自己破産におすすめの弁護士・司法書士事務所はどこ?費用や口コミをご紹介!

「借金の返済が追いつかない」「借金の返済が原因で生活することが厳しい」などの理由から、法律の専門家に相談することで問題を解決する事例は決して珍しくありません。

計画的な返済計画を立てた上で借り入れを行ったはずが、いつの間にか大きな借金となってしまい、悩む方も多いのが昨今の現実と言えるでしょう。

しかし、実際に苦しい立場にいる方で、どのような制度を利用すれば良いか分からないと悩む方も多いのではないでしょうか。

今回は、数ある債務解決方法の中から「自己破産」に焦点を当てて、自己破産の概要から流れ、おすすめの弁護士・司法書士を紹介するなど総合的な視点で解説します。

この記事を読んでいただければ、自己破産の全容を把握することが可能な上、実際に今後どのように動けば良いのかを知るヒントにすることも可能です。

ぜひ、最後までご覧ください。

\いくら減額できるか確認しよう!/

自己破産とは?

自己破産とは?

自己破産とは、借金返済を事実上ゼロにすることができる強力な制度です。

自己破産とは、仕事で得た収入と実際に支払っている毎月の債務額などを含めた支出のバランスが破綻しており、自力で毎月の債務を支払えなくなってしまった状態の方が、破産の申し立てを行うことです。

自己破産手続きを行うことで、多くの借金を抱えた方の返済を事実上ゼロにすることができる強力な制度となっており、人生を見直し、再出発するための救済制度として利用されています。

自己破産手続きの種類

自己破産は申請者が現在置かれている状況などに応じて、以下の3つの事件に分けられます。

同時廃止事件

あくまで最終的には裁判所の判断となりますが、「処分する財産を所持していない」「2回目の自己破産である」などの利用に該当しなければ、同時廃止事件になることが多いです。

同時廃止とは、「債権者の財産が少ない場合などに、破産手続き開始決定と同時に、破産管財人を選任することなく破産手続きをすること」と定義されています。

債務者の観点からすると、破産管財人を選任しなくても良いことから専門家への依頼費用が管財事件より安価に済むことを覚えておきましょう。

通常管財事件(特定管財事件)

通常管財事件とは、破産管財人と呼ばれる弁護士が裁判所によって選任され、財産調査・管理・処分、債権者への配当などを行います。正式な破産が認められるまでに同時廃止よりも期間を要することが多く、認められるまでに半年~1年程度を要する場合も多いです。

通常管財事件は裁判所によっては特定管財と呼ばれます。

少額管財事件

通常の管財事件の場合、最低予納金として50万円以上が必要であり、お金を所持していないと破産できないという問題がありました。そこで、個人の方でも破産しやすいように、最低予納金を20万円と低額にした少額管財の手続きを認めたのです。

管財事件を個人でも手続きしやすいようにしたものを「少額管財事件」であると覚えておきましょう。

債務整理の他の手続きとの違い

自己破産は債務整理の手続きの一つの種類です。

他の債務整理との違いも確認しておきましょう。

任意整理との違い

任意整理は、債権者と交渉して、返済を楽にしてもらう手続きのことをいいます。

任意整理は債権者との交渉をするもので、裁判所に申立をするものではありません

また、自己破産は返済を免責してもらえるのに対して、任意整理は分割ですが返済していく手続きである点でも異なります。

個人再生との違い

個人再生は、裁判所に申立をして、減額してもらった債務を分割して返済する手続きです。

自己破産とは裁判所に申立をする点で共通しますが、個人再生は減額してもらえるものの残った額は支払わなければならない点で自己破産とは異なります

自己破産をすることのメリット・デメリット

自己破産をすることにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

自己破産のメリット

自己破産には基本的には債務が免責されるという大きなメリットがあります。

何もしない場合はもちろん、任意整理・個人再生のように3年~5年にわたる返済義務がありません。

そのため、手続きが終わればすぐに経済的な立て直しが可能となります。

自己破産のデメリット

債務が免責されるという大きなメリットの裏側で次のようなデメリットがあります。

  • 信用情報に事故情報が登録される(いわゆるブラックリスト)
  • 官報に自己破産したことが氏名・住所と共に掲載される
  • 連帯保証人に請求される
  • 一定の職業で職業制限がされる
  • 住宅ローンで住宅を購入した場合には競売される
  • 手続き期間中は住居が制限される

