
数多くの多重債務者を救ってきた専門家。主な取扱いは【任意整理】
記事をチェックし、自分にあった債務整理方法を見つけてみましょう!
ご不明点は、遠慮なくご相談ください。

Q&A

債務整理にはどのような方法がありますか?
主に「任意整理」「自己破産」「個人再生」という3つの方法があります。
「任意整理」とは、借入先の貸金業者と和解をして、借金の金利を利息制限法の上限まで引き下げて再計算し払い過ぎていた利息があればその分を借金の元本に当て、減額した借金を3年~5年間で分割して返済していく方法です。
「自己破産」とは、「支払不能」の状態を裁判所に認めてもらい、法律上、借金の返済義務を無くす方法です。自己破産をすると原則として税金など以外のほぼ全ての借金の返済義務がなくなります。
「個人再生」とは、住宅等の資産を維持したまま,大幅に減額された借金を(最大1/10)、3年~5年間で分割して返済していく方法です。任意整理の減額幅では解決できないことに加え、住宅など何か残したい財産がある場合に利用する方法です。
債務整理のメリット・デメリットが知りたいです。
方法によってメリット・デメリットが異なりますが、共通するデメリットとしては信用情報機関に金融事故情報が登録されてしますことです。これは5~10年間ほど削除されることはなく、その間は信用取引全般が利用できなくなります。
しかし、借金が減額、免除されることを鑑みればそこまで大きなデメリットではないと感じる方も多いです。
共通するメリットとしては、やはり借金が減額、免除されることでしょう。
お金に余裕がなく節約生活を強いられること、返済が終わるまでかかってくる催促の電話などは、思っている以上に
ストレスとなってくるでしょう。そんな状況から抜け出し、新しい未来を踏み出すことができる状態が作れるということが最大のメリットでしょう。
債務整理の方法はどうやって決めるのか知りたいです。
債務整理の方法を決定する際には、借金の総額や収入、支出をもとに返済能力を判断するところから始めます。
あまりにも返済能力がない場合には自己破産を検討することが多いです。その上で、財産や依頼者の現在の情報をもとに自己破産が適切なのかどうか判断します。
自己破産には、財産がほぼ全て失われてしまうことや、職業制限などがデメリットとしてありますので、財産を残したい人や、特定の職業についている方にはおすすめできない方法となります。
例えば、家族がおり住宅を手放したくない人などは個人再生のを選択するなどです。
逆に、金利をなくし、分割払いにすることで月々の支払いを軽くすれば返済していくことができる方は任意整理を
行うことがほとんどです。
まとめますと、基準となるのは大きく、返済能力・依頼者の状況ということになります。
金融事故情報が登録されてしまうと、借金やクレジットカードの利用はできなくなりますか?

信用情報は審査をする際の与信判断の材料となりますので、登録されている間は借金の申込みや新規クレジットカード発行の申込みをしても審査に通らないことがほとんどです。
しかし、例外もあります。金融機関によっては事故情報の登録が削除される前であっても借金の審査に通ることもあるそうです。

債務整理の手続きにかかる期間が知りたいです。
結論:依頼する債務整理の内容によって異なります。
「任意整理」であれば、裁判所を介さず、貸金業者と直接やり取りをする方法になりますので、1番期間が短く4ヶ月~半年で完了できる場合がほとんどです。
「自己破産」「個人再生」手続きの場合には、裁判所を介する必要がありますので、半年~1年程度はかかってしまうでしょう。減額できる幅が大きい分、手続きも煩雑となります。
おすすめの記事