2回目の自己破産は可能?必要な条件や注意点について解説!

「自己破産」という言葉を聞いた時に、どのような印象を持つでしょうか。

言葉だけを聞いて詳しく知らないままに「とても怖いもの」「良く分からないけどネガティブなイメージを持っている」などの印象を持つ方も多いのが現実と言えるでしょう。

しかし、「自己破産とは何か」を詳しく調べて勉強していくと、苦しい立場にいる方にとって大きな救済制度として機能する場合も多いのです。

今回は、簡単な自己破産についての解説から、2回目の自己破産は可能か」という観点に焦点を当てて、必要条件や注意点などをまとめて解説します。

この記事を読んでいただければ、2回目の自己破産を検討している方や、初めての自己破産を考えている方にとって必要な前提知識を頭に入れることが可能です。

ぜひ、最後までご覧下さい。

\専門家に相談しよう!/

そもそも自己破産とは?

そもそも自己破産とは?

自己破産は多額の借金の支払いを解決するために一番効果の大きな制度です。

結論から端的に話せば自己破産とは、「借金の支払い義務を免除される手続き」のことを指します。

実際に借り入れを行なっている借金の総額と、債務者の財産と収入を見た時に、明らかに返済不能であると裁判所に認められた場合に、支払い義務が免除される制度です。

自己破産を行うことで、法的には借金がなくなり、市民税などの支払いを免除できない債務を除いて、返済の義務がなくなる点が大きなメリットと言えるでしょう。また、生活の収支バランスを改善する上では、最も効果が大きい制度であるとも言えます。

その反面、ローンで購入している車・住宅などの財産が差し押さえられるなどのデメリットもあります。

より詳しい自己破産に関する情報は、弁護士への無料相談を活用して、自身の状況を踏まえた上でのメリット・デメリットを教えてもらうのがおすすめです。

\専門家に相談しよう!/

2回目の自己破産は可能?

2回目の自己破産は可能?

2回目の自己破産は可能ですが、条件は1回目より厳しくなります。

2回目の自己破産が可能であるかについては、結論から言えば「可能」です。

理由としては、自己破産に関連するルールを制定している「破産法」に、自己破産の回数制限は記載がない為です。

そして自己破産できる金額についても2回目の場合でも制限などはないというのが答えです。

自己破産は「借金の返済が出来なくなった場合の特別措置」という位置付けであることから、借金の金額よりも返済能力があるのかを判断されます。

例えば、借金が1000万円あったとしても、年収が2000万円あれば「返済できる能力がある」と判断される可能性があり、借金支払いの免責が降りない場合もあります。

そのほか、2回目の自己破産を行う上で必要な条件については、次の項目で解説します。

\専門家に相談しよう!/

2回目の自己破産に必要な条件

2回目の自己破産に必要な条件

2回目の自己破産が条件的にも厳しいからこそ、押さえておくべき条件があります。

自己破産の回数に制限がないとしても、1回目よりも2回目の自己破産の方が条件的にも厳しくなります。

具体的な2回目の自己破産に必要な条件は以下の通りです。

自己破産をする理由が1回目とは異なること

1回目に自己破産を行い、1からやり直す機会を得たにも関わらず、2回目の自己破産も1回目と同じ理由で債務を抱えた場合には、1回目の自己破産の時の失敗が生かされておらず、反省していないと見られてしまいます。

自己破産は返済が出来なくなった方に対する救済制度の位置付けもあることから、1回目と同じ理由で自己破産を行おうとした場合は、今後も自己破産を繰り返す可能性が高いと判断されるのです。

具体的に、パチンコや競馬などのギャンブルに依存してしまい、1回目と2回目の自己破産をギャンブルが理由で行おうとした場合などには、免責を受けられる可能性は非常に低くなることを覚えておきましょう。

1回目の自己破産から7年が経過していること

自己破産は、借金返済の苦しさが理由となり精神的に追い詰められるなどの問題を避けるために、あえて自己破産を行うための制限が厳しくされていない点が特徴です。

とはいえ、短期間のうちに何度も自己破産を認めてしまうと、たびたび債務が免除されることからお金を貸す債権者は大きな不利益を被ることとなります。

意図的に自己破産を行い、債務から逃れるような事例を避けることから、破産法では「前回の自己破産から7年が経過している」ことを条件に2回目の自己破産が可能であることを定めているのです。

