奨学金を返せない場合はどうしたらいい?自己破産の利用はできるのか?対処法や救済制度をご紹介

奨学金とは経済的に苦しい学生に対して、学費などのお金を貸与・付与する制度を指します。
奨学金を利用する多くの人が、貸与型の奨学金を利用しており、貸与型は就職後に返済していかなければなりません。

日本学生支援機構の調査では、奨学金を受給している大学生(昼間部)は47.5%でした(参照元:平成30年度学生生活調査 | JASSO)
およそ2人に1人が奨学金を利用していることになります。

労働者福祉中央協議会によると、奨学金返済に43.1%の人が奨学金を返せないときつさを感じているようです(参照元:「奨学金や教育費負担に関するアンケート調査結果」報告書を発行しました | 労働者福祉中央協議会(中央労福協) (rofuku.net))

この記事では、奨学金の返済が厳しい人に対しての解決方法を提示しています。
この記事を読むことにより、今後の奨学金返済計画への見通しも立てやすくなるでしょう。
ぜひとも、参考にしていただければ幸いです。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

奨学金を延滞して督促状が来たら連帯保証人にすぐ連絡が行く?

奨学金を延滞して督促状が来たら連帯保証人にすぐ連絡が行く?

返済の自動引き落としができなかった場合、「奨学金返還の振替不能通知」や「個人信用情報機関への登録について」という文書が届いたり、電話連絡が来たりします。

その後も奨学金の返済不能となった場合は、個人信用情報機関に延滞情報が登録され、連帯保証人にも連絡が行くことになります。

延滞情報が登録されると、クレジットカードの利用やキャッシング、携帯電話の引落し等に制約が生じることがあります。

さらに長期に渡って延滞が解消されない場合は、裁判所に支払督促の申立てが行なわれるなど法的手続きがとられることになるのです。

保証制度を「人的保証」にしている場合|保証人へ請求

奨学金の人的保証とは、父母や親族が連帯保証人・保証人となる制度です。

本人が奨学金の返済を延滞した場合は、まず「連帯保証人」宛てに督促や請求連絡が行われ、本人・連帯保証人ともに返済が困難な場合は「保証人」に請求が行きます。

保証制度を「機関保証」にしている場合|機関から本人へ請求

機関保証制度は、公的機関の「公益財団法人日本国際教育支援協会」が「連帯保証人」になってくれる制度です。奨学金の借入れ額によって「保証料」が決まります。

返済が滞った場合には機関が代わりに全額を支払い、以降は機関から本人に請求が来ることになります。

奨学金を支払えない場合には、もともとの保証料に加えて、年10%の遅延損害金が加算されるため注意が必要です。

また、延滞が続く場合は法的措置、そして強制執行へと至ることもあります。

督促状が届いた場合でも和解できる可能性がある

日本学生支援機構では奨学金返済が厳しいケースに備えて救済制度を用意しています。救済制度には「減額返還制度」や「返還期限猶予制度」「返還免除制度」という3種類があります。

何らかの事情で返済が難しくなったときは、早めに日本学生支援機構へと連絡をしましょう。一人で抱え込まず、相談することが一番重要です。

 

\\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

60秒で借金減額診断!(無料)

自己破産をする前に【奨学金返済支援制度】3つを検討しよう!

奨学金返済支援制度を利用しよう!

奨学金の返済が厳しいケースに対して、日本学生支援機構には3つの支援制度が設けられています。

奨学金を滞納してしまう、返済が難しい、見通しが立てられない、と分かった段階で早めに支援制度の利用を検討してみましょう。

  • 返還免除制度
  • 返済期限猶予制度
  • 減額返還制度

順に解説していきます。

支援制度で解決できる場合、支援制度を利用するのが無難でしょう

[1]返還免除制度|奨学金の返済額を減額または延長

返還免除制度とは奨学金の返済額を減額してもらったり、奨学金の返済期間を延長してもらったりする制度です。下記の条件に当てはまる場合、返還免除制度の対象となります。

  • 本人が死亡または高度障害となり、返済が難しい場合
  • 本人に精神もしくは身体の障害があり、返済が難しい場合

    返還免除制度には審査があり、社会情勢により条件が変更されるケースもありますので、まずは日本学生支援機構に相談してみましょう。

    [2]返還期限猶予制度|奨学金の返済をストップ

    返還期限猶予制度とは、奨学金の返済を一旦ストップする制度です。
    貧困や失業、災害や傷病などの理由により奨学金の返済が難しくなった場合、返済期間を延長して一旦支払いをストップできます。