デメリットの数だけ見ると、メリットの割にデメリットが多い手続きのようにも見えますが、実際にはデメリットになることはほとんどありません

例)官報に掲載されるけども実際に官報を見ている人は少数

\専門家に相談しよう!/

自己破産の流れ

自己破産の流れ

自己破産の手続きは、専門家とのコミュニケーションが大切です。

ここまでは、自己破産の概要から種類までを解説しました。

次に、依頼者が専門家に相談を行ってから、破産手続きが完結するまでの流れを説明します。

弁護士・司法書士への依頼

まずは自己破産を依頼したい専門家を選定する作業です。

弁護士・司法書士などの無料相談でどのような方かを知ることが大切です。

選定する観点として「自己破産に対する実績が確かか」「専門家とコミュニケーションを取りやすいか」「費用がどの程度掛かるのか」などをチェックしておきましょう。

また、専門家によっては弁護士費用を一括でないと難しい場合なども多いです。

分割で弁護士費用を支払いたい方なども、分割払いへの対応を確認しておきましょう。

希望に合致する専門家が決まった場合は、着手金を支払うことで次の段階に進みます。

受任通知

専門家に自己破産を依頼すると専門家は債権者に受任の通知を行います。

この受任通知は、法的効力を有しており、債務者は通知を受けるとその後は一切の取り立てや請求が出来なくなるのです。

手続きが終了するまで効力を発揮することから、受任通知を送った時点で借金の返済から解放されます。

書類作成などの申し立て準備

自己破産を裁判所に申し立てるために、必要な書類を準備します。

「財産が本当にないか」「預金口座にお金がどの程度あるか」などを細かくチェックすることから、必要書類は多く複雑です。しかし、専門家がほとんどを作成してくれることと、依頼者が記述する場合にも、的確な指示に従って資料を集めるだけのため、スムーズに進めることが可能となります。

裁判所での面接と自己破産手続きの開始決定

裁判所に申立書を提出すると、裁判官・弁護士・本人の3者面談が行われ、資産・借金の金額・自己破産に至った経緯などの事情を説明します。この面談は本人が出席しなくても良い場合もあるのです。

問題がなければ、破産手続開始決定が出され、同時廃止・管財事件・少額管財のどの方法になるかが決定します。もし同時廃止となった場合には、免責確定に進みます。

【管財事件の場合】破産管財人による財産の処分と債権者集会

破産手続き開始決定の結果、管財事件となった場合には、同時廃止と比較して手続きに時間がかかるほか、裁判所に予納金を納める必要があります。

また、管財事件・少額管財事件の場合は以下手続きも行う必要が発生するのです。

管財人面接

自己破産手続開始決定後に、破産者・代理人弁護士・破産管財人との面談が行われます。

管財人面接では、どうして自己破産をするに至ったのかなどの状況を整理するとともに、手続きに支障がないか、配当する財産があるのか、免責を認めるのが妥当か、などの調査を行います。

破産管財人による財産の処分

破産管財人によって破産者の財産を現金化し、債権者に平等に配当します。

債権者集会

自己破産手続開始決定から3ヶ月後程度で債権者集会が開催されます。

債権者集会では、出席した債権者に対して破産管財人から事件概要と配当見込みなどの報告が行われるのです。1回目の債権者集会までに財産の換価が終了していれば集会は1回で終わりますが、換価が終わらなければ終わるまで、集会が開かれます。

免責確定

裁判所から免責許可決定をもらい、1ヶ月後に免責が確定し、はじめて返済する義務がなくなります。

\専門家に相談しよう!/

自己破産にかかる費用

自己破産にかかる費用

自己破産に掛かる費用は、同時廃止・少額管財・管財事件で大きく異なります。

次に、自己破産に掛かる費用を表を用いて解説します。

※同時廃止

申立手数料予納金予納郵便代弁護士費用合計
1,500円1〜3万円3,000円〜15,000円30万円〜約32万円〜

※少額管財

申立手数料予納金予納郵便代弁護士費用合計
1,500円20万円〜3,000円〜15,000円50万円〜約70万円〜

※管財事件

申立手数料予納金予納郵便代弁護士費用合計
1,500円50万円〜3,000円〜15,000円80万円〜約130万円〜

主に、同時廃止・少額管財・管財事件の費用の差は、弁護士費用の差に比例します。

この大まかな費用目安についても頭に入れておきましょう。

\専門家に相談しよう!/

自己破産におすすめの弁護士司法書士事務所をご紹介!