\専門家に相談しよう!/

2回目の自己破産をする際の注意点

2回目の自己破産をする際の注意点

2回目の自己破産については1回目よりも多くの注意点を押さえる必要があります。

2回目の自己破産を行う上での条件について説明しましたが、プラスして2回目の自己破産を行う上で注意点もあります。必ず押さえておきたいこの注意点2つは以下の通りです。

裁量免責は期待できない

自己破産には、「免責不許可事由」と呼ばれる自己破産が認められない条件が定められています。

  • ギャンブル・賭博(パチンコ・競馬など)
  • 射幸行為(FX・株式・先物・仮想通貨などの取引)
  • 遊興費(収入に見合わないショッピング・旅行・飲食など)
  • 転売行為(クレジットカードの現金化)
  • 債権者に損害を与える借金
  • 虚偽・偽造(決算書・出納帳など)

1回目の自己破産の場合は、これらの条件に該当した場合でも、行為の悪質さなどを総合的に考えた上で、破産者の立ち直りを優先して「裁量免責」という形で免責を認める場合があるのです。

しかし、2回目の自己破産の場合には、この「裁量免責」が適用されないことで自己破産の免責が降りるハードルが高くなることを覚えておきましょう。

管財事件になる可能性が高い

1回目の自己破産であり、所有財産などが全くない場合は破産管財人が入ることのないまま同時廃止となる場合が一般的です。しかし、2回目については財産がない場合でも、なぜ2回目の自己破産を行うのかという理由を調べるために破産管財人を選定する可能性が高くなります。

ここで定義されている破産管財人とは、免責が妥当であるかを調査して裁判所に意見したり、破産者の財産を管理・処分する専門家です。

裁判所が必要と判断した場合は、破産管財人が選定されて、管財事件として扱われます。

管財事件となった場合には、同時廃止事件の場合と比較しても費用が高くなることから、依頼者にとっても金銭的な負担が増大するのです。

このような点も押さえた上で、2回目の自己破産を行うことが大切と言えるでしょう。

\専門家に相談しよう!/

2回目の自己破産が認められる場合

2回目の自己破産が認められる場合

2回目の自己破産が認められる為には、いくつかのポイントがあります。

2回目の自己破産は1回目よりも厳しい目で見られるからこそ、認められる為に知っておきたいポイントがあります。具体的には以下があります。

2回目の自己破産に深く反省している場合

前述した通り、2回目の自己破産が認められる為には、裁判所から「また繰り返し自己破産をするのではないか」という不安を解消しなければいけません。基本的には1回目と2回目の自己破産理由が同じであると、免責は厳しくなりますが、深く反省していることが伝わることが一番大切な要素です。

この「深く反省している」部分を客観的に、裁判所が判断する上での見える材料として提供することが実績のある専門家の仕事と言えるでしょう。

2回目に自己破産を行う理由がやむを得ない場合

具体例としては、1回目にギャンブルなどを理由に自己破産を行なった方が、再スタートを切る為に働き始めたものの、身体の不調から働けなくなり2度目の自己破産を行う場合などは、考慮される可能性もあります。

ただ2回目の自己破産である以上、条件が厳しいことには変わりないため、弁護士に相談を行いながら対応を検討することが大切です。

\専門家に相談しよう!/

2回目の自己破産が認められなかったらどうする?

2回目の自己破産が認められなかったらどうする?

2回目の自己破産が認められなかった場合は、いくつかの方法があります。

2回目の自己破産を認められなかった場合、複数の代替案が存在するのです。

この方法についても1つずつ解説を行なっていきます。

任意整理

「任意整理」とは、弁護士が債権者と交渉を行い、債務者の生活を崩さない程度の返済条件にしてもらう手続きのことです。自己破産のような「借金返済をなくす」制度ではなく、「借金を計画的に返済する」ための手段と捉えましょう。

個人再生

個人再生とは、裁判所に提出した再生計画が認可されると、原則として債務が5分の1に減額され、減額された債務を3年~5年の期間で支払う制度です。

自己破産の場合は、ローンを組んでいる住宅・車などを手放さないといけませんが、個人再生の場合は、住宅を手放さない手続きも可能であることからメリットも多い制度と言えるでしょう。

即時抗告

もしも、2回目の自己破産を行おうとして、免責不許可となった場合に、免責不許可の公示日から1週間以内であれば即時抗告が可能です。即時抗告は、裁判所が出した判決に不服である場合に、上級の高等裁判所に再判断を申し出る手続きを指します。

しかし、即時抗告を行なった場合でも、必ず免責許可になる訳ではないことは気を付けましょう。

\専門家に相談しよう!/

2回目の自己破産は専門家に依頼しよう!

2回目の自己破産は専門家に依頼しよう!

2回目の自己破産は手続きが複雑になることから、専門家に依頼することがおすすめです。

1回目と比較して2回目は、裁判所の判断もよりシビアになることから、専門家に依頼をすることは不可欠と言えるでしょう。2回目の自己破産が1回目よりも難しい理由を解説します。

手続きがより複雑に

1回目の自己破産手続きでは、免責不許可事由に該当した場合でも「裁量免責」となる場合が期待出来ましたが、2回目の場合はこの判断が厳しくなります。

個人で2回目の自己破産を行う場合は、この厳しい判断基準の中で免責を認めてもらうことを目的とするために、実績の多い専門家に依頼することが求められるでしょう。

実績のある専門家であれば、一見して免責不許可事由に見える行為も、過去の経験などを踏まえて具体的な方策を提示してくれることで、裁量免責を得られる可能性を少しでも引き上げられます。

そのほかにも、専門家に依頼する事で貸金業者からの取り立てを止めることができる上、膨大な書類記載を代行してくれることを踏まえても専門家への依頼は必須と言えるでしょう。

\専門家に相談しよう!/

自己破産におすすめの弁護士・司法書士

弁護士法人 ライズ綜合法律事務所

ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件を超える債務整理の解決実績!
  • 契約前であれば何度でも相談無料!来所・電話・メール3つの方法で相談可能!
  • 弁護士費用の分割払いに柔軟な対応!安心して債務整理の依頼ができます。

\口コミ高評価!/

ライズ綜合法律事務所はこんなところ!

債務整理を始め様々な問題の相談において顧客満足度が高く、口コミが高評価の事務所です。
代表の田中泰雄弁護士は20年以上債務整理を行ってきており、実績、経験共に豊富で安心して依頼が可能です。
また、横浜・大阪にも事務所を構えており、アクセスの良さもライズ綜合法律事務所の強みとなっています。

主な費用

相談料金 契約前の相談は無料
全国対応 出張相談会有り(感染症のため現在は休止)
過払い金報酬着手金:無料・成功報酬:回収金の22%~
任意整理解決報酬金:1社あたり22,000

ライズ綜合法律事務所について

本所所在地〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-1 ミナトビル 5階
対応業務債務整理、債権回収、離婚問題、交通事故...etc

\口コミ高評価!/

出典:https://risesogo.jp/

弁護士法人 大地総合法律事務所

大地総合法律事務所

大地総合法律事務所の特徴
  • ビデオ面談、電子契約を導入しており、コロナ禍に完全対応!
  • 迅速な対応・情熱的な交渉・チームワークを最重視!
  • 債務整理をはじめ、法務全般の業務に対応しており、安心して依頼が可能

\コロナ対策も万全!/

大地総合法律事務所はこんなところ!

消費者金融からの借り入れ、クレジットカード等による膨れ上がってしまった借金問題の債務整理を得意としている弁護士事務所です。今まで数多くの多重債務者を救ってきており、主な取扱いは【任意整理】が多数。
迅速且つ、依頼者様を第一に考えた情熱的な交渉がポイントです。

大地総合法律事務所について

〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
対応業務債務整理、詐欺被害、誹謗中傷、交通事故...etc

\コロナ対策も万全!/

出典:https://daichi-lawoffice.com/

司法書士法人 はたの法律事務所

はたの法律事務所の特徴
  • 満足度95.2%! 債務整理、過払い金請求において40年。20万件の相談実績!
  • 相談・着手金は完全無料! 全国どこでも出張料金無料!
  • 手持ちがなくても催促停止! 費用の分割払いもOK!
\相談受付・24時間年中無休!/

はたの法律事務所はこんなところ!

はたの法律事務所は40年間、借金問題についての悩みを解決している人気の司法書士事務所です。
長年に渡る経験からご相談者様が抱える悩みを熟知しており、安心して相談をすることができます。
更に、相談料は何度でも無料で、借金についての悩みを気軽に相談することが可能です。

主な費用

相談料金 ご相談は全て無料
全国出張料金 無料
過払い金報酬取り戻した過払い金額の20%   10万円以下の場合は12.8%
任意整理1社2万~+減額できた債務の金額の10%

はたの法律事務所について

所在地〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
\相談受付・24時間年中無休!/

出典:https://hikari-hatano.com/

司法書士法人 穂(旧:司法書士法人かなめ総合法務事務所)

司法書士法人 穂の特徴
  • 借金問題に特化した専門チームが、金融会社との交渉や書類の作成など、解決まで一貫してサポート!
  • 女性専用の借金相談窓口をご用意!24時間365日相談が可能!
  • ご契約までは何度でも無料相談が可能!メールでも電話でも相談ができる!
\任意整理が得意な事務所!/

司法書士法人 穂はこんなところ!

司法書士法人穂は債務整理の中でも、特に任意整理を得意とされている事務所で、家族にバレること無く借金問題を解決したい
という方におすすめの事務所となっております。
全国・24時間対応しており、メールやお電話でも相談することが可能です。また、匿名での相談も受け付けています。

主な費用

相談料金 ご相談は無料
完済過払請求相談料・着手金無料
1業者あたりの成功報酬 22,000円(税込)
任意整理1業者あたり 22,000円~(税込)
業者の主張する債務を減額した額の11%相当額(税込)

司法書士法人 穂について

所在地〒170-0013
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル6階
対応業務債務整理、不動産登記、商業登記・企業法務、相続
\任意整理が得意な事務所/

出典:https://honoka.or.jp/

赤瀬司法書士事務所

赤瀬司法書士事務所の特徴
  • 大阪府を中心に、全国を対象として業務を展開!
  • 法律のスペシャリストが豊富な専門知識で債務整理をサポート!
  • 事前予約で夜間や休日の対応も実施!

\丁寧な相談対応!

赤瀬司法書士事務所はこんなところ!

赤瀬司法書士事務所は、大阪府大阪市にある司法書士事務所で、大阪司法書士会所属の赤瀬丈晴氏が代表を務めている事務所です。赤瀬司法書士事務所では、無料且つ匿名で利用することが可能な借金減額診断を用意しており、気軽に自分の借金についてのシミュレーションが可能です!

主な費用

相談料金 無料
全国対応 可能
着手金債権者1社あたり27,500円~(税込)
過払い金返還報酬返還された過払い金額の22%~(税込)

赤瀬司法書士事務所について

所在地〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング416号室
対応業務借金問題・相続・成年後見など

\丁寧な相談対応!/

出典:https://akase-legal.com/

まとめ

まとめ

2回目の自己破産は、実績のある専門家に依頼することで上手くいく可能性が上がります。

ここまで、自己破産についての簡単な説明から、2回目の自己破産を行う上で押さえておきたいポイントを解説してきました。

2回目の自己破産は、1回目と比較しても免責が降りづらい厳しい戦いになります。

難しい状況であるからこそ、実績のある専門家に依頼することで、自身が望んだ結果を得る可能性が上がるのです。

まずは、弁護士事務所の「無料相談」サービスを利用して、自分にあった専門家を見つけることが2回目の自己破産を成功させる大切なポイントとなるでしょう。

この記事が、将来的に自己破産を検討している方の参考になれば幸いです。

口コミ高評価!

当サイト債務アレンジおすすめ「ライズ綜合法律事務所」はGoogleの口コミにて★4つと高評価で満足度が高い事務所様となっております。レビューの数も61と多く、「とても親切だった」という声が多数です。
借金でお悩みの方は是非、「ライズ綜合法律事務所」にご相談下さい!

おすすめの記事