    返済期限猶予制度の猶予期間において、利息や延滞金、保証料は発生しません。また返済期間を延ばすだけなので、免除や減額はされません。

    返済期限猶予制度は1回利用すると、最大12ヶ月支払いをストップできます。最大10回まで利用できるため、最大で奨学金の支払いをス10年間もストップできるのです。

    [3]減額返還制度|支払額を減額

    減額返還制度とは、奨学金の月々の支払額を半分や半分以下にする制度です。災害や疾病、経済的な理由を原因とし、奨学金の返済が困難な人が対象となります。

    一定期間、当初約束した返還月額を減額して、減額返還適用期間に応じた分の返還期間を延長する方法となります。

    減額返還制度は、奨学金の総額自体は変わりません。あくまで奨学金の総額に対し、月々の支払いを減らし支払期間を延ばす方法となります。

     

    \\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

    60秒で借金減額診断!(無料)

    自己破産だけではない!他にもある「債務整理」の方法

    自己破産だけではない!その他の解決方法とは?

    日本学生支援機構の支援制度でも奨学金の返済や延滞が解決できない場合、債務整理の方法は自己破産だけではありません。法的な債務整理の方法には主に3種類あり、自己破産のほか、「任意整理」や「個人再生」といった方法もあります。

    自己破産とは違い、どちらも免責ではなく返済が前提となる手続きですが、それぞれに違いや特徴があります。ここからは「任意整理」「個人再生」について詳しく解説していきましょう。自己破産については後ほど詳しく解説します。

    任意整理や個人再生も自己破産と同様、法的に認められている手続きです。
    利用する上で後ろめたい気持ちになる必要はありません。

    【任意整理】とは?|返済プランの立て直し

    任意整理とは債権者と交渉をして将来の支払い利息分をカット・減額してもらい、返済プランを立て直す方法となります。
    債務者が無理なく返済できるように債権者が返済条件を改善し、和解することを目指す手続きともいえます。

    任意整理の特徴として、裁判所を介さないという点が挙げられます。裁判所の判断ではなく、債務者と債権者のお互いが納得する返済方法で返済が再計画されます。

    任意整理のメリット・デメリット

    ここからは任意整理の「メリット」「デメリット」を説明していきます。

    まずは任意整理のメリットから見ていきましょう。任意整理のメリットとして以下の3点があります。

    任意整理のメリット

    • 自分で整理する借金を選べる
    • 保証人・連帯保証人に迷惑をかけない
    • 利息分をカットできる

        任意整理のメリット①「整理する借金を自分で選べる」

        自己破産では借金全体を整理するため、整理する借金は選べません。しかし任意整理では整理する借金を自分で選べます。

        つまり奨学金の返済だけは続けて、他の借金は任意整理をして返済額を減らしてもらうことも可能なのです。

        任意整理のメリット②「保証人・連帯保証人に迷惑をかけない」

        前述したように、任意整理は整理する借金を自分で選べます。
        そのため保証人・連帯保証人が付いている借金を対象から除外すれば、保証人や連帯保証人に迷惑をかけることもありません。

        任意整理のメリット③「利息分をカットできる」

        借金の総額が大きい場合は、額に比例して利息も膨らみます。任意整理では借金自体を免除するのではなく、将来発生する利息をカットする方法となります。

        将来の支払予定利息を免除してもらい、返済計画を立て直すことで、順調な奨学金の返済を進めていくことが可能となるのです。

        任意整理のデメリット

        続いて任意整理のデメリットをご紹介します。

        任意整理のデメリット

        • ブラックリストに登録される
        • 収入がなければ利用できない
        • 借金を大幅に減額できない

        こちらも1つずつ見ていきましょう。

        任意整理のデメリット①「ブラックリストに登録される」

        任意整理をすると信用情報機関のブラックリストに登録されます。返済完了から5年間は消えません

        ブラックリストに登録されている間は、新たに融資を受けたり、クレジットを作ったりローンを組むことが難しくなるでしょう。

        任意整理のデメリット②「一定の収入がなければ利用できない」

        任意整理後に安定して返済できる見込みがない場合は、任意整理を利用できません。つまり無職の場合や安定収入のない場合は利用できないことになります。

        任意整理のデメリット③「借金の大幅削減は難しい」

        任意整理では、将来の支払い利息部分のカットにとどまるため、借金総額を大きく減らすことは難しいというデメリットがあります。任意整理をしたとしても、自己破産や個人再生と比べると、残高は依然として残ることになります。