弁護士法人 ライズ綜合法律事務所

ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件を超える債務整理の解決実績!
  • 契約前であれば何度でも相談無料!来所・電話・メール3つの方法で相談可能!
  • 弁護士費用の分割払いに柔軟な対応!安心して債務整理の依頼ができます。

\口コミ高評価!/

ライズ綜合法律事務所はこんなところ!

債務整理を始め様々な問題の相談において顧客満足度が高く、口コミが高評価の事務所です。
代表の田中泰雄弁護士は20年以上債務整理を行ってきており、実績、経験共に豊富で安心して依頼が可能です。
また、横浜・大阪にも事務所を構えており、アクセスの良さもライズ綜合法律事務所の強みとなっています。

主な費用

相談料金 契約前の相談は無料
全国対応 出張相談会有り(感染症のため現在は休止)
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の22%~
任意整理解決報酬金:1社あたり22,000

ライズ綜合法律事務所について

本所所在地〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-1 ミナトビル 5階
対応業務債務整理、債権回収、離婚問題、交通事故...etc

\口コミ高評価!/

出典:https://risesogo.jp/

弁護士法人 大地総合法律事務所

大地総合法律事務所

大地総合法律事務所の特徴
  • ビデオ面談、電子契約を導入しており、コロナ禍に完全対応!
  • 迅速な対応・情熱的な交渉・チームワークを最重視!
  • 債務整理をはじめ、法務全般の業務に対応しており、安心して依頼が可能

\コロナ対策も万全!/

大地総合法律事務所はこんなところ!

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった借金問題の債務整理を得意としている弁護士事務所です。今まで数多くの多重債務者を救ってきており、主な取扱いは【任意整理】が多数。
迅速且つ、依頼者様を第一に考えた情熱的な交渉がポイントです。

大地総合法律事務所について

〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
対応業務債務整理、詐欺被害、誹謗中傷、交通事故...etc

\コロナ対策も万全!/

出典:https://daichi-lawoffice.com/

司法書士法人 はたの法律事務所

はたの法律事務所の特徴
  • 満足度95.2%! 債務整理、過払い金請求において40年。20万件の相談実績!
  • 相談・着手金は完全無料! 全国どこでも出張料金無料!
  • 手持ちがなくても催促停止! 費用の分割払いもOK!
\相談受付・24時間年中無休!/

はたの法律事務所はこんなところ!

はたの法律事務所は40年間、借金問題についての悩みを解決している人気の司法書士事務所です。
長年に渡る経験からご相談者様が抱える悩みを熟知しており、安心して相談をすることができます。
更に、相談料は何度でも無料で、借金についての悩みを気軽に相談することが可能です。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国出張料金 無料
過払い金報酬取り戻した過払い金額の20%   10万円以下の場合は12.8%
任意整理1社2万~+減額できた債務の金額の10%

はたの法律事務所について

所在地〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
\相談受付・24時間年中無休!/

出典:https://hikari-hatano.com/

司法書士法人 穂(旧:司法書士法人かなめ総合法務事務所)

司法書士法人 穂の特徴
  • 借金問題に特化した専門チームが、金融会社との交渉や書類の作成など、解決まで一貫してサポート!
  • 女性専用の借金相談窓口をご用意!24時間365日相談が可能!
  • ご契約までは何度でも無料相談が可能!メールでも電話でも相談ができる!
\任意整理が得意な事務所!/

司法書士法人 穂はこんなところ!

司法書士法人穂は債務整理の中でも、特に任意整理を得意とされている事務所で、家族にバレること無く借金問題を解決したい
という方におすすめの事務所となっております。
全国・24時間対応しており、メールやお電話でも相談することが可能です。また、匿名での相談も受け付けています。

主な費用

相談料金 ご相談は無料
完済過払請求相談料・着手金無料
1業者あたりの成功報酬 22,000円(税込)
任意整理1業者あたり 22,000円~(税込)
業者の主張する債務を減額した額の11%相当額(税込)

司法書士法人 穂について

所在地〒170-0013
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル6階
対応業務債務整理、不動産登記、商業登記・企業法務、相続
\任意整理が得意な事務所/

出典:https://honoka.or.jp/

赤瀬司法書士事務所

赤瀬司法書士事務所の特徴
  • 大阪府を中心に、全国を対象として業務を展開!
  • 法律のスペシャリストが豊富な専門知識で債務整理をサポート!
  • 事前予約で夜間や休日の対応も実施!

\丁寧な相談対応!

赤瀬司法書士事務所はこんなところ!

赤瀬司法書士事務所は、大阪府大阪市にある司法書士事務所で、大阪司法書士会所属の赤瀬丈晴氏が代表を務めている事務所です。赤瀬司法書士事務所では、無料且つ匿名で利用することが可能な借金減額診断を用意しており、気軽に自分の借金についてのシミュレーションが可能です!

主な費用

相談料金 無料
全国対応 可能
着手金債権者1社あたり27,500円~(税込)
過払い金返還報酬返還された過払い金額の22%~(税込)

赤瀬司法書士事務所について

所在地〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング416号室
対応業務借金問題・相続・成年後見など

\丁寧な相談対応!/

出典:https://akase-legal.com/

自己破産を実際に利用した方の口コミをご紹介!

お名前のイニシャルを教えて下さい。

Y.Kと申します

年代・性別・居住地について教えて下さい。

30代 男性 東京

借金を作ったエピソードを教えて下さい。

ギャンブル依存による借金です。貯金を使い果たしてもギャンブルをしたくて仕方なく、消費者金融に手を出したことがきっかけでした。

自己破産をしようと思ったきっかけを教えて下さい。

利息を返済するために別の消費者金融から借金をしていくことを続けていった結果、返せないほどの借金になっていたからです。

自己破産を依頼したのは弁護士・司法書士どちらでしたか?また、事務所名をお教えください。

弁護士事務所・東京ロータス法律事務所

自己破産でどのくらい借金を減額できたか教えて下さい。

自己破産前に比べると約230万円の減額ができました。

自己破産を行った感想を教えて下さい(良かった点・悪かった点など)
専門家に依頼してよかった点などもお教えいただけますと幸いです。

自分で何とかしようと考えている間にも利息が増え続け、借金取りに追われて身の危険を感じて自暴自棄になっていましたが、専門家に助けを求めることで「法律」という観点から現実的な目線で対処法を提案してもらえたので「お先真っ暗」という状況から抜け出せたのがよかったです。

自己破産を検討している方へのメッセージをお願いいたします。

知らぬ間に借金はふくれあがり、自分ではどうしようもなくなります。それであればプライドも何も全部捨ててゼロからやり直す方法としての「自己破産」は逃げ道ではなく人生の選択肢としてアリだと思います。

自己破産は個人でも可能?その際の費用は?

自己破産は個人でも可能?その際の費用は?

自己破産は個人でも可能ですが、多くの手続きと負担が発生します。

自己破産については、ルール上は弁護士・司法書士などを利用せずに申請することが可能です。

専門家を利用しないことから、費用の中で大きな割合を占める「弁護士費用」が掛からないことになります。

しかし、実際に個人で自己破産を行う場合には多くのリスクがあり、現実的な手段ではありません。

具体的には、「専門的な書類作成が多く時間が掛かってしまう」「疑問や不安を相談することができない」「受任通知を送ることが出来ないことから、取り立てを止められない」などがあります。

精神的・肉体的な負担を考慮しても、専門家を利用して自己破産を行うことがおすすめです。

\専門家に相談しよう!/

自己破産は弁護士・司法書士に相談しよう

自己破産は弁護士・司法書士に相談しよう

専門家を利用した自己破産は、多くのメリットがあります。

自己破産を個人で行うことは可能ですが、多くのリスクとデメリットがある点を説明しました。

最後に、自己破産を専門家に依頼することで得られるメリットをいくつか解説します。

専門家に依頼するメリット

 以下では自己破産を専門家に依頼するメリットを3点ご説明いたします。

必要書類の作成や裁判所とのやりとりを代行してくれる

自己破産は、証明しなければならない観点が多いことから提出する書類も比例して膨大な数となります。

専門家に依頼することで、これらの書類を専門家に書いてもらうこと、自身で書く場合にもアドバイスを得ることが可能です。

そのほか、裁判所とのやりとりを含めて専門家が代行してくれることから、精神的な負担が大幅に軽減されます。

免責の結果を得やすい

もし借金をしてしまった理由が「ギャンブル」などの場合には、裁判所は「免責を認めない項目」にあたるとして、免責を許可しないケースもあります。

この部分を専門家がいることで、裁判所からの質問に対しても正確に回答し、免責を得られやすい状況に持っていくことが可能になるのです。

結果的に費用が安くなる場合もある

通常であれば管財事件の手続きになるような場合でも、弁護士に依頼してみれば、少額管財事件の手続きに移行し、費用を浮かせる場合もあります。

一定以上の財産を有している方こそ、弁護士などの専門家利用は必要不可欠と言えるでしょう。 

\専門家に相談しよう!/

まとめ

まとめ

自己破産全体の流れを理解することで、前に進むきっかけになります。

今回は、自己破産の概要から手続きの流れ、メリット・デメリットなど総合的な観点で自己破産について解説してきました。「なんとなく自己破産は怖いもの」と感じている方は、この記事を読んで全体のイメージが掴めたはずです。現状の理解と、自己破産の流れを整理しながら、まずは信頼の置ける専門家を見つけることからスタートしましょう。

この記事が、自己破産を検討している方が一歩進めるきっかけになれば幸いです。

口コミ高評価!

当サイト債務アレンジおすすめ「ライズ綜合法律事務所」はGoogleの口コミにて★4つと高評価で満足度が高い事務所様となっております。レビューの数も61と多く、「とても親切だった」という声が多数です。
借金でお悩みの方は是非、「ライズ綜合法律事務所」にご相談下さい!

関連記事!
債務整理 弁護士 司法書士どちらに頼むべき?」
自己破産は複雑な手続き、裁判所とのやり取りが必要となるため専門家に依頼することをおすすめしています。
こちらの記事では、依頼する→弁護士・司法書士って何がちがうの?どっちに依頼すればいいの?
という疑問に対して詳しく解説しております。是非一度ご覧ください!

Q&A

自己破産はどのような手続きですか?

自己破産とは、借金の支払いが経済的に不可能となってしまった場合に、最低限の財産を残した残りの財産を換価し、債権者に分配することで、税金などを除くほぼ全ての借金の支払い義務を無くすことを裁判所に認めてもらう手続きです。

自己破産のメリットを教えてください。

自己破産の最大のメリットは、税金などを除くほぼ全ての借金の返済義務が無くなる点です。
自己破産手続き完了後の収入について没収されるなどのことはなく、自己破産を行った後は、全ての収入を今後の生活を立て直すことに使うことが可能です。また、専門家に依頼すると煩雑な手続きや、借入先とのやり取りをほぼすべて専門家が代行してくれますので、精神的負担が減ることも大きなメリットといえるでしょう。

自己破産のデメリットは何ですか?

自己破産の最大のデメリットは、財産がほぼ全て処分されるという点です。
裁判所によってその基準は異なりますが、家具など生活に欠かせないと認められる財産を除く財産については、ほぼ全て債権者への補填に当てられるため没収の対象となります。
また、自己破産に限らず、債務整理を行うと信用情報期間に金融事故情報が登録されることはデメリットであるでしょう。事故情報が登録されている期間は、信用取引を行うことができなくなってしまいます。
専門家の意見、メリット、デメリットを考慮した上で自己破産を行うか判断をしましょう。

自己破産ができるかどうかの基準はありますか?

自己破産を行うためには、「支払不能」であることを裁判所に認めてもらう必要があります。
支払不能とは、一般的に、現在の借金総額を36ヵ月(3年間)で割った金額が、毎月の返済可能額を上回っている状態
つまり、現在の借金を3年間で返済できる支払い能力があるかどうかが1つの基準となっています。

おすすめの記事