債務整理中に新たな借入はできる?デメリットや債務整理後の借り入れについて

借金の返済ができなくなって債務整理をすることを検討している場合に、数年以内に家賃の更新や携帯電話の借り換え、自動車がそろそろ車検・買い替えの時期であるとして、借入を検討しなければならないこともあるでしょう。

しかし、債務整理をすると「ブラックリストであるので借入ができない」という情報も目にすることになります。
また、債務整理をしている途中に急な出費が必要なことも予想できます。

では債務整理をすると借入ができないのでしょうか?

このページでは債務整理中や債務整理後の借入について解説いたします。

\いくら減額できるか確認しよう!/

そもそも債務整理とは?

そもそも債務整理とは?

債務整理ってそもそもどのようなものかまとめておきましょう。

そもそも債務整理とはどのようなものか、念の為確認しておきましょう。

債務整理とは、借金返済が苦しくなってきたときに利用するもので、以下のような手続きを利用して、返済を免除してもらったり軽くしてもらうものです。

任意整理

任意整理とは、借入をしている債権者と交渉をして、返済に関する条件について和解をして、返済を楽にしようというものです。

借金をすると毎月の返済時に利息と一緒に返さなければなりません。

また、返済が遅れた場合には遅延損害金も一緒に支払う必要があります。

任意整理をすると、将来の利息、未払いの利息・遅延損害金をカットして元金を分割で払っていく、という内容で和解をします。

元金のみの返済なので返済すればするだけ元金が減りますので完済するのが非常に楽になります。

個人再生

個人再生とは、借金を減額してもらって分割して払うようにする、裁判所での手続きをいいます。

任意整理を利用すると借金返済が楽になるものの、元金は支払わなければならないので、それ相応の返済ができることが条件となります。

収入が少なくなって返済ができない場合には元金の分割返済も難しい場合があるので、元金を減額してもらって返済できるならば個人再生を利用することも一つの方法です。

また、自己破産では住宅ローンで自宅を購入した人は自宅を競売されるので出ていかなければならないのですが、個人再生では住宅ローンは別の取扱をして返済をしていけるので自宅を出ていかなくてもよくなります。

自己破産

自己破産とは、借金を免責してもらう、裁判所での手続きをいいます。

借金が収入に比べて多すぎて支払不能となっているような場合に、経済的更生の観点から例外的に借金の免責を認める制度です。

いくつかある債務整理の方法の中でも、借金が免責されるという特徴を持っており、最も強力な手段であるといえるでしょう。

ただし、手続き期間中は住居の制限や、郵送物がすべて管財人に転送されて中を確認されて本人のところにかえってくる、職業制限がある、など手続きによる制限も多いので注意が必要です。

特定調停

特定調停は、借金返済について、自分で裁判所に申し立てをして、調停手続きによって支払いを軽くするものです。

調停とは、裁判所で行う手続きで、調停委員2名と裁判官1名が、相互の話を聞きながら調停案を出し、これに当事者が合意をすることで紛争解決をするものです。

自分で行える債務整理手続きとして利用されることがあるのですが、調停委員が必ずしも債務整理に詳しいというわけではなく、また強制執行に必要な債務名義を取られてしまうこともあいまって、あまり利用されることはありません。

債務整理中の借入は可能?

債務整理中の借入は可能?

債務整理中でもお金が必要な場合あります。そのような場合に借入をすることはできるのでしょうか。

債務整理中にお金が必要となった場合に、新たに借入をすることは可能なのでしょうか。

借入は金銭消費貸借契約で行うのは当事者の自由

まず、借金という行為は、法律的には金銭消費貸借契約を結ぶものです。

そのため、貸主・借り主が合意をして、お金を渡せば成立します。

債務整理をしている状況で金銭消費貸借契約を結ぶことを禁じる法律や、無効とする法律はないので、形式的な借入ができないというわけではありません。

ブラックリストであるので貸金業者はまず貸さない

では実際に、債務整理中にお金を借りようとするとどうなるのでしょうか。

貸金業者は借金の申し込みをされると審査を行います。

いくつか項目があるのですが、貸金業者は必ず信用情報を調査します。

債務整理をすると信用情報には債務整理をしたことが記載されています(ブラックリスト)。

そのため、お金を借りようとしても、貸金業者は審査でブラックリストであるのを見ると、ほとんどのケースで落とすことになります。

なお、借金・ローンの申し込みだけではなく、与信が必要なものは全てできなくなるので、クレジットカードの新規申し込みや更新・携帯電話やスマートフォンの分割購入などもできません。

債務整理中の借入は原則できない

債務整理中の借入は、別の観点からできないと考えておきましょう。

債務整理の中でも自己破産の場合、破産法252条1項2号の免責不許可事由にあたります

また、任意整理・個人再生は、当初の借金の額と返済可能な金額を前提に手続きをすすめています。

借金をしなければならなくなるような場合には、返済すべき金額も増えますし、そもそも返済すらできない場合なので、借入をするのではなく自己破産に手続きを変更すべき場合といえます。

\いくら減額できるか確認しよう!/

債務整理中に借入をするデメリット

実は債務整理中にお金を借りるのはデメリットだらけなんです。

債務整理中にお金を借りるデメリットを確認しましょう。

債務整理を認めてもらえない可能性

上述したとおり、自己破産の場合には、免責不許可事由にあたるため、借金をすることで免責が認めてもらえない可能性があります。

また個人再生にしても任意整理にしても、返済をする金額が増えるので、返済ができないという判断がされて利用できなくなります。

余計に費用がかかることになる

自己破産をする際に、手続き中にお金を借りるのは免責不許可事由となります。

免責不許可事由に該当すると、必ず免責がされないわけではなく、その後の反省や借入に至った経緯などを総合的に判断して、裁判所の裁量による裁量免責がされる可能性があります。

ただし、その裁量免責を受けるためには、管財人がつく少額管財になり、東京地方裁判所の管轄だと20万円の予納金が必要となります

契約違反に当たる可能性

債務整理を弁護士・司法書士に依頼している場合には、無断で借入をするのは契約違反に当たる可能性があります。

債務整理を弁護士・司法書士に依頼する場合には、契約の中で依頼者がやってはいけない事項を記載します。

債務整理後に弁護士になんの相談もなくお金を借りるようなことがあると、自己破産を筆頭に債務整理に大きな影響を与えることになります。

そのため、通常はお金を借りることは契約違反になるようになっています。

契約を打ち切られてしまう可能性

契約違反になるということは、何らかのペナルティが発生する可能性があります。

もっとも重度のものとしては、契約を打ち切られてしまう可能性があることです。

その条項があるかどうかは別として、弁護士・司法書士は委任契約の内容をすすめていくのが難しいと判断した場合には、契約を終了することが可能となっています。

借入を一回したくらいでは契約終了となることは珍しいですが、そこまでに弁護士・司法書士への費用を長期で滞納していたり、他にも弁護士・司法書士に嘘をついていたりしたようなことが積み重なると、契約終了となりかねないことを知っておいてください。

債務整理中にお金が必要になった場合はどうする?

債務整理中にお金が必要になった場合はどうする?

お金がなくなってどうしようもなくなることはありますね。どんな対応策があるでしょうか。

債務整理中にお金がなくなるということも無いわけではありません。

いくつか対策を考えてみましょう。

依頼中の専門家に相談

まず債務整理を依頼している専門家に相談をしてみましょう。

たとえば、弁護士・司法書士に対する費用の支払いを一時的に止めることで対応が可能なのであれば、一時的に弁護士・司法書士が待ってくれる場合もあります。

また、任意整理で手続きを検討していたものの、返済ができない場合であるとして自己破産や個人再生に手続きを切り替えるということも検討できます。

いかなる些細なことでも、まずは依頼をしている弁護士・司法書士に相談をしてみるということを忘れないでください。

公的支援を検討する

生活費が工面できない場合には様々な公的支援の制度があります。

それらの利用をまずは検討してみましょう。

失業手当

会社を退職して収入がなくなってしまったような場合には失業手当の給付を受けましょう。

もし自己都合退職をしたような場合には2ヶ月の待機期間があり、すぐに生活費が工面できないこともあります。

しかしこのときでも、残業が多すぎた場合や、会社が違法行為を行なっていたような場合には、自己都合退職をした場合でも、会社都合退職として扱ってもらうことも可能です。

障害年金

怪我や病気が原因で働けなくなってしまった場合には、障害年金の受給を検討しましょう。

精神疾患で働けないような場合でも障害年金を受け取ることが可能となる場合がありますので、障害年金に強い社会保険労務士に相談をしてみましょう。

フードバンクを利用する

収入がなくなってしまって食事をとるのにも困難であるような場合にはフードバンクの利用も検討してみましょう。

賞味期限や消費期限が切れそうな食料を廃棄するのではなく、食料の購入が難しい世帯に配るのがフードバンクです。

市区町村の社会福祉協議会が利用可能なフードバンクを紹介してくれます。

生活保護

ありとあらゆる方法を講じても生活をするための収入を得ることができないような場合には、迷わず生活保護を受けましょう。

法テラスを通じて民事扶助を受ける場合、生活保護を受けていると、立て替えてくれているお金を返済する義務すらなくなり、無料で債務整理をしてもらうことが可能です。

生活福祉資金貸付制度を利用する

一時的にお金を借りればなんとかなるのであれば、生活福祉資金貸付制度を利用しましょう。

生活福祉資金貸付制度は、生活に必要な資金の貸付を市区町村が行う制度です。

こちらも市区町村の社会福祉協議会が窓口になっています。

生活福祉資金貸付制度で貸付を受ける場合には、緊急小口資金の利用を除いて、審査に1ヶ月~2ヶ月くらいの時間がかかるので、お金を借りなければならないのが想定できる場合には早めに弁護士と社会福祉協議会に相談をしてみましょう。

生活サポート基金を検討する

一般社団法人生活サポート資金では、ブラックリストが原因で借入ができない人に資金の貸付を行なっています。

借入については弁護士と相談をしながら行うようにしましょう。

SNSでよく見る個人間融資などは利用しない

ブラックリストとなっているような場合にお金を借りようとすると、twitterなど匿名のSNS上で貸付を申し出る人や、貸付をする旨の書き込みをしている人などが散見されます。

これらは実はヤミ金融で、借入をすると過酷な取り立てをされる上に、弁護士・司法書士に即時に契約終了されかねませんので、絶対に利用しないようにしましょう。

\いくら減額できるか確認しよう!/

債務整理中に借り入れを行った方の口コミをご紹介!

お名前のイニシャル・年代・性別・居住地を教えてください。

KDと申します。30代男性千葉県在住です。            

借金を作ったエピソード・債務整理をしようと思ったきっかけを教えて下さい。

自営業をしていましたが、コロナの影響で経営が苦しくなり借金トータルは300万円近くに膨れ上がりました。
それから家族とも話し合いをして廃業を決めました。そこから弁護士の方とも話し合いをして債務整理をしましたが、それでも借金トータルは210万円くらいありました。
売り上げが極端に悪くなったので、経営を続けていてもメリットは無かったと思います。 廃業して債務整理をした方が断然楽に思え、債務整理を検討しました。

ありがとうございます。債務整理の種類について、また依頼したのは弁護士・司法書士どちらでしたか?

任意整理位を利用しました。依頼したのは弁護士事務所です。

債務整理中の借り入れは可能でしたか?

結論可能でした。しかし、大手の貸金業者には全て断られてしまい 、最終的には街金
から借りる事になりました。

債務整理中の借り入れで不利益などはありましたか?

借りられた街金の金利が結構高かったので、本当は借りたくなかったです。 小額ですが返済時は結構な金利になったことが不利益であったと思います。  

最後に、任意整理を検討している方へのメッセージをお願いいたします。

まずは無料相談から始めた方が良いと思います。あまり知られていませんが任意整理をすると基本的にはブラックリストに掲載されるので5年間は借金ができなくなります。 これから任意整理をする人は一応覚えていたほうがいいかもしれません。

債務整理後の借入は可能?

債務整理後の借入は可能?

債務整理をした後に借入をすることができるのでしょうか。

ブラックリストの期間中は基本的に難しい

まず債務整理後のブラックリストの期間中は基本的に借入をするのは難しいです。

任意整理・個人再生の真っ最中は返済をしなければならないので、基本的に家計は楽ではありません。

そんな中はお金を貸すのはやはりリスクであると言わざるをえません。

自己破産をした場合でも、金融機関としては信用情報に債務整理の事実が載っている以上、貸付の審査を通すことは難しいです。

中小消費者金融なら借りられる可能性あり

可能性だけでいうと、数社中小の消費者金融が、ブラックリストの状態でも貸付をする可能性があります。

しかし、その貸付について返済できなくなって債務整理が必要になった場合に、債務整理に非協力的であるため、特に任意整理がうまくいかなくなることが多いです。

任意整理は、貸金業者が和解の交渉・分割払いに応じてくれることで成り立つものです。

しかし、これらの会社は、任意整理には全く応じず、早々に裁判を起こして給与の差し押さえをすることで知られています。

信用情報回復後には可能

ブラックリストから回復したあとには、借入をすることも可能です。

ただし、借入についてはブラックリストかどうかだけで判断するものではなく、収入や職業など様々な要因で貸付を行います。

消費者金融や信販会社からの借入はしやすい可能性はありますが、住宅ローンや自動車ローンなど大きなお金を借りるときに、ブラックリストではないからと言って借入が必ずできるとは限らないといえます。

住宅ローンを組みたいのであれば、頭金をきちんとためたり、収入を増やす・きちんと正社員として雇用されるなどの条件を満たして、借入をしやすいようにするなど、借入をするための別の要素にもきちんと配慮をするようにしましょう。

また、よく言われるのがクレジットヒストリーを作らないと借入が難しいということです。

クレジットヒストリーというのは、借入や返済などに関する履歴のことで、信用情報で確認をすることができるものです。

ポイントカードにクレジット機能がついたものをすすめられ、家電量販店・スーパー・ショッピングモール・百貨店などでクレジットカードを作り、利用をすることが多いでしょう。

これらの利用と返済はすべて信用情報に残っており、きちんと返済が出来ている事実を確認することが可能となっています。

しかし、信用情報が回復したあとは、これらの記録が全くない状態です(金融用語としてはスーパーホワイトと呼んでいます)。

債務整理をして長期間たっていることが事実上わかってしまう上に、返済をきちんとできるのかの情報がないという状態になり、審査にあたって慎重にならざるを得ないということになります。

まずはスマートフォンを分割で購入したり、少額のクレジットカードを申し込んで返済をしたクレジットヒストリーをしっかり積み重ねてから大きな取引をするようにすべきでしょう。

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所を紹介!

弁護士法人 ライズ綜合法律事務所

ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件を超える債務整理の解決実績!
  • 契約前であれば何度でも相談無料!来所・電話・メール3つの方法で相談可能!
  • 弁護士費用の分割払いに柔軟な対応!安心して債務整理の依頼ができます。

\口コミ高評価!/

ライズ綜合法律事務所はこんなところ!

債務整理を始め様々な問題の相談において顧客満足度が高く、口コミが高評価の事務所です。
代表の田中泰雄弁護士は20年以上債務整理を行ってきており、実績、経験共に豊富で安心して依頼が可能です。
また、横浜・大阪にも事務所を構えており、アクセスの良さもライズ綜合法律事務所の強みとなっています。

主な費用

相談料金 契約前の相談は無料
全国対応 出張相談会有り(感染症のため現在は休止)
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の22%~
任意整理解決報酬金:1社あたり22,000

ライズ綜合法律事務所について

本所所在地〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-1 ミナトビル 5階
対応業務債務整理、債権回収、離婚問題、交通事故...etc

\口コミ高評価!/

出典:https://risesogo.jp/

弁護士法人 大地総合法律事務所

大地総合法律事務所

大地総合法律事務所の特徴
  • ビデオ面談、電子契約を導入しており、コロナ禍に完全対応!
  • 迅速な対応・情熱的な交渉・チームワークを最重視!
  • 債務整理をはじめ、法務全般の業務に対応しており、安心して依頼が可能

\コロナ対策も万全!/

大地総合法律事務所はこんなところ!

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった借金問題の債務整理を得意としている弁護士事務所です。今まで数多くの多重債務者を救ってきており、主な取扱いは【任意整理】が多数。
迅速且つ、依頼者様を第一に考えた情熱的な交渉がポイントです。

大地総合法律事務所について

〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
対応業務債務整理、詐欺被害、誹謗中傷、交通事故...etc

\コロナ対策も万全!/

出典:https://daichi-lawoffice.com/

司法書士法人 はたの法律事務所

はたの法律事務所の特徴
  • 満足度95.2%! 債務整理、過払い金請求において40年。20万件の相談実績!
  • 相談・着手金は完全無料! 全国どこでも出張料金無料!
  • 手持ちがなくても催促停止! 費用の分割払いもOK!
\相談受付・24時間年中無休!/

はたの法律事務所はこんなところ!

はたの法律事務所は40年間、借金問題についての悩みを解決している人気の司法書士事務所です。
長年に渡る経験からご相談者様が抱える悩みを熟知しており、安心して相談をすることができます。
更に、相談料は何度でも無料で、借金についての悩みを気軽に相談することが可能です。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国出張料金 無料
過払い金報酬取り戻した過払い金額の20%   10万円以下の場合は12.8%
任意整理1社2万~+減額できた債務の金額の10%

はたの法律事務所について

所在地〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
\相談受付・24時間年中無休!/

出典:https://hikari-hatano.com/

司法書士法人 穂(旧:司法書士法人かなめ総合法務事務所)

司法書士法人 穂の特徴
  • 借金問題に特化した専門チームが、金融会社との交渉や書類の作成など、解決まで一貫してサポート!
  • 女性専用の借金相談窓口をご用意!24時間365日相談が可能!
  • ご契約までは何度でも無料相談が可能!メールでも電話でも相談ができる!
\任意整理が得意な事務所!/

司法書士法人 穂はこんなところ!

司法書士法人穂は債務整理の中でも、特に任意整理を得意とされている事務所で、家族にバレること無く借金問題を解決したい
という方におすすめの事務所となっております。
全国・24時間対応しており、メールやお電話でも相談することが可能です。また、匿名での相談も受け付けています。

主な費用

相談料金 ご相談は無料
完済過払請求相談料・着手金無料
1業者あたりの成功報酬 22,000円(税込)
任意整理1業者あたり 22,000円~(税込)
業者の主張する債務を減額した額の11%相当額(税込)

司法書士法人 穂について

所在地〒170-0013
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル6階
対応業務債務整理、不動産登記、商業登記・企業法務、相続
\任意整理が得意な事務所/

出典:https://honoka.or.jp/

赤瀬司法書士事務所

赤瀬司法書士事務所の特徴
  • 大阪府を中心に、全国を対象として業務を展開!
  • 法律のスペシャリストが豊富な専門知識で債務整理をサポート!
  • 事前予約で夜間や休日の対応も実施!

\丁寧な相談対応!

赤瀬司法書士事務所はこんなところ!

赤瀬司法書士事務所は、大阪府大阪市にある司法書士事務所で、大阪司法書士会所属の赤瀬丈晴氏が代表を務めている事務所です。赤瀬司法書士事務所では、無料且つ匿名で利用することが可能な借金減額診断を用意しており、気軽に自分の借金についてのシミュレーションが可能です!

主な費用

相談料金 無料
全国対応 可能
着手金債権者1社あたり27,500円~(税込)
過払い金返還報酬返還された過払い金額の22%~(税込)

赤瀬司法書士事務所について

所在地〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング416号室
対応業務借金問題・相続・成年後見など

\丁寧な相談対応!/

出典:https://akase-legal.com/

まとめ

このページでは、債務整理中にお金を借りることができるかについてお伝えしました。

原則的に債務整理を利用することによってブラックリストとなるため、通常ではお金を借られなくなってしまいます。

また、借入をすることで、進行中の債務整理に影響を及ぼす可能性があります。

お金を借りるための制度や、お金を使わないための方策はあるので、必要に応じて見返していただくと同時に、そのような状況にあることを早めに弁護士に相談をしましょう。

口コミ高評価!

当サイト債務アレンジおすすめ「ライズ綜合法律事務所」はGoogleの口コミにて★4つと高評価で満足度が高い事務所様となっております。レビューの数も61と多く、「とても親切だった」という声が多数です。
借金でお悩みの方は是非、「ライズ綜合法律事務所」にご相談下さい!

Q&A

債務整理にはどのような方法がありますか?
主に「任意整理」「自己破産」「個人再生」という3つの方法があります。
「任意整理」とは、借入先の貸金業者と和解をして、借金の金利を利息制限法の上限まで引き下げて再計算し払い過ぎていた利息があればその分を借金の元本に当て、減額した借金を3年~5年間で分割して返済していく方法です。
「自己破産」とは、「支払不能」の状態を裁判所に認めてもらい、法律上、借金の返済義務を無くす方法です。自己破産をすると原則として税金など以外のほぼ全ての借金の返済義務がなくなります。
「個人再生」とは、住宅等の資産を維持したまま,大幅に減額された借金を(最大1/10)、3年~5年間で分割して返済していく方法です。任意整理の減額幅では解決できないことに加え、住宅など何か残したい財産がある場合に利用する方法です。
債務整理のメリット・デメリットが知りたいです。
方法によってメリット・デメリットが異なりますが、共通するデメリットとしては信用情報機関に金融事故情報が登録されてしますことです。これは5~10年間ほど削除されることはなく、その間は信用取引全般が利用できなくなります。
しかし、借金が減額、免除されることを鑑みればそこまで大きなデメリットではないと感じる方も多いです。
共通するメリットとしては、やはり借金が減額、免除されることでしょう。
お金に余裕がなく節約生活を強いられること、返済が終わるまでかかってくる催促の電話などは、思っている以上に
ストレスとなってくるでしょう。そんな状況から抜け出し、新しい未来を踏み出すことができる状態が作れるということが最大のメリットでしょう。
債務整理の方法はどうやって決めるのか知りたいです。
債務整理の方法を決定する際には、借金の総額や収入、支出をもとに返済能力を判断するところから始めます。
あまりにも返済能力がない場合には自己破産を検討することが多いです。その上で、財産や依頼者の現在の情報をもとに自己破産が適切なのかどうか判断します。
自己破産には、財産がほぼ全て失われてしまうことや、職業制限などがデメリットとしてありますので、財産を残したい人や、特定の職業についている方にはおすすめできない方法となります。
例えば、家族がおり住宅を手放したくない人などは個人再生のを選択するなどです。
逆に、金利をなくし、分割払いにすることで月々の支払いを軽くすれば返済していくことができる方は任意整理を
行うことがほとんどです。
まとめますと、基準となるのは大きく、返済能力・依頼者の状況ということになります。
金融事故情報が登録されてしまうと、借金やクレジットカードの利用はできなくなりますか?

信用情報は審査をする際の与信判断の材料となりますので、登録されている間は借金の申込みや新規クレジットカード発行の申込みをしても審査に通らないことがほとんどです。
しかし、例外もあります。金融機関によっては事故情報の登録が削除される前であっても借金の審査に通ることもあるそうです。

債務整理の手続きにかかる期間が知りたいです。
結論:依頼する債務整理の内容によって異なります。
「任意整理」であれば、裁判所を介さず、貸金業者と直接やり取りをする方法になりますので、1番期間が短く4ヶ月~半年で完了できる場合がほとんどです。
「自己破産」「個人再生」手続きの場合には、裁判所を介する必要がありますので、半年~1年程度はかかってしまうでしょう。減額できる幅が大きい分、手続きも煩雑となります。
おすすめの記事