        借金の元本も減額したい場合など、債務整理の適応については弁護士や司法書士に依頼するのがベストでしょう。

        任意整理を検討してもいい場合

        任意整理のメリットは債務整理の対象を選択できる点にあります。ただし、債務整理できるのは支払い予定利息の部分のみであり、返済計画の立て直しにとどまります。

        そのため、もともと利率の低い奨学金については任意整理するメリットはそれほど期待できないことになります。

        ただし、人的保証ではなく機関保証を利用している場合や、ほかに利率の高い借金があって全体的な返済を立て直したい場合であれば、任意整理を検討する価値が出てきます。

        裁判所を通すことなく債権者との合意のみで債務整理できるため、精神的な負担も比較的少なくて済むという点がメリットになる可能性があります。

        【個人再生】とは?|減額したうえで返済

        個人再生とは借金の総額を減額し、減額した上で3~5年の期間で返済していく手続きです。
        借金の元金自体を減額の合意を得て返済計画を立てなおす手段となります。

        ただし個人再生は任意整理とは異なり、裁判所を介する方法となります。

        個人再生のメリット・デメリット

        ここからは個人再生の「メリット」「デメリット」を説明していきます。
        まずは個人再生のメリットからご紹介いたします。

        個人再生のメリット
        • 借金を大幅に減額できる
        • 住宅や自動車を手放さなくて良い

        以下で1つずつ見ていきましょう。

            個人再生のメリット①「借金を大幅に減額できる」

            個人再生は最低弁済額といって、借金の額を基準に最低限返済しなくてはならない額が決まっています。条件次第では、借金の元本を最大10分の1まで減らすことも可能です。

            ただし100万円を超える借金がある場合は、弁済額を100万円未満に減らすことはできません。

            個人再生のメリット②「住宅や自動車を手放さなくて良い」

            個人再生では原則的に財産は処分されません。住宅ローンが残っていたとしても、ローンの返済を続けることで住み続けられます。

            またローンの支払いが終わっている車も手放さずに済みます。しかし、ローン支払い中の車は処分されてしまうので注意しましょう。

            個人再生のデメリットについて

            続いて、個人再生のデメリットについてご紹介いたします。

            個人再生のデメリット

            • 手続きが複雑で長期化しやすい
            • ブラックリストに登録される・保証人や連帯保証人に迷惑がかかる

            1つずつ見ていきましょう。

            個人再生のデメリット①「手続きが複雑で長期化しやすい」

            個人再生は債務整理の中で、最も手続きが複雑です。一般的に申し立てをしてから返済開始まで6~12ヶ月かかります。

            裁判所に出す資料も多く、再生計画案など難しい内容ばかりです。

            個人再生のデメリット②「ブラックリストへの登録」「保証人や連帯保証人に迷惑がかかる」

            個人再生をするとブラックリストに登録されるので、5~10年はクレジットの作成やローンを組むことが難しくなります。

            また債務者が返済できない分については、保証人や連帯保証人に請求がいくので、迷惑をかけてしまうことは避けられません。

            個人再生を検討してもいい場合

            もし、奨学金以外にも多額のギャンブルや投資による借金がある場合、自己破産で免責を受けたくても不許可(免除されない)となる可能性が高くなります。
            個人再生であれば免責不許可事由に該当しても、一定の要件を満たせば再生計画が認可されます。

            そのため、個別のケースによりますが、個人再生を検討するメリットが出てくる場合もあるでしょう。

            \専門家に相談しよう!/

            「奨学金を理由とする自己破産」が社会問題になっている?

            「奨学金を理由とする自己破産」が社会問題になっている?

            奨学金を借りている大学生は今や2人に1人と言われ、何らかの奨学金を利用して大学に進学することは一般的となっています。

            しかし、奨学金を借りても返せない人が増えており、自己破産を選ぶ段階にまで追い込まれるケースが増えています。

            奨学金借入の現状について

            進学に関する費用は決して安くはなく、一方、親世代の平均年収は減少傾向にあります。日本学生支援機構が行った「平成30年度学生生活調査」によると、大学生の奨学金受給率の平均は47.5%となり、約半数の学生が奨学金を利用している実態があります。

            仕送り額も低下している中、大学生の生活はどのくらい厳しいものなのでしょうか。

            親の仕送り額から家賃を引いた『大学生の1日あたりの生活費』(東京地区私立大学教職員組合連合の調査)によると、10年前までは1日あたり2000円超でしたが、現在はわずか850円にまで落ち込んでいます。

            そのためアルバイトも生活費に充てながら、奨学金が必須となっているのです。

            奨学金を理由とする自己破産の現状

            日本学生支援機構の調査「令和元年度 奨学金の返還者に関する属性調査結果」によると、令和元年度末で奨学金の返還を3か月以上滞納している人は約15万人にも上ります。

            滞納が3カ月以上ですので、これほど多くの人が奨学金返済の延滞のため個人信用情報機関に登録されていることになります。

            奨学金を借りて卒業しても、正社員での就職が難しい社会情勢の中、さらに大学を中退する人も急増していることが問題視されています。

            実家からの仕送りと奨学金だけでは授業料や住居費・生活費をカバーできず、長時間のアルバイトのため単位を落としてしまったり、授業料の未納で自主退学を迫られる学生も少なくありません。

            一度中退してしまうと就職そのものが格段に難しくなり、そして奨学金の返済は残ってしまうのです。このような困難に見舞われ、若年世代の「奨学金破産」のリスクが高まっているのです。

             

            \\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

            60秒で借金減額診断!(無料)

             

            そもそも「自己破産」とは?借金の返済を免除する事

            自己破産とは?

            お金が払えなくなったら「自己破産」「ブラックリストに載る」と耳にすることがあると思います。

            広い意味で「自己破産」とは、借金の返済を免除してもらうことを指します。借金の返済が無くなる一方で、非常にネガティブなイメージがあると思います。

            ただし自己破産は裁判所に認めてもらう生活再生の手段で、法的に認められた手続きとなります。

            つまり、自己破産で助けてもらうべき人が、正式に認めてもらえるということになります。

            そのため、自己破産できる条件として下記の2つに該当する必要があります。

            • 返済ができない
            • 免責不許可事由に該当しない(借金の原因がギャンブルや風俗など債務を免除するにあたり、ふさわしくない理由ではない)

            上記のように、実際には借金の返済能力がある場合や、免責「不許可」事由に該当する場合については、自己破産(免責)は認められていません。そのため、奨学金の返済が不可能という場合や、滞納している場合には認められることもあるでしょう。

            自己破産は法的に認められた手続きです。決して悪い行為ではなく、条件に該当する場合に認められる手続きとなります。

            自己破産のメリット・デメリット

            ここからは自己破産のメリット・デメリットを説明していきます。
            まずは自己破産のメリットからご紹介します。

            自己破産のメリット

            • 自己破産後の財産は回収されない
            • 最低限の財産は残すことができる
            • 借金がなくなる

              1つずつ見ていきましょう。

              自己破産のメリット①「借金がなくなる」

              自己破産をすると借金が完全に無くなります。
              債権者からの取り立てに、ストレスを感じる必要もなくなるのです。

              また自己破産の手続きを弁護士に依頼すると、弁護士は債権者に受任通知を送付します。
              受任通知の送付後、債権者は債務者に対する取り立て行為が禁止されます。
              ですので、債務者に債権者から取り立ての連絡がくることはありません。

              自己破産のメリット②「最低限の財産は残すことができる」

              自己破産によって財産が没収される可能性はありますが、全ての財産が無くなるわけではありません。自由財産と呼ばれる、生活をしていくうえで必要な財産・資金は手元に残せます。

              自己破産によって何もかも失うと勘違いする人は多いですが、最低限の生活費や住む場所は保証されています。

              自己破産のメリット③「自己破産後の財産は回収されない」

              自己破産をした後に得た財産は回収されません。自己破産後に得た収入や資金は全て自分のものになります。

              また給与を差し押さえられている場合、自己破産後は差し押さえすることができません。よってあなた自身で給与を受取れます。生活再建に向けてスムーズに立て直していくことができるでしょう。

              続いて自己破産のデメリットをご紹介します。

              自己破産のデメリット

              自己破産のデメリット

              • ブラックリストに登録される
              • 保証人・連帯保証人には請求が続く
              • 価値のある財産は没収される

              こちらも1つずつ見ていきましょう。

              自己破産のデメリット①「ブラックリストに登録される」

              自己破産をすると、個人信用情報機関のブラックリストに登録されます。
              登録されるとクレジットカードを新しく作成したり、住宅ローンなどを組んだりすることができません。また、新たに借金することもできません。

              ブラックリストに登録されている名前は5~10年の間に削除されます。
              削除後はクレジットカードを新しく作成できますし、住宅ローンも組めます。
              お金を借り入れることも可能です。

              自己破産のデメリット②「保証人・連帯保証人には請求が続く」

              自己破産は債務者自身の借金に対する支払い義務はなくなりますが、借金自体は残っています。

              よって自己破産により債務者(自己破産者)から借金が回収できなくなった際は、保証人や連帯保証人に対して請求がおこなわれます。

              交渉によっては、債権者が分割払いに応じてくれる可能性もあるでしょう。

              自己破産のデメリット③「価値のある財産は没収される」

              次の項で詳細を説明しますが、自己破産すると一定の価値のある財産は、原則として手元に残せません。

              価値のある財産は換価といって、金銭に換えられ、債権者に配分される仕組みになっているのです。

              自己破産で手元に残るもの・残らないもの

              自己破産は借金の支払い義務はなくなりますが、同時に価値のある財産は差し押さえられ手放すことになります。
              没収される財産は裁判所によって異なりますが、東京地方裁判所の基準では以下が対象です。

              • 所持する現金が99万円を超える場合
              • 預貯金残高が20万円を超える場合
              • 不動産(ローン残高が評価額の1.5倍に満たない場合)
              • 退職金(見込み額が160万円を超える場合)
              • 保険の解約金が20万円を超える場合

                逆に言えば、上記の要件を満たしていない財産は没収されず手元に残ります。
                例えば20万円を超える貯金がある場合、事前に引き出しておき、預貯金残高を20万円未満・現金残高を99万円以下にしておけば対象にはなりません。

                ただ自己破産直前に引き出した場合は、預金として扱われる可能性が高いので、留意しておきましょう。

                \専門家に相談しよう!/

                奨学金でも自己破産は適応できる?|奨学金も自己破産可能

                奨学金でも自己破産は適応できる?

                奨学金を返済できなくなった時、同じように自己破産は適応されるのでしょうか?
                次の項で詳しく説明していきましょう。

                奨学金も借金の一種だから自己破産を使える…?

                奨学金は自己破産で解決することが可能

                結論として、奨学金に自己破産は適応されます。奨学金の返済ができない場合、自己破産を申し立て、解決することは可能です。

                奨学金も、お金の借り入れですので「借金」として扱われます。つまり自己破産をして免責が認められると、他の借金と同じように債務者(自己破産者)は返済義務が無くなります。

                借金の取り立てが保証人に集中するというデメリット

                奨学金には「人的保証」と「機関保証」といった保証制度があります。
                機関保証は保証機関が連帯保証人になり、人的保証は家族や親族が連帯保証人になります。
                連帯保証人とは、借主が返済できなくなった際、代わりに返済する立場になる人です。

                自己破産によって債務者の支払い義務はなくなりますが、支払い義務は保証人・連帯保証人に移ります。
                つまり自己破産が決定すると自分の借金は無くなりますが、奨学金の返済は連帯保証人が背負っていくことになるのです。
                連帯保証人が大きな金銭的負担を抱えてしまう、というデメリットがあります。

                \専門家に相談しよう!/

                奨学金返済がつらいなら弁護士に相談しよう!

                奨学金返済がつらいなら弁護士に相談しよう!

                奨学金返済が辛いなら、まずは弁護士に相談することをおすすめします。
                弁護士に相談することで解決に向けたアドバイスを受けたり、法的書類の準備を委託できるというメリットがあります。

                法律のプロや専門家は、あなたに合った最適な解決策をアドバイスしてくれるでしょう!

                弁護士に相談するメリット

                奨学金の返済がつらい場合、解決に向けた方法は法的知識の必要なケースが多く、債権者との交渉や裁判所関連の書類など、個人ですべて対応することが難しいケースも多くなります。

                法律の専門家である弁護士に相談することで、解決にむけたアドバイスや返済関連の窓口になってくれるなど、たくさんのメリットがあります。

                無料で相談に乗ってくれる事務所も多いので、まずは相談してみるところから始めてみましょう。

                \専門家に相談しよう!/

                自己破産におすすめの 弁護士・司法書士事務所

                弁護士法人 ライズ綜合法律事務所

                ライズ綜合法律事務所の特徴
                • 5万件を超える債務整理の解決実績!
                • 契約前であれば何度でも相談無料!来所・電話・メール3つの方法で相談可能!
                • 弁護士費用の分割払いに柔軟な対応!安心して債務整理の依頼ができます。

                \口コミ高評価!/

                ライズ綜合法律事務所はこんなところ!

                債務整理を始め様々な問題の相談において顧客満足度が高く、口コミが高評価の事務所です。
                代表の田中泰雄弁護士(第一東京弁護士会)は20年以上債務整理を行ってきており、実績、経験共に豊富で安心して依頼が可能です。
                また、横浜・大阪にも事務所を構えており、アクセスの良さもライズ綜合法律事務所の強みとなっています。

                主な費用

                相談料金  契約前の相談は無料
                全国対応  出張相談会有り(感染症のため現在は休止)
                過払い金報酬 着手金:無料・成功報酬:回収金の22%~
                任意整理 着手金:1社あたり0円~ ※借入金額による

                ライズ綜合法律事務所について

                本所所在地 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-9-1 日本橋三丁目スクエア12階
                対応業務 債務整理、債権回収、離婚問題、交通事故...etc

                \口コミ高評価!/

                弁護士法人 大地総合法律事務所

                大地総合法律事務所

                大地総合法律事務所の特徴
                • ビデオ面談、電子契約を導入しており、コロナ禍に完全対応!
                • 迅速な対応・情熱的な交渉・チームワークを最重視!
                • 債務整理をはじめ、法務全般の業務に対応しており、安心して依頼が可能

                \コロナ対策も万全!/

                大地総合法律事務所はこんなところ!

                消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった借金問題の債務整理を得意としている弁護士事務所です。今まで数多くの多重債務者を救ってきており、主な取扱いは【任意整理】が多数。
                迅速且つ、依頼者様を第一に考えた情熱的な交渉がポイントです。

                大地総合法律事務所について

                〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
                対応業務 債務整理、詐欺被害、誹謗中傷、交通事故...etc

                \コロナ対策も万全!/

                ひろた法律事務所

                ひろた法律事務所

                ひろた法律事務所の特徴
                • ご相談は何度でも無料! 過払い金調査についても無料!
                • 費用の分割払いOK!支払い状況に応じて柔軟に対応!
                \1分で無料診断!/

                ひろた法律事務所はこんなところ!

                お客様の生活改善を最優先し、不要な手続きは勧めない安心できる法律事務所です。
                お客様の状況に応じてベストな解決方法をご提案しています。

                主な費用

                相談料金  ご相談は何度でも無料
                過払い金報酬 返還金額 × 22.00%~
                任意整理 着手金11,000円~ (1社あたり)、解決報酬金11,000円~ (1社あたり)、管理費用33,000円

                ひろた法律事務所について

                所在地 〒530-0041
                大阪府大阪市北区天神橋2丁目3番8号MF南森町ビル5階A号室
                対応業務 債務整理、過払い金請求など
                \1分で診断完了!/

                司法書士法人 はたの法務事務所

                はたの法務事務所の特徴
                • 満足度95.2%! 債務整理、過払い金請求において40年。20万件の相談実績!
                • 相談・着手金は完全無料! 全国どこでも出張料金無料!
                • 手持ちがなくても催促停止! 費用の分割払いもOK!
                \全国出張対応!/

                はたの法務事務所はこんなところ!

                はたの法務事務所は40年間、借金問題についての悩みを解決している人気の司法書士事務所です。
                長年に渡る経験からご相談者様が抱える悩みを熟知しており、安心して相談をすることができます。
                更に、相談料は何度でも無料で、借金についての悩みを気軽に相談することが可能です。

                主な費用

                相談料金  ご相談は全て無料
                全国出張料金  無料
                過払い金報酬 取り戻した過払い金額の20%   10万円以下の場合は12.8%
                任意整理 1社2万~+減額できた債務の金額の10%

                はたの法律事務所について

                所在地 〒167-0051
                東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
                対応業務 債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
                \全国出張対応!/

                弁護士法人 ひばり法律事務所(旧名村法律事務所)

                弁護士法人 ひばり法律事務所
                ひばり法律事務所の特徴
                • 東京大学法学部卒であり、25年以上のキャリアを積んでいる弁護士が在籍!
                • ご相談は全国に対応!全ての相談において相談料が無料!
                • 借金問題を最適な方法で解決! 過払い金にも対応しており、着手金は無料!

                \全国対応!

                ひばり法律事務所はこんなところ!

                ひばり法律事務所は、以前名村法律事務所として活動しておられましたが、業務充実のために法人化をしています。
                債務整理を主に扱っており、代表弁護士である名村泰三さんは25年以上のキャリアをお持ちの弁護士です。
                「ひばり」には依頼者に早く春をお届けしたいという意味が込められており、迅速に問題解決へと導いてくれるでしょう。

                主な費用

                相談料金  ご相談は全て無料
                全国対応  可能
                過払い金報酬 着手金:無料・成功報酬:回収金の20%~
                任意整理 着手金、報酬金共:1社あたり22,000

                ひばり法律事務所について

                所在地 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
                対応業務 借金問題・サイト被害・離婚・相続など

                \全国対応!/

                出典:https://www.hibari-law.net/

                みどり法務事務所

                みどり法務事務所はこんな事務所!
                • 全国対応!
                • 相談・初期費用無料!
                • 過払い金が取り戻せなかった場合は報酬0円!

                \無料・匿名で減額診断!/

                債務整理費用

                任意整理 別途ご相談
                個人再生 着手金:110,000円
                その他費用:別途ご相談
                自己破産 着手金:110,000円
                その他費用:別途ご相談
                過払い金 着手金:0円
                報酬金:0円
                成功報酬:22%

                基本情報

                弁護士 代表司法書士 寺島 能史
                所在地 東京都千代田区九段南 2-2-3 九段プラザビル 8F
                対応業務 借金問題

                \無料・匿名で減額診断!/

                「奨学金破産」が起こってしまう背景

                奨学金破産が起こってしまう背景

                奨学金は卒業後、半年程度経ってから返済が開始しますが、卒業と同時に安定的な就職ができるとも限りません。

                奨学金の返済が難しくなり、そのまま延滞していると「奨学金破産」も待ち受けています。

                奨学金を返せない最大の理由は、「就職」に掛かっているといえます。

                就職が難しい

                そもそも、現代では卒業後の就職が難しいという社会情勢があります。

                文部科学省の調査「令和元年度学校基本調査(確定値)の公表について」(令和元年12月25日公表)によると、大学卒業者に占める就職者の割合は78.0%でしたが、就職者の中に占める「正規雇用」は75.3%にとどまりました。

                大卒フリーターも珍しくなく、また、特に女性については男性より給与の額が低い傾向にあり、返済がより一層厳しいという実情があります。

                非正規雇用者が増加している

                就職が難しいことから、やむなく非正規雇用にて就職するケースもあるでしょう。非正規雇用者の多くは賞与の支給が限られ給与も頭打ちとなるケースが一般的です。

                また、転職しようとした際に非正規雇用から社員(正規雇用)への転職が難しいというのも日本社会の実情として存在します。

                奨学金の返済は、新社会人にとって想像以上に厳しいのが現実となっています

                関連記事!
                クレジットカード払えない時はどうする?」
                奨学金破産に加え、クレジットカードのキャシング・カードローンの利用などクレジットカードが原因で債務整理をする方がいることも事実としてあります。給与が少なく生活費を賄うために借金をする方も珍しくありません。
                そんな時に支払いができなくなってしまったらどうすればいいか。について詳しく解説しておりますので是非ご覧下さい。

                子世代だけでなく親世代も収入減少

                親世代の収入減少も大きく影響しています。

                共働きをしていても、収入の先細り、給与・賞与の減額が一般的となり、中高年層での人員削減も行われています。

                子どものための教育費を用意したくても、塾や習い事・部活、その他、携帯電話料金の負担など、「子育て関連費用」は増大している世の中です。親世代も余裕がなくなっているという現実があります。

                親が自己破産をしても奨学金は利用できる?

                親が自己破産をしても奨学金は利用できる?

                もし親が自己破産してしまった場合、子どもは奨学金を利用できるのでしょうか。

                親の信用情報が影響するのではという心配があるかもしれませんが、奨学金は学生本人が借りるものであるため、親の信用情報を審査されることはなく、影響はありません

                ただし、親本人は自己破産のため約5年間、保証人・連帯保証人になることはできません。そのため、叔父・叔母、祖父母などほかの親戚に保証人を頼むケースが多くなります。

                親が保証人になれないケースでは「機関保証」がおすすめ

                親が保証人になることができない場合、「機関保証」の利用を検討しましょう。

                機関保証であれば、親が保証人になれないケースや、親族の収入面に不安がある場合でも奨学金に申し込むことができます。

                ただし、一度、機関保証として奨学金に申し込むと、その後、人的保証には変更できないという点に注意が必要です。

                 

                \\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

                60秒で借金減額診断!(無料)

                奨学金で破産しないために知っておくべきこと

                奨学金で破産しないために知っておくべきこと

                卒業後に正社員として仕事をしていくためには、学費を納付しながら卒業単位をそろえ、アルバイトをしながら生活し、就職活動も進めていく必要があります。

                どうしてもアルバイトに時間を取られがちですが、学業は就職のための最優先事項と考え、生活費のコントロールも人生勉強の一環として身につけていきましょう。

                そして奨学金の返済は放置していると金融事故として登録されてしまいます。

                奨学金で破産しないために、奨学金を利用する段階で知っておくべき項目をしっかり押さえておきましょう。

                「人的保証」ではなく「機関保証」を選択

                まず、奨学金の保証は「機関保証」を選択し、身内の負担を減らす選択をしましょう。

                機関保証では奨学金から保証料が先に引かれ、残りを受け取る方式となります。

                保証料の目安としては、第二種を毎月8万円借りた場合は月換算で5千円程度。つまり8万円から先に保証料5千円が引かれ、残りの7万5千円を学費に回すことになります。

                保証人の返済義務は「半額」だが要注意

                もし人的保証を選んだ場合、父親または母親が「連帯保証人」に、4親等以内の親族・1人が「保証人」となります。

                本人と同額を負う連帯保証人とは異なり、「保証人」の法律上の返済義務は「半額」となります。

                「親族の誰かに半額分だけ保証人になってもらおう」と考え、「人的保証」を選ぶケースもあるでしょう。

                しかし返済できなくなった際、半額であっても保証人にとっては大きな負担となります。身内同士で債務整理となり、共倒れになってしまう可能性もあるのです。

                人的保証にするか、機関保証にするか、借りる段階での判断が重要だといえます。

                 

                \\相談の前にまずは診断を利用しよう!//

                60秒で借金減額診断!(無料)

                まとめ:奨学金を返せない場合は、救済制度や法的手段を利用しよう!

                まとめ

                奨学金の返済がつらかったり難しかったりする場合、奨学金の救済制度もありますし、自己破産や任意整理・個人再生などの法的手段もあります。

                ただし個人ですべて解決しようとしても、適切な知識を持って判断を下すことは難しいこともあるでしょう。
                まずは日本学生支援機構の保証制度を検討してみて、それでも返済が難しい場合は弁護士に相談することをおすすめします。

                お金の問題に関しては時間の経過とともに影響が大きくなる傾向にあります。できるだけ早めに相談していきましょう。

                追い詰められている時は正確な判断が下しにくくなります。
                決して一人で抱え込まないようにしましょう。

                口コミ高評価!

                当サイト債務アレンジおすすめ「ライズ綜合法律事務所」はGoogleの口コミにて★4つと高評価で満足度が高い事務所様となっております。レビューの数も61と多く、「とても親切だった」という声が多数です。
                借金でお悩みの方は是非、「ライズ綜合法律事務所」にご相談下さい!

                おすすめの